南紀白浜出張記
 

  久しぶりの国内出張です。 しかも、温泉・・・ ラッキー!

  南紀白浜の情報は次のサイトにあります。
   白浜観光協会 http://www.nanki-shirahama.com/
 

1月28日(月)

  朝7時過ぎにタクシーで出発。羽田まで約40分かかったかな。
 フライトは予定通り、9時前には離陸。機種はMD−87,120名
 から130名程度が定員のジェット機だった。日本エアシステム(JAS)
 のフライトは初めてだったので少し緊張したけど全く問題なかったね。
 あ、JASとしては初めてだけど、その前の東亜国内航空時代にはよく
 深夜便に乗ったなあ。なんて言ったかなあ、ムーンライトだったかなあ、
 確か大阪まで4900円、福岡まで9800円だったと記憶してるけど。
 YS11というプロペラ機だったなあ。そうそう、来年の秋にはJASと
 JALは合併するようだね。

  さて、南紀白浜空港までは約1時間のフライト、着いたら荷物を受けとリ
 早速タクシーで予約していたチサンホテル白浜へ。ホテルのチェックインの
 時間前だったけど手続きを済ませ、荷物を預けて、お土産買い物の下見と
 昼食を兼ねて、とれとれ市場へ。
  ここは、新鮮な海のものがたくさん有ったし、地元の特産品も沢山あって
 お土産はここで買って問題ないね。で、次に昼食・・・とれとれ市場の中に
 セルフサービスの大きな食堂があって、そこに新鮮なお刺身が・・・
 ということで、1500円のうにのお皿、サーモン、はまちの美味しそうな
 刺身のお皿も取って、豪華に3000円の昼食を! いやあ、美味しかった。
 満足満足・・・
  ここで、いい時間にもなったので、会議場へタクシーで向かった。
 ちょっと遠かったけど、でも、開始時間前には着いた。
 ね、ちゃんと、仕事してるでしょ!
  半日の会議を終え、会議の場所からまたタクシーで戻ってきたのが
 19時ごろだった。
  早速、ビール、冷酒を飲みながら、夕食を。いや、まさか夕食がついて
 いるとは思わなかった・・・でも、付いているとなると何とか食べたい
 と思うもの。今回の出張の夜の食事はホテルとなり、健全なものに
 なってしまった。

  夕食は、お刺身、その他の料理・・・メインはしゃぶしゃぶだった。
 料理の品数も多く、しゃぶしゃぶの牛肉も多く、お腹一杯になった・・・
 とてもそのあと、どこか居酒屋に行こうなんて思えなかったねえ。
  そうそう、このホテルの夕食は、自分で作るのが基本だった。
 しゃぶしゃぶも、材料がど〜んと大きなお皿に載ってて、個人用の七輪に
 お鍋が載っている。自分で作って食べなきゃいけなかった。まいった!
 だって、しゃぶしゃぶ、自分で作ったこと無かったし・・・焦ったね。
 でも、適当に作って何とか食べれたよ。何とかなるものだね。

  部屋はツインで結構広かった。今はシーズンオフだから、一人でも
 泊まらせてくれるんだろうけど、シーズン中は無理なんだろうけど。
  そうそう、それにインターネット予約は、2食付きで1泊11000円
 しかも火曜日夜からの3日間は特割期間で1泊8900円と格安だったよ。
 ま、浜辺からは少し離れてたけどね。でもこれで、朝夕の2食付とは・・・

  で、本日は荷物を整理して、ホテルで近くの観光地の資料を集め
 明日の午前中の空き時間を利用した観光のある程度作戦を練って、
 ご就寝・・・
 

1月29日(火)〜31日(金)
  朝、早く起きてまず、温泉に・・・ ほとんど人が居なく、のんびり入れたよ。
 露天風呂にも入ったし・・・  で、部屋に戻って、それからすぐに朝食へ。
  朝食も、おかずがいろいろあって。しかも、量も多い・・・
 しかも家庭科の実習つきで・・・ また、七輪が出てきて、網が載っていて
 それで干物を自分で焼いて食べるんだ。まあ、それはそれで楽しいと
 思う人もいるだろうし、暖かいものを食べられるのもいいことだし、
 ホテルにとっては手がかからず、いいんだろうね。でも、干物、いつ食べて
 いいのか迷った・・・焼けたらランプがつくとかして欲しい・・・
  ゆっくり朝食をとって部屋でのんびり今日の午前中の観光の作戦を
 再度検討・・・ あ、その前に、起きてポチの部屋から見えた明け方の
 写真を。
 
 チサンホテル白浜の
     ポチの部屋から・・・
 (窓ガラス越しだし
  逆光だったから
  良くないけど・・・)

 左端に塔の様な物がある建物が
 川久という高級ホテルかな?

