北海道旅行記
   6月2日(月) 函館
 
 さあ、今日から北海道・・・
 朝9時ごろタクシーを呼んで羽田へ向かった。
平日の朝で、車は多めだったけど、そう大きな渋滞は無かった。
10時前には羽田について、早速近畿ツーリストの窓口へ。
そこで、二人分のバッジと航空券をもらった。使用航空会社は
全日空だった。函館に着いたらすぐ観光で昼食の時間は無い
ということだったので、サンドイッチを1個だけ買って搭乗。
 函館空港に着いたのは12時40分。そこで、添乗員さんが
待ってて、みんなを集め、挨拶と概略の説明を。それから、
バスガイドさんに連れられバスへ。この添乗員さん、ガイドさん、
運転手さんに4日間お世話になることに。しかし、ツアー参加者の
平均年齢は高かったなあ。ポチよりも10歳以上、上のような人が
多かったよ。うーん、若い女性がほとんどいなく、ちょっと残念・・・
ま、でも、気を取り直して、この北海道ツアー、楽しむぞ!
 
 函館空港
   国内線の建物は
   工事中だったので・・・
 ポチ達のバス
   これで4日間、周るんだ
 
 さて、バスに乗り込むと、早速、最初の訪問先、トラピスチヌ修道院
へ向かった。そう時間がかからず、到着したよ。
 バスから降りて、トラピスチヌ修道院へ向かう途中の道路のわきに
綺麗なライラックが咲いていた・・・
 
 道路わきのライラック
 
 向かう途中の道から、トラピスチヌ修道院が見えてきた・・・
あ、ピンクの花は桜、まだ残っていたよ、北海道には。
 
 緑に囲まれた
   トラピスチヌ修道院
 
 トラピスチヌ修道院の入り口  
 
 入るとすぐ、二つの像が立っていた。
 
 「聖ミカエル像」
 「聖母マリア像」
 
 うわ〜、綺麗なお庭
 聖母マリアと
   祈りをささげる少女の像
  (小さいけど見えるかな?)
  
 庭の高台から
   振り返ってみると・・・
 
  
 トラピスチヌ修道院の建物   
 
 修道院の裏口のところに、綺麗な釣鐘状の木が・・・
いちいの木、ということだった。
 
 釣鐘状のいちいの木  
 
 出る前にもう一度お庭を・・・
   綺麗だねえ
 あ、桜がまだ結構残ってる
 
 観光案内板
  小さくて見えないだろうなあ
 
 あ、ツアーのバスが待っていた駐車場に、きれいな花が・・・
これがナナカマドかあ。ナナカマド、秋に高山帯を彩る木で、
かまどで7回燃やしてもまだ燃え残る材の堅さから「七竈」と
命名されたらしい。
 
 ナナカマド   
 
 さて、次は・・・ 五稜郭へ。 着いたら、自由行動だったので、
ポチは早速五稜郭タワーへ登った。
 
 タワーの上から
   五稜郭を望む
   つつじが綺麗だった

 
 
 五稜郭へ入る橋のところ  
 
 五稜郭の前の広場の
   白いつつじ
 
 五稜郭と反対側の街の風景  
 
 五稜郭タワーを降りて、早速五稜郭へ歩いて行った。
 
 五稜郭の前の広場のつつじ
  近くで見ると
  眩しいほどの白だったよ
 
 つつじの前には
  五稜郭について説明が
 
 五稜郭に向かう橋
  その脇に石碑があった
 
  
 五稜郭に渡る橋
 
 五稜郭から
  五稜郭タワーを望む
  
 
 五稜郭のふちには
  つつじの花が咲いていた
 
 いろんな色のつつじの花
  ピークは過ぎていたけど
  綺麗だったよ
  
 
 五稜郭に入ったところに
  藤の花のトンネルが・・・
 
 藤は今がちょうどいい時期  
  
 いやあ、綺麗だった  
  
 藤の花びら、見えるかな?  
 可憐な草花も咲いてた
 
 さて、次は港が見る元町公園など、元町散策へ・・・
 
 まずは元町公園
  階段の上に綺麗な洋館が
 
 この綺麗な建物は
  旧函館区公会堂だった
 
 
 この赤レンガの建物は
  旧函館支庁書籍庫だって
 (旧北海道庁函館支庁庁舎
  の写真、撮るの、忘れてた)
 
 元町公園の近くから
  海を望む
 散策の途中に
  ハリストス正教会を発見
 
 
 もう一つ
  カトリック元町教会も
 
 
 さて、次は波止場通りの赤レンガ倉庫へ・・・
 
 あ、バスの駐車場へ行く道路に
  白いライラックが・・・
 
 
 紫色のライラックも
  咲いていた
 
 港の近くの駐車場に到着、早速、赤レンガの建物へ。
 
 元倉庫の建物かな
  脇に入り口があった
  この建物の中は沢山の人が
  集まれる場所になっていた
 
 
 その建物、2階に上がると、入り口と反対側に出口があり、
運河の上の橋を渡って隣の建物へ渡ることができた。
 
 橋の上から・・・
  運河の両側に倉庫
  左側の倉庫から右側へ移動
 
 
 その建物を突き抜けると
  今度は道路へ
  この道路の両側にも倉庫
 
  
 ベイエリア地区の
  観光案内図
 
 
 波止場通りから
  倉庫街を望む
  BAYと書いてある建物が
  最初に入った建物
 
 
 函館港  
 
 さて、港、倉庫街を離れて、バスガイドさんが到着前に教えてくれた
有名なお茶屋さんへ。
 ここで、お抹茶をいただいた。茶菓子を2種類選べた。
お抹茶は、和服を着たお店の人が、ホントにお抹茶を点ててくれたよ。
雰囲気のある、落ち着いたお茶屋さんだった。ま、一人1000円で
それなりの値段ではあったけど。
 
 お茶屋さん
 
 お茶屋さんの前の通りに
  綺麗な花が・・・
 
 それから、バスがとまっている駐車場の近くの海鮮物を売っている
海鮮市場へ。
 ここで、乾き物、半乾き物をずいぶん買ったよ。結構安いものも
あったからね。
 
 海鮮市場の中庭  
 
 さあ、これで函館観光は終わって、湯の川温泉のホテルへ・・・
万惣というホテルだった。ちょっと奥まったところにあった。
 
 ホテル万惣
 
 ホテルに着いたのは、もう17時を過ぎていて、夕食が18時から
だったから、急いでお風呂へ。もちろん、温泉!露天風呂もあった。
いやあ、気持ちよかった。
 で、夕食・・・ツアーメンバ、一堂に会しての会食だった。
ホタテのグラタン、ウニの入ったお鍋、それから海産物珍味・・・
この珍味が美味しく、ついつい日本酒がすすんだねえ。
 食後、部屋に戻って一服。その後、函館山夜景観光へ。
奥さんは疲れたのでパス、ということでポチだけ参加。出発は19時。
 函館山の頂上の駐車場は狭く、途中で結構、うーん、15分位かな、
バスの中で待たされたけど、でも今日は少ない方だって。いつもは、
ずいぶん待たされるらしい。
 いやあ、夜景はホントに綺麗だったよ。さすが、世界の三大夜景の
一つだね。
 
 函館山
  夜景はぶれてるけど・・・
 
 
 ホテルへ戻ってきたのは、21時ころだった。
いやあ、なんだか長い一日だった。デジカメでとった写真をパソコンに
移し、明日の準備をして、早々に寝たよ。疲れてたねえ。
 

続き(6月3日)へ