コペンハーゲン出張記 4月24日(火)市内視察(後半)

  さて、ホテルで一服したあと、もう一度市内視察へ。
 まずはチボリ公園に入ってみようと・・・ でも、オープンしたばかりで
 お店は未だ準備中だし、お客さんはほとんどいないし、ちょっと寂しかった。
 こういうところは、混雑していて、それなりの雰囲気がでるのかもね。
 
カラフルな建物と、  
チボリの面白い人文字
   
  
チボリ公園内から見た
ポチの泊まってるホテル

  チボリ公園を出て、市庁舎前広場へ。早朝とは違い、ずいぶん賑やかになって
 いた。
 
市庁舎と反対側の建物
  
市庁舎の建物      
イメージ伝わるかなあ?
 
  
ルアー笛吹き像     
(市庁舎横のベスターボル通り)
  
ベスターボル通りの街並み
左手奥が市庁舎

  で、国立博物館の手前の道を左に曲がって、クリスチャンボー宮殿へ。
 
クリスチャンボー宮殿の外壁  
  
宮殿内の建物前の像
  
宮殿内の宮廷馬場  

  クリスチャンボー宮殿を出て、フレデリクスホルム運河沿いに歩き、
 さらに突き当りからスーハウネン運河沿いにぐるっと歩いて、昼食を予定している
 寿司バーを探しに・・・
 
フレデリクスホルム運河の風景
  
王立図書館と
その前にあるとぼけたライオン像
 

  見つけたぞ、寿司バー! 賑やかな通りに面し、中央の入り口を入ると
 なんと、両側はお魚屋さん! 外人がお魚をさばいているのははじめてみた。
 すらっとした若者が静かにさばいている、何だかちょっと違うなあ、日本と。
  で、その奥に、カウンターとテーブル席のSushi Barがあった。経営は全体で
 一緒のようで、お勘定はその魚屋で払った。Sushi Barの方は日本人が担当して
 いた。12カンのセットがお得だよ、というお勧めに従い、それを食べた。
 何か特別なものをあとで注文しようと思ったけど、いやあ、ボリュームもあり
 もうお腹いっぱいに。それにしても、サーモンは、とろっとして、ホントに
 美味しかったよ。
  値段は、12カンで115クローネと、パンフレットには書いてあったけど
 140クローネだった。そう高いわけではないので、まあ仕方が無い・・・
 
Sushi Bar
  
  さて、寿司バーを出て、ストロイエを横切り、キュブマーゲーゼ通りを
 通って、円塔タワーへ。この通りは、人通りも多くにぎやかだった。
 ストロイエも賑やかになってたね。早朝の雰囲気とはまったく違ったね。
 
円塔タワー   

  この円塔タワー、登れるんだ! ということで早速・・・入場料、15クローネ
 は安いと思った、けど、中にはエレベータが無い! 自分の足で、円塔の中の
 くるくる回る坂道をひたすら歩かないといけない・・・もういいかげん足が
 がたがたなのに、この登りはホントに疲れた。
  円塔タワーの上には展望台があり、しばし景色を楽しんだ。
 
1枚目の遠くにポチのホテルが見えた
2枚目、拡大したけどピントが・・・
3枚目は別の角度の風景
  

  次にローゼンボー宮殿を見に行く予定だったけど、もう疲れが限界に。
 で、近くにあった、スーパーマーケットNETTOへ入って、なにか面白いものを
 物色、魚の缶詰、乾いたおつまみなどを購入した。チーズは持ちそうも無いので
 帰り際に購入することに。
  買い物、缶詰中心で、ひゃー、重い! とてもじゃないけど、歩いちゃ帰れ
 無いと思い、タクシースタンドを捜したけど見つからず、エストーの駅が近くに
 あったので、ノアポート駅からコペンハーゲン中央駅までエストーを利用した。
 
エストーの車内
(誰もいない車両で)