 とぐろをまいているのは
 スライディングプールだね。



 川久ホテルの右の方・・・
  チサンホテルの正面のあたり

  さて、南紀白浜ははじめて。まずは地元のプロに案内してもらおうと
 タクシー会社に電話をして、2時間ほど付き合ってもらうことに・・・
  9時ごろに、ホテルを出発。 綺麗な海、景色を見たい、写真を
 撮りたいという希望を伝え、後はお任せ。
  海岸線を走りながら、ポイントポイントで車を止めてくれたので
 写真を撮った。 しかし、風は強く、冷たく・・・ こんなに風が
 強く、寒いのは、白浜では珍しいって、運転手さん、震え上がって
 いたよ。
  ポチも、写真を撮るとき、吹き飛ばされないよう、注意しながら
 撮ったし、撮り終わったら急いで車に乗り込んだ・・・
 
 江津良海水浴場  
   
 
  次に、グラスボート乗り場に行って、それに乗って海を楽しもうと
 思ったら、海が荒れてて、海女さんが海に入れず、海女さんのショウ
 は今日はありません、と言われたので、今日は断念した。最後の日に
 また観光の時間があるので、その日を期待して・・・
 
 観光名所の円月島  
 三所神社のある半島かな
  その海岸線に沿って
  遊歩道があるのは
  最終日に発見!
 遠くに湯崎の街並み・・・
   白浜海中展望塔も見える
 少し離れたところから
   円月島
 
 白良浜
  風で砂が飛ばないように
  網が・・・効果のほどは?
 
 白良浜越えに
   湯崎の街並みが見えた
 
 白浜海中展望塔
  シーモアというホテルの
  横にあった
 
 展望塔から
   ホテル側を見ると・・・
 

 ホテルの駐車場から
   白浜海中展望塔を見ると


 
  白浜海中展望塔の中に入ると、階段があって、海の底へ・・・
 そして、底には窓がたくさんあって、魚が泳いでいるのを見られるんだ。
 魚の大群、しかも結構大きな魚、いろんな種類の魚が泳いでいた。
 面白い! それに、熱帯魚みたいな、綺麗な色の小さな魚も泳いでいた。
  風が強く、海も荒れていて、濁っていたみたいで、遠くまでは
 見えなかったけど、お魚がたくさん泳いでいて面白かった。大きな波が
 来ると、魚の群れ全体も波に揺られて踊ってるみたいだった。
  それに、荒れた海を、海面のしたから見たのは初めてで、
 海面を大きな波が通り過ぎたり、塔に打ち付けるところを海面の下から
 見ることができ、迫力があって面白かったよ。
  海底の写真はとれず残念だったけど。
  で、展望塔の上に出ると、ものすごい風が吹いていた。
 吹き飛ばされないように、海の写真を撮った。
 
 白浜海中展望塔側から
   海岸線を撮って見た
   青い海、白い波しぶき
   綺麗だった
  

  またタクシーに乗って、次は千畳敷へ・・・ ここは、白浜では
 一番風が強いところ。 まあ、半端じゃなかったね。 しかも寒くて。
 
 千畳敷風に飛ばされて
  海に落ちないよう注意した
  海水浴には
   ちと水が冷たそうで・・・
   
 
  次は、三段壁へ・・・ 見晴台、怖いぐらい高いところだった。
 股の下がすーすーして、端の方には近寄れなかったよ。
  でも、海は綺麗だった!
  対岸にも、人がいた。 どうやら、あそこに行けるらしい・・・
 
 見下ろすのが怖い・・・   
 
  反対側も、同じように深い断崖絶壁だった。
 
    
 
  対岸から、先ほど写真を撮ったところを・・・ 左上に見えるよね、
 見晴台みたいなものが・・・
  こちらは、絶壁に向かって何も柵が無く、怖かったなあ・・・
 何だか近づくと吸い込まれそうで・・・ 風が強く、突風にあおられたら・・・
 ポチはホントに怖く、近寄れなかった。 みんな勇気があるなあ・・・
  あ、ここは自殺者も多いらしく、思いとどまらせるような、看板が何枚か
 置いてあった。 うーん、この絶壁から飛び込めば、生きて戻ることは
 無いんだろうねえ。 ポチは未だ死にたくない・・・
 
 自殺の名所から、
    見晴台の方を・・・
 
  ここには、三段壁洞窟があって、エレベータで降りて洞窟に入って見た・・・
 
 洞窟の中から
    綺麗な海が見えた
  
 洞窟内の遊歩道・・・
   熊野水軍の
      番所小屋もあった
  
 
  そこから次に車で、南紀白浜空港へ。 空港の近くの高台は、
 南紀白浜全体が眺められる、ということで・・・
  いやあ、しかし、ここも風が強く、寒かった!
 
