ハワイ旅行記 12月22日(金) リムジンツアー

  さて、13時半ごろ、タクシーで羽田へ。羽田発15時半の伊丹行きフライト
 へ乗るために。 そう、羽田ー>伊丹ー>関西国際空港ー>ホノルルのルートの
 フライトしか取れなかったんだ。予約した後、伊丹と関西国際空港がめちゃ遠い
 ということを知り、ガックリ。 バスで約80分・・・ まあ、でもそのバスも
 楽しみの一つと考えようと気を取り直して、出かけたんだ。
  羽田には14時過ぎに到着、早速JALのカウンターへ。 ところが、そこで
 伊丹に行く必要はありますか、と聞かれ、とんでもない、というと、羽田ー>
 関空を調べてくれて、14時40分発関空行きのフライトに変更してくれた。
 ラッキー! おかげで、15時半頃には関空到着。関空は初めてなのでちょっと
 お散歩・・・
関空のクリスマスツリー
関空は吹き抜けで広く感じるねえ
  ショッピング街も、別の棟にあったようだけど、長旅がひかえているので
 すぐに出国。 で、ここで思わぬ出費が・・・空港使用料が一人2650円!
 成田はもう要らなくなったのに・・・ まあ仕方がない。
  で、その後すぐにJALラウンジへ。 16時頃ラウンジへ到着。
 で、ホノルル便は21時発、あー、ここに5時間と思うとどっと疲れが・・・
 でもバス移動が無くなったと考えれば、楽になったんだから、と思うことに。
 それにしても、長いなあ。
  でも、落ち着くと急にお腹がすいて・・・ ちょっと早い夕食を・・・
 出国後には簡単なスナック類のお店が3軒、ちゃんと座って食べられるお店が
 1軒あり、その座って食べられるお店で、ポチはカツカレーを。
  それから、JALのラウンジへ。まずは、いろいろお土産をいただいて、
 それから、生ビールをいただいて、そのラウンジにあるマッサージ器を1時間
 ばかり使ったけど、それでも暇を持て余した・・・
  で、いよいよ搭乗。 定刻通りフライトは離陸。 ハワイに着くのは朝の
 8時50分、1日が長いので、フライトでは休養しておかないと大変なので
 飲み物は強い日本酒をもらい、食事を取ったらすぐ寝る作戦・・・
 ビールはラウンジで飲んだので、もういらないという気分でもあったけど。
  それにしても、フライトに乗ってすぐの夕食はきつかった。カツカレーが
 効いてて、苦しかった。でも何とか完食!別に意地で食べたわけでは無いが。
  座席には個人ビデオ装置は付いて無く、共同の大型画面での映画のみだった
 けど、それもあまり面白い作品ではなかったので見なかった。 ひたすら休養
 に努めたね、ハワイに着いた後、すぐに観光にまわれるように。
  座席は、後ろの方で、ポチの周りは、スチュワーデスさんの団体が乗ってて
 ラッキーだった。なぜラッキーかって? そりゃあごっついオッサンがぞろぞ
 ろよりは、ずっと楽しいんだもん。
  お酒は、都合2本(2合)飲んで、うつらうつらしながら、ハワイへ・・・
  フライトはほぼ定刻通り、ホノルル到着。 出国手続きは、そんなに列も
 長くなく、短時間で終わった。 旅行者の少ない時期なのかな。
  次に、荷物を取りに・・・ ところが、ターンテーブルの前で待ってても
 なかなか出てこない。 荷物は次から次に回ってくるのにポチの荷物が出て
 こない。もしやと思って、ターンテーブルからおろされた荷物の山、すごい数
 だったけど、その中を探してやっと見つけた! 荷物をターンテーブルから
 下ろされたらせっかくのシステムが無駄だよねえ。 まあ、ターンテーブルが
 一杯になって、新しい荷物が載せられないから、1周回ったら降ろすんだろう
 けど、降ろされたら探すのが結構大変。他の空港でも探し回ったことがある。
 自衛策、何か考えないと・・・
  さて、荷物をとって、すぐタクシー乗り場へ。 ちゃんと整理員がいて、
 行き先を告げ、タクシーに乗り込んだ。 ホテル、ヒルトン・ハワイアン・
 ビレッジまでは、30分弱、タクシー代は、チップ込みで35ドル。
  このホテル、2年前に泊まったことがあるので、見慣れた光景に一安心。
 ポチは、ヒルトンの会員なので、専用のカウンターでチェックインできた。
 おまけに会員だけのお土産も。カレンダーと、記念品の引換券だったかな。
ホテルへの入り口
ホテルのタクシー乗り場は
ブーゲンビリヤが一杯
クリスマスムード一杯のホテル
チェックインカウンター