  荷物をホテルに置いて、3度目の出陣に・・・
 今度は、郊外のフレデリクスボー城を目指して。
  まずは、中央駅から、エストーのE路線の終点、ヒレロズ駅まで。
 いやあ、中央駅で切符を買うのには苦労した。あまりに広くて切符を販売する所が
 見つからず・・・仕方なくホームに出て、そこの駅員に確認、するとホーム上の
 自販機で買え、ということだったので、探してじっくり見ていると、うーん、
 何とかヒレロズ駅がわかって、料金も45.5クローネだとわかり、コインを入れて
 購入できた。中央駅からヒレロズ駅までは約40分の旅だった。
 
エストーのヒレロズ駅  

  そこから、タクシーでフレデリクスボー城まで行った。もう、足はくたくた
 だったので。距離は1.47Kmで、料金は51クローネだった。
 
フレデリクスボー城の入り口
フレデリクスボー城との間は
湖の中の細い道だけ
(防御目的か?)
  
フレデリクスボー城とその中庭  
フレデリクスボー城の別の出入り口
  
少し離れたところからパチリ  
  
フレデリクスボー城の裏側には
広大な庭園が・・・
庭園側からフレデリクスボー城を  

  さて、正面の入り口から、フレデリクスボー城を出て、湖のそばの道を
 ぐるっと回ったところで・・・
 
湖上に浮かぶお城、綺麗だねえ   
  
右手に広場が見えるかな?
周りは飲食店やお土産のお店
 
湖を取り巻く建物
高級住宅街なのか別荘なのか?
先ほどの広場から、お城を眺めると  
  
広場・・・観光シーズンは車と人で
混雑するとこなんだろうなあ

  広場から、今度は商店街を通って、フレデリクスボー城の入り口へ戻った。
 
商店街

  で、お城の入り口のところにいたタクシーをつかまえて、またヒレロズ駅へ。
 そこからエストーでコペンハーゲンへ戻った。ホテルに着いたのは、18時過ぎ
 だったかな。 いやあ、ホントに疲れた。
  さて、次は夕食。JALシティガイドマップの日本料理のお店の筆頭に載っている
 銀座へ行こうと、疲れた足を激励しながら、また町へ・・・でも、無い!何度も
 確認したけど無い! まあ、これまでも時々つぶれている店もあったから、そうかな
 と思い次の店、レストラン東京へ・・・これはあった! お酒が飲める・・・
 
レストラン東京

  早速、ビールを注文、銘柄はデンマークのビールの一つカールスバーグ。
 小瓶で20クローネだから、まあ日本と変わらないか。いやあ、美味しかった。
 1日、良く歩き回ったからねえ。喉はカラカラだった。
  で、刺身の盛り合わせ(120クローネ)と、酢の物と、何だったかなあ?
 思い出せない。刺身の中のサーモンはやっぱり特に美味しかった。
  日本酒は普通のものしかないということで、冷で飲もうと注文すると、
 お店のオウナーの方が出てきて、私個人用のお酒ですが、久保田の千寿、飲みます?
 但し、一杯だけですよ、と声をかけてくれて、もちろん喜んでお願いした。
 やっぱり久保田は美味しい。また、デンマークの地酒を飲みたいと相談すると
 アクアビットがあるということだったので、それをトライ。これはアルコール度が
 45度もある濃いお酒で、スナップス(snaps、火酒)と呼ばれているらしい。
 冷凍庫でぎんぎんに冷やし、小さなグラスで一気に飲み干し、胃の中でビールで割る
 というのがデンマーク式の飲み方とのこと。
  うーん、さすがに寒い国、強烈なお酒を飲むんだね。かなりきつかったけど、
 そんなに癖は無く、お土産として持ち帰ることに決定。
  ここのオウナー、いろいろ話しをしてくれた。コペンハーゲンに住んでいる日本人
 は、現在300人ぐらいで、ずいぶん少なくなった。原因は二つあり、一つは、JALが
 直行便をやめたこと、事務所を閉鎖したこと、もう一つは不況で日本企業の派遣員が
 みんな日本に戻ってしまったこと、らしい。
  で、いい気分になって、ホテルへご帰還・・・おやすみなさい。

続き(4月25日)へ