 白良浜とその周辺の街並み  
 中央の川久ホテルが
  そして、その右側には
     古賀の井ベイホテル 
 ズームで、
   川久ホテル
   古賀の井ホテル
 
 南紀白浜空港  
 
  次に、白浜金閣寺へ・・・
 
 受付を入ってすぐ右側に
  長い階段の上に五重塔が
  その階段は通行禁止だった
 これが白浜金閣寺
 極楽殿
   長い階段・・・
   極楽浄土へは長い道のり?
 
 敷地内の池の近くに
   梅が咲いていたので・・・
 
 
  これで、2時間のツアーは終わりにして、タクシーの運転手さんが
 推薦してくれた、とれとれ市場の前にあるいただき亭へ。
  ここで、南紀白浜特産のくえのお造りをとったけど、1000円で
 ボリュームもあり、美味しかった。それに、金目の煮付け、これも
 じっくり煮込まれていて、しかもとっても甘く、美味しかった。
 リッチな昼食をとって、ここから、またタクシーで、会議場へ。
  で、午後は真面目にお仕事、しちゃいました。
 会議が終わると、ホテルへ戻って夕食。そして、また、朝は
 ホテルで朝食を取り温泉に入っておでかけ、という毎日でした。
  それにしても、朝から沢山の料理で、お腹いっぱいに・・・
 夕食は、3種のお魚の切り身が3切れずつ用意され、お野菜も
 たっぷりのお鍋、次の日はたっぷりお肉が用意されたすき焼き・・・
 そうです!みんな、自分で作らなければならなかったのです!
 ポチは作ったことが無かったのに・・・ お鍋、どれから入れて
 いいのか・・・ ま、投げ込んでおけば何とかなったけど・・・
 すき焼き、うーん、これが困った・・・お肉を先にいためて、
 と思って先に入れたけど、焦げ始めたので、慌てて割り下を・・・
 ちゃんと、マニュアルをつけて欲しかったなあ! ま、でも、
 最後まで全部食べたけどね。
 
  あ、これがポチが泊まったチサンホテル白浜です。
 
 チサンホテル白浜
 
  2日目だったかな、いつもはタクシー出勤だけど、暖かかったので
 歩いていってみたよ。30分くらいかかって、ちょっと遠かったけど
 でも気持ちよかった。
  古賀の井ベイホテルへ行く前に、古賀の井ホテルの前を通って
 行ってみた。近道はあったみたいだけど・・・
 
 古賀の井ホテルの入り口と
   横に広がる田辺湾
 
 ずっと、浜辺を歩いてみた
   綺麗だねえ、海は
 
 ヨットも沢山泊まっていた
  多分夏は賑わうんだろうね
 
  古賀の井ベイホテルの庭から、海の方を眺めてみた。
 いい景色だったよ。
 
 古賀の井ベイホテルからの
  いい眺め・・・
 
 

2月1日(金)

  さて、で、いよいよ最終日・・・
 午前中は仕事で、お昼から観光! ホテルは朝、チェックアウトし
 荷物は預かってもらって、仕事へ。
  仕事が終わると、早速とれとれ市場に行って、お土産の買出しを。
 まずは、地酒、1升瓶を3本と、4合瓶を3種6本、選んで宅急便
 での配達の手配を済ませ、次に干物・生物類を物色・・・
  あんこう、一匹丸ごと、5000円から8000円くらいで、
 面白いかなあとも思ったけど、断念。 生物は、鯨の刺身用だけで
 あとは、干物類をいろいろ買って、それも宅急便による配達を手配
 して、お土産は終わり。
  次に、とれとれ市場でまた昼食を取ろうと食堂へ。また、初日に
 食べたうにを期待したんだけど無かった、残念。で、ひらめ1匹、
 丸ごとのお刺身があったので、それをおかずにお昼を・・・
 ひらめ丸ごとの刺身が1500円だから安いねえ。 残った骨の所
 もって帰りたくなったけど、我慢・・・
  食事が終わった時刻が14時ごろ。帰りのフライトは19時半
 結構観光の時間があるね。
  で、まずは前回乗れなかったグラスボートに乗ろうと、タクシーで
 乗り場へ。 うん、今日は風も強くなく、通常の営業だった。
  但し、やっぱり季節外れなのか、約80人が定員だったかな、
 かなり大きな船にお客さんはたったの6人だった。
  船のそこがガラス張りで、海底が見えるんだ。 で、まずは海女の
 ショー・・・ でも、がっかり、ちょっと太目の海女さん一人が、
 海の中をあちこち泳いでいるのを見るだけ。うーん、何が面白いん
 だろうか・・・お客さんが少ないから、手を抜いているんだろうか?
 子供は喜ぶのかなあ・・・
  次に、魚が沢山いるところに船が移動して、ガラス張りのそこから
 いろんな魚が泳いでいるのが見えた。これは面白いかったね。
 白浜海中展望塔とは違った海底の表情、お魚の群れやその動きを
 見ることができたよ。
 