  部屋はレインボータワーの6階のオーシャンビュー(予約時指定)の部屋。
 まあ、豪華ではないけど、旅行の拠点には十分な部屋。 ワイキキの浜辺に
 面しており、眺めはいいし、波の音がよく聞こえてリゾートムード一杯で
 素晴らしい。
ポチ達の部屋
レインボータワーを浜辺から
少し離れた所から更に2枚
ホテルのプールサイドの庭園
  ホテルで一服し、本日の予定を協議。 本日は、疲れていることもあり、
 リムジンを使って、オアフ島の主要なところを4時間程度でさっと回る、
 その中でじっくり行きたいところは、明日以降再度訪れる、ということに。
  で、日本語が使える案内所に行って、リムジンを頼むことに。
 確かに日本語がある程度わかる人がいて、リムジンを要請。すると、電話帳
 から調べ始めたのでびっくり。だって、日本人のお客様も多いはずだし、
 リムジンで回る人も多いはず、当然実績のある安全なリムジンの会社のリスト
 があると思ってたのに。でも、電話帳から、日本語がわかるドライバーを
 派遣できるリムジンの会社に電話してくれて、1時半から4時間のツアーを
 予約してくれた。料金は1時間あたり$40、まあ相場だろうね。

  さて、実に正確にリムジンが到着。 で、びっくり、7人乗りの大型の
 リムジン! そろそろ時間だけど、まだかなとホテルのタクシー乗り場で
 待っていると、大型の銀色のリムジンが入ってきて、まさかこれじゃない
 だろうと思って、続く車を見ていると、そのリムジンのドライバーが出てきて
 「**さん、いますか」って大声で・・・ おお、ポチの車だったんだ!
 ちょっと恥ずかしい気持ちでリムジンに乗り込んで出発。
リムジン車内には、こんな設備も
  ドライバーには、景色の良いところを見たいんだ、という希望だけを伝え
 コースはおまかせ。片言ではあるけど、日本語はちゃんと分かるししゃべって
 くれるので一安心。それにしても、車内が広い!
  いよいよ、リムジンツアーのスタート! まずは、カラカウア通りを走り
 ながら市内を紹介していただき、ダイヤモンドヘッドの駐車場へ向かった。
 ここは火山のクレータの中にあり外輪山をトンネルを通り進入。
 ダイヤモンドヘッドに登るのは次回の楽しみに残したけど、入場料が$2
 だったので、とりあえず入ってお手洗いのみ使用。次に、故石原裕次郎の家、
 そしてその近くのソニーの元会長の故森田氏の家へ。もちろん、中に入れる
 わけではなく、外からの紹介のみ。
  次にハナウマ湾へ。ここの綺麗な海 素晴らしかったなあ。
  そうそう、この綺麗な海、空、
 これがハワイなんだ!

  次に潮吹き穴へ。潮を吹いているの わかるかなあ。
  なかなかうまくシャッターが切れず 苦労したよ。

  そこから、ココ・ヘッド・サンデイ
 ・ビーチパークが見えた。
  綺麗だったよ。 
  次にカメ島とウサギ島が見える
 ところへ。
  手前がカメ島、後ろがウサギ島、
 わかるかなあ。
  そこからマカブウ・ビーチパークも
 見えたよ。
  ここも綺麗だったなあ。
  次に横綱の曙のお母さんが経営して
 いるというお店へ・・・
  お店には入らなかったけど、
 写真を1枚・・・
  次にヌウアヌ・パリ展望台へ。
 実に風が強かった。

  次に、「この木、何の木」の
 木のところへ。 ん? わかる?

 
  次に、イオラニパレスへ。
 中には入らなかったけど・・・
 ちょっと面白い景色だったので・・・
  そこには大きな菩提樹の木があった
 分かれているようだけど、全体で1本
 の木だって。

  さて、これで今日のツアーは終わりで、ホテルへ戻った。
 いやあ、リムジンの中では、うつらうつらしてたねえ。 やっぱり、
 疲れてるんだなあ。

  ホテルで一服し、さあ夕食へ。 もちろん和食!
 で、初日は遠くに出かけず、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジの敷地内
 にある、ポチが前回来たときにロブスターの活き作りを食べたレストランへ
 行ったところ、閉店していた。 どうやら別の店に変わるらしい。
  で、次に、前回来たときに、カリフォルニアの地酒を飲んだことで印象に
 残ってる浪花屋へ行こうということに。 そこで、浪花屋が入っている
 ロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンターまでタクシーで行った。
  クリスマスのイルミネーション、
 綺麗だったよ
  その3階にある浪花屋を発見!
  料理は、コナ・クラブが季節のおすすめだったので、まずはそれを。
 それに刺身の盛り合わせ、冷や奴、サーモンのカマ、ニラ餃子などを。
 そして最後にお寿司を。日本酒は、残念ながら、カリフォルニアの地酒は無く
 日本の地酒に。
  いやあ、このコナ・クラブ、ホント
 に美味しかった。ゆでてあってポン酢
 で食べるもの。値段は$70と高価で
 はあったが、身がぷりぷりで実に美味
 しかった。
  このコナ・クラブ、蟹とエビの
 あいの子らしい。
  さて、お腹も一杯になって、お酒もまわってきて、いい気分で、浪花屋から
 歩いてワイキキの浜辺へ行き、その浜辺沿いにある散歩道を通り、ホテルへ
 向かった。 なかなかいいムードだったねえ。
  ホテルの敷地に入ると、浜辺のオープンバー Tropic's Surf Club が
 あって、ミュージシャンが心地よい演奏をしていたので、ちょっと座って、
 水割りを2杯飲みながら、音楽と、浜辺の空気と、波の音を楽しんだ。
 いい気分だった。
  この後、ホテルの部屋に戻り、本日のツアーは全て終了。
 

次は 12月23日(土)