シンガポール旅行記 
   8月10日(金) セントーサ島観光

  朝食はホテルの自室で、ホテルのサービスの果物と、一昨日のパンを
 暖かいコーヒーとともに食べた。 シンガポールの高層街や、マーリーナ・ベイ
 を眺めながら。いやあ、今日はいい天気だ!

  さて、今日はセントーサ島という、観光の島へ行こうと言うことに。
 資料とカメラ、電源、メディアをショルダーバッグに入れ、いざ出発。
  まずは、歩いて、MRTの駅まで。
 
  ホテルの近くの通りから
    高層街を望む
  MRTのシティ・ホール駅の表示
 
  シティ・ホールからティオン・バルーという駅までMRTにて。
 そこから、タクシーでフェリー乗り場へ。
  このフェリー乗り場は、インドネシアやマレーシアに行く国際線と
 シンガポール内の島に行く国内線があった。セントーサ島はシンガポール領
 なので国内線の待合室の方へ移動し、さて切符はと探していたら、
 船がすぐ出るらしく、みんな乗るように言われた。 切符はどこで、って
 聞いたつもりなんだけど、とりあえず乗るようにのような雰囲気だったので
 乗り込んだ。
 
  セントーサ島へのフェリー
 
  船の中で、切符の精算でもしなきゃいけないかなって思っていたけど
 それも無し。 で、5分程度で到着しちゃった。
 
  セントーサ島の船着場
    何だかディズニーランド
    に来た様な雰囲気だった
 
 
  長い通路、わかるかな? そこに、乗客は列を作り、フェリー代と
 セントーサ島の入場券を買ってたんだ。 結局、フェリー代は、降りてから
 払うんだった。フェリーは往復でS$2.3、片道、というのは無いみたい。
 あったのかなあ? セントーサ島入場料がS$6だったよ。
  待ってる間、ちょっと時間がかかりそうだったので、何枚か写真を・・・
 
  セントーサ島には
    ケーブルカーでも行けるんだ
 
  セントーサ島には
    車でも行けるんだ
 
 
  手続きを終わると
    大きな建物が・・・
    これがフェリーターミナルかあ
 
  さて、まずはセントーサ島のマーライオンを見に行こう、ということで。
 
  何だコリャ?
  ファウンテンガーデン
    遠くにマーライオンが
  ミュージカルファウンテン
    夜はここでカラフルな
    ファウンテンショーが・・・
 
  やっと、セントーサ島のマーライオンに到着。 大きいなあ。
 目が緑色に点滅していた。
 
  セントーサ島のマーライオン
 
  このマーライオンの中には入れるようなので、入ってみた。
 入場料は、S$3だった。
 エレベータで9階へ・・・ そこで降りたら、左右に通路が・・・ どっちかなって
 迷ってると、エレベータの前のベンチにいたペアの男性が、右が頭の上、
 左が口の中って教えてくれた。日本人だったんだ。
  で、まずは頭の上の一番高いところへ。
 
  歩いてきた道が良く見えた
    奥にフェリーターミナル
    続いてファウンテンガーデン
    で、客席が見えるのが
      ミュージカルファウンテン
  シンガポール島との間の
   ケーブルカー・・・
   見えるかな?
  ちょっと読めないかな?
   フェリーターミナル等の
   説明があるけど・・・
  その反対側の景色
    中央の道が
      マーライオン・ウオーク
    海岸線はビーチなんだ
  小島と海岸線と緑・・・
    なかなか綺麗な景色だ
 
  頭の上から、またエレベータのところに戻って、今度はマーライオンの
 口の方へ。
 
  マーライオンの口の中から・・・
    鋭い牙が・・・
  マーライオンの口から
    身を乗り出して撮影
  緑の多いセントーサ島
    モノレールの線路が・・・
    遠くにケーブルカーも見える
  セントーサ・リゾート
    泊まれるように
       なっているのかな?
 
  マーライオンを降りて、今度はモノレールに乗って、ラン庭園へ行こう
 ということで駅を探して歩いていると、突然、モノレールに遭遇・・・
 ま、ここでは乗れないけど。
 
  木の間を縫うように
    モノレールが走っていた
  花も綺麗だったなあ
  お花畑越えに
    マーライオンの後姿を
  イメージ・オブ・シンガポール
    中には入らなかったけど・・・
  カラフルな花が咲いていたので
    綺麗だなあ・・・
 
  その向かい側に
    ケーブルカーの駅が
  ケーブルカーの駅の前には
    お出迎えの竜が?
 
