ロンドン出張記

11月4日(土)
  朝、7時半、いつものようにタクシーを呼び、箱崎へ出発!
 3連休の2日間を出張につぶされるなんて、と思いつつも、お仕事・
 お仕事・・・ ポチは偉いなあ、と自画自賛しながら、箱崎へ。
  到着すると早速JALのチェックインカウンターへ。荷物を預け、
 身軽になって、次は2階でリムジンバスのチケットを購入、そして
 3階で出国手続きを済ませ、8時半、リムジンに乗り込んだ。

  成田には、9時40分頃到着。 まずは、5万円分ポンドを購入。
 レートは1ポンド169.34円。 小銭(硬貨)はくれないので、
 ちょっと寂しいね。次に、出国。ポチは箱崎で出国手続きを済ませて
 いるので、成田の出国手続きはパスでき、すいすいと出国。
  次に、JALのラウンジへ。 いつものように、お持ち帰り用に、
 つまみ、おにぎり、ウーロン茶缶を入手。ラウンジでは、つまみに
 生ビールを・・・朝からビール、美味しいねえ。

  さて、いよいよ搭乗。フライトは予定通り、11時半頃成田を離陸
 ロンドンまでは12時間半程度のフライト、時差は9時間、到着は
 ロンドン時間の15時頃の予定。
  席は、隣が空いており、ゆっくり座れた。これも、JGC会員向け
 のサービスだろうね。助かった。でもー、座席にビデオ装置が付いて
 いない!あー、映画を見る楽しみが・・・ 仕方なく大画面で上映
 された2本の映画のみしか見れなかった。
  @スモール・タイム・クルックス:コメディだから楽しかったけど
  まあ、人に推奨するような映画では無いねえ
  Aオーロラの彼方に:30年前と現在が無線で通じ、その中で事件
  を解決していく、SFアクション。 まあ、これもそこそこの作品
 残念ながら、今回の映画は不作だった。

  さて、あまり酔っぱらっては、ロンドンでのトラブル対応能力が
 心配なので、アルコールは控えめに・・・白ワインを3本ほど。

  ロンドンのヒースロー空港には、予定通り15時頃到着。英国入国
 手続きも、そう人は多くなくわりと短時間ですんだ。 その後荷物が
 でる前に、再び1万円分のポンドを購入。手数料が3ポンド取られ、
 レートも1ポンド169.61円と、日本より割高。でも硬貨が手に
 入ってよかった。 荷物も受け取り、15時半頃には空港のタクシー
 乗り場へ。 実にスムーズに入国できた。

  タクシー乗り場には一組、待っていたが、タクシーがいない。
 国際空港でタクシーがいないというのは珍しいねえ。
  でも、数分で、2台目も到着、例のずんぐりの黒色のタクシーに
 荷物と一緒に後部座席へ・・・ もうその時は日が落ちていた。
 空港からポチのホテル、Hilton London Hyde Park、までは約30分
 結構道は混んでたね。 ホテルに着いたときはもう薄暗い。

  ホテルはHyde Parkに面したホテルで、地下鉄のQueenswayという
 駅の近く。
  部屋の鍵をもらったけど、それで部屋が空かず、もう一度荷物を
 持ってフロントへ・・・大変だった。 結局、何度かがちゃがちゃ
 やれば開くことが判明、部屋に入れた。 でも、今度も開くという
 保証はないので、ちょっと心配だけど・・・
  部屋はこじんまりとした、でもまあそう問題となる狭さでは無い。
 しかし、しかし、何と、バスタブが無い! そう、シャワーだけ!
 ガックリ・・・ まあ、少し安かったからなあ・・・
 でも、安いといっても、1泊素泊まりで23,000円位、ロンドン
 のホテルは高いなあ。
  それに、日本のプロバイダがアクセスできない! ロンドンの
 アクセスポイント経由AOLに接続し、その上でネットスケープを
 立ち上げ、日本のプロバイダのメールサーバを利用するという方式
 での利用を試みるも、何度やっても繋がらない・・・あきらめて
 まずは市内を散策し、久しぶりのロンドンを肌で感じることに。
 ついでに、日本食のレストランで夕食とお酒を楽しもうと・・・