 グラスボートは
   円月島の近くで停泊
 
 右上の建物が乗船場
   グラスボートから撮影
 
  グラスボートを降りてから、少し戻って臨海浦のほうへ歩いて
 行ってみると、すぐに綺麗な海が・・・ 感激した! で、時間があるから
 海岸線を散策してみようという気になったよ。
 
 臨海浦の浜  
 浜辺の水の綺麗なこと!
  光の関係で違った色に・・・
 
 臨海浦は砂浜から
   真ん中に岩場が・・・
 
 岩場を抜けると
   また白浜に・・・
 
 ここの浜辺へ打ち寄せる波も
   綺麗だった
 
 岩場の向こうに船が・・・
 
  たっぷり綺麗な浜辺、岩場を堪能して、また元のグラスボート乗り場
 に歩いて戻った。そう、ここだけで約40分くらいの散策だったかな。
 
 グラスボート乗り場を
   少し過ぎたところから
 
 
  そこから、道に沿って歩いて行くと、遊歩道があったので、それに
 沿って歩いてみた。
 
 遊歩道から
   円月島を望む
 
 遊歩道、夏の夕方は
   涼しいんだろうね
   日影の道だった
 
  遊歩道を抜けてしばらく歩くと、白良浜へ出た。
 
 遠くに白良浜とホテル群  
 確かに砂は白かったなあ
   だから白浜なんだね
 
 湯崎のホテル群
 白良浜の海も
   綺麗だったなあ
 
 白良浜のはずれから
   浜とホテル群を望む
 
  そこからずっと歩いて、千畳へ向かった。
 結構距離があったね。 途中、湯崎を通り、白浜海中展望塔を通り、
 千畳へ。
 
 千畳にあるお土産店
 2度目の千畳  
 
  さて、もう2時間近く歩いて、かなり疲れてきて、しかも、夕方
 5時近くとなり、ここで散策は終わりにしようかと思ったけど、
 最後の三段壁まで、何とか行こうと決意し・・・
  いやあ、三段壁が見えてきたときはホッとしたよ。
 
 2度目の三段壁  
 
  で、これで観光は終わり! お疲れ様!
 もう、歩けない・・・ 早速タクシーを呼んで、まずはチサンホテルへ
 戻って荷物を受け取り、次にタクシーの運転手さんの薦めで2日目に
 昼食をとったいただき亭へ。 そう、ここで南紀白浜の最後の夕食と
 お酒を飲もうという魂胆です。 5時過ぎに、いただき亭に到着!
  まずは、とにかくビールを! 喉が渇いてたから、美味しかった!
 次に、奈良の地酒「稲の国の稲のお酒」を。ちょっと、甘口かな?
 料理は、思い切ってくえ鍋を取ってみた。いやあ、くえの量が多かった
 なあ。野菜も多く、ホントは雑炊も、とも思ってたけど、無理だった。
 それに、鯨の刺身(これは今ひとつだった)とあん肝をつまみに
 もらった。
  いやあ、お腹いっぱいになった・・・
  で、6時を過ぎたので、タクシーを呼んで、南紀白浜空港へ。
 空港では少し時間が有ったので、コーヒーでもゆっくり飲んで・・・
  フライトは定刻どおり発って、ほぼ予定通り羽田へ。着いたらすぐ
 タクシーで自宅へ。家に着いたのが夜の9時半ぐらいだったかな。
 結構疲れていたね。 まあ、ずいぶん歩いたからねえ。
 ん? 遊びすぎ? まあまあ・・・
  はい、ここまで読んでいただいた方も、お疲れさん!
 

ポチのトップページへ