  セントーサ島内の
    フリーバスの乗り場
    バスは結局乗らなかったけど
  で、ケーブルカーの駅の奥に
    モノレールの駅を発見
  モノレールの駅の横を
    ケーブルカーが通っていた
  モノレールの駅は
    座って列を作り待つんだ
    そうそう、モノレールも
    フリーなんだ
  モノレールが入ってきたぞ・・・
 
  このモノレールに乗って、車でのセントーサ島の出入り口辺りの駅へ。
 で、駅のすぐ傍のSeafood Sentosaというレストランがあったけど、
 開いてなかった・・・ ちょっと心配になったけど、気落ちせずラン庭園を
 探しに・・・
 
  木立の間をモノレールが・・・
 
  ラン庭園、駅前には矢印あったんだけど、途中でその指示も無く
 迷って、結局、案内所の人に聞いてしまった。
 
  探している途中に、シンガポール
  への橋の出入り口を見つけた
 
  方向は間違っていなかったけど、何だか工事中のような建物を
 突っ切ればよかったんだ。 その建物、確かに、一部は改装中だけど
 お店はたくさんやってて、ここがSentosa Food Centerだった。
 あ、これで、お昼にもありつける・・・
  でもまずは、ラン庭園へ。
 
  見つけた見つけた!
    ラン庭園の入り口
    無料だった
  はすの花が綺麗に咲いてた
  季節はずれだったかな?
    花は少なかった
    でも、所々に綺麗なランが
  庭園の中には大きな池も・・・
  真っ白の花
    何だろう・・・
  花は少なめだけど
    手入れされている庭園だね
  この花は、ARANDA
    という名前らしい
 
  歌壇ごとに、
    白い花、カラフルな花が・・・
 
  何だろう、これは・・・
  これも、何だろう?
  古びた池の中には小さな魚が
    はすのつぼみの上の
    赤とんぼ、わかるかなあ?
 
 
  ラン庭園を出て、さあ、お昼だ! Sentosa Food Centerだ!
 ここは、いわゆるホーカーズで、小さなお店が円形の建て屋の周りに
 ずらっとならび、その前に座席がたくさんあって、中央に、飲み物や
 デザートの店が何軒かある、という構造。
  ポチは、全体をざっと回って、美味しそうなものがあるお店の前に
 席を確保し、注文。 エビのチリトマトソースあえみたいな物と、ラーメン
 みたいなスープヌードルを。これがまた結構美味しかったよ。
 あ、もちろんビールは欠かさず。タイガービールの大瓶2本を中央の飲み物
 のお店で買ってきて飲んだ。結構量があったねえ。で、ちょっと食事の量が
 物足りなかったので、またビールのつまみに、ということで、エビの料理を
 注文した隣のお店で、3本のちくわみたいなさつま揚げみたいなものを
 買って来て食べた。甘辛いたれがついてて美味しかった。
  で、最後にデザートを・・・あれ、思い出せない・・・美味しかったことだけは
 覚えているけど・・・
 
  エビのチリトマトソースあえ
    を買ったお店
  ちくわみたいなもの
    を買ったお店
 
  次に、アンダーウオーターワールドに向かった。またモノレールに乗って。
 
  途中に、ちょっと変わった花が  
 
  入り口でチケット購入。一人S$17だった。結構高いなあ。
 
  アンダーウオーターワールド
     の入り口
  カラフルな魚が沢山いた
  不思議な魚も
     いろいろいたよ
 
  こんな感じで
    頭の上を魚が泳いでる
 
  で、少々疲れたので、アンダーウオーターワールドを出たあと、
 そこにあるレストランで、冷たいものを飲んで一服。 そして、ホントは
 海岸線へでて、砂浜や綺麗な海を見たかったんだけど、もう疲れていたので
 海岸線はモノレールから見るだけにしよう、ということになり、モノレールで
 ケーブルカーの乗り場まで。
 
  シロソ海岸の端かな?  
  ケーブルカーから、
    橋やフェリーターミナルを
 
 
  ケーブルカーで、シンガポール島側の駅、ケーブルカータワーへ・・・
 料金は一人S$17だった。
  そこから行きと同じルートで、タクシーでMRTのティオン・バルー駅へ、
 そこからMRTでシティ・ホールまで。
  シティホールからは、地下街を通って、Suntech Cityまで。 途中の
 セブンイレブンで、夜中に飲むビールやソフトドリンク、それに地元のおつまみ
 をお土産用に購入し、コンラッドホテルへ戻った。
  で、一休みして、夕方になって、今度は夕食に・・・
 今日は、オーチャード通りに面するザ・プロムナードというショッピングセンター
 内にあるくらまという日本食レストランへ。
 
  途中にマクドナルドが・・・
  くらま
 
  まずはビール、ということで、アサヒビールを。それから、ここは少し高い
 ようだったので、刺身のミニ盛り合わせを。S$40だった。刺身は美味し
 かった。で、冷酒も1合S$22からS$25くらいで、ずいぶん高かったので
 どうしようか迷っていたら、4合瓶もあるということなので、そのメニューを
 見せてもらった。大体S$100前後のものが多かったけど、純米酒の
 国士無双がS$73と割安だし、美味しいお酒だとわかってるお酒だった
 ので、国士無双の4合瓶を取った。つまみは刺身のほか、あん肝、
 ふぐ皮のキムチ、冷奴、野菜の天ぷら、牛すじ煮込みを・・・ 味はみんな
 美味しかった。
  でも、疲れもあったのか、結構酔っぱらったね。
 タクシーですぐにホテルへ戻った。
  で、それでもホテルに着いたら、コンシェルジュのところで、明日予定して
 いるマレーシアへ行くためのマレー鉄道のシンガポール駅発の時刻を教え
 てもらった。コンシェルジュは、バスの方が便利とアドバイスしてくれたけど
 ポチはどうしてもマレー鉄道に乗りたくて、列車の時間を教えてもらった。
  その後すぐに、部屋に戻ってお休み・・・
 
続き(8月11日)へ