  まずは、賑やかな地域の一つOxford Circusへ地下鉄で行く
 ことに。 そこで地下鉄のチケットをどうするか・・・7日券、
 1日券、週末券(土日用)、1回券・・・で、思い切って7日券を
 お願いしたら、写真が必要と言う、そうか写真付きの身分を保障
 するものがいるのかなと判断し、パスポートを持っていなかったので
 断念。 結局、今日は1回券に。1.5ポンドだった。
  Oxford Circusに着くと、そこからRegent Street沿いに
 Piccadilly Ciucusへ・・・ Regent Streetは、もうクリスマス
 のイルミネーションが綺麗なのでは、と期待したが残念、未だ
 だった。
  そこからPiccadilly Street沿いに直行するNew Bond Street
 へ。そのコーナに伊勢丹を発見!ロンドンで最初の写真を・・・

 *伊勢丹だ!

  そこから、New Bond Street沿いに直行するOxford Streetへ
 向かった。そろそろ夕食を、ということで、途中、「いけだ」
 という日本食のレストランを探したけど見つからず、変わりに
 「嵯峨」を発見!

 *日本料理 嵯峨

  「嵯峨」では、ちょっと歩いてのどが渇いていたので、まずは
 ビール、でも飲み過ぎてお腹が一杯にならないよう生の小さい方。
 で、すぐに日本酒へ。春鹿(超辛)の100mlが4ポンドも!
 高い!まあ、フライトの中ではあまり寝ていないので、多分すぐ
 アルコールが回り、がくっとくる恐れがあるので控えめに・・・
  食べる方は思い切って、刺身の特別盛り合わせを、25ポンド!
 内容は、おすすめのきすのお作り、カツオのたたき、それに特に
 サーモンを要請。あのきすは美味しかったなあ、酢醤油で・・・
 でもあれ、ホントにきすなのかなあ? まあ、美味しかったから
 何でもいいけど。 カツオのたたきは今ひとつだったね。サーモン
 はとろっとして美味しかった。
  この刺身の盛り合わせが、船盛りで出てきてびっくりした。
 一人なのに・・・ しかも、持ってきた人もまさか一人の客が
 舟盛りを頼むとは思わなかったのか、ポチの隣の若い日本人留学生
 のテーブルへ・・・ 留学生の男女も間違えられてびっくり。
 まあ、ポチのところに戻ってきて、冷酒を飲みながらロンドンの
 刺身を満喫。
  それに、生ガキを注文、8ピースで8.5ポンド。これも一人
 にしては量が多かった。美味しかったけど。
  次に、イワシの塩焼き、小さいイワシ2匹、ちょっと期待はずれ
 値段は6ポンドくらい。
  最後は、かけそばを。とろろ昆布が入ってて、5ポンドだった。
 全部で58ポンド、結構、高かったなあ、という感じ。
  隣の席は、男女の日本人留学生、そうそう、あの刺身の舟盛りを
 危うく食べられるところだった、あの二人が、今度はサントリーで
 ラーメンが食べたいと女性が言ったら、男性はじゃあ今度ってかわ
 していた・・・うーん、サントリー、高級と聞いていたけど、この
 ような若い人も行けるところらしい、行ってみようと思ったね。
  さて、いい気分でふらふらと地下鉄でホテルへ・・・
 で、ホテルに着いて、入り口の写真を・・・

 *深夜のHILTON入り口

  さあ、部屋に戻り、またインターネット接続にトライ・・・
 しかし、インターネットがちっとも繋がらない、困った困った。
  AOLも日本のフリーサーブも会社も・・・
 ロンドンのアクセスポイントが悪いのか、日本のfreeserveは
 ホストが切断してしまう、しかも日本のAOLはモデムがキャリア
 信号を検出できないというエラーだし、一体何が悪いんだ?
  結局、眠くなってダウン・・・

次は 11月5日(日)