ワシントン出張記
   9月24日(水) 午後は郊外の暗号博物館

 今朝はちょっと早めに起きて、荷物の整理を・・・もう明日は
帰るんだからねえ
 午前中は会議に出て、会議が午前中で終わった。
で、日本人参加者3人と、National Security Agency暗号博物館
行こうということになり、ポチも参加することに。

 会議が終わって、各自お昼を取った後、集合することに。
ポチは一旦、ホテルに戻り、服装を遊び着・移動着に替え、ホテルの
前のMATSUTAKEで昼食をとったよ。ミソラーメンを食べた。美味しかった
なあ。あ、でも、ミソラーメンにちゃんと付け出しが出た。変だけど、
ま、いいか。えーっと、あれ、ミソラーメン、いくらだったかなあ?

  みんな集合したら、タクシーで暗号博物館へ向かった。かなりの郊外で、
車でしかいけないところ。しかも、あまり行く人はいない様で、運転手
さんも、日本人が持ってきた地図を食い入るように見ながら運転してた。
 ところが、本来入るべき横道が道路工事のため、曲がれなくなっていて
そこから放浪の旅が・・・なかなか近づけない・・・運転手さんも
困ってたね。で、近くの駐車場に、若い人が車から降りてきたのをみて
その人に質問をしてた。よし、これで大丈夫かなと思ったら、また、
放浪の旅・・・で、別の駐車場で、車から降りてきた人にもう一度
聞いてた。でも、工事等で行けないんだとかいろいろ運転手が言ってたら
その人が、わかった、付いてきてって言ってくれて、彼が彼の車で先導
してくれたよ。でも、方向さえ教えてくれたら、すぐ帰られるのだろう
と思ってたら、とことん付き合ってくれて・・・ホントに暗号博物館の
近くまで先導してくれた。かなりくねくね曲がった道だったので、
これじゃあ、中途半端に教えてもらっても、また放浪の旅、だったかな
と思うようなところだった。いやあ、親切な人だねえ、往復1時間近く、
ポチ達のために付き合ってくれたことになる。感謝感謝でした。
それにしても、わかりにくいところ・・・さすが、暗号博物館!

 ということで、暗号博物館に到着。タクシーの運転手さんには、
1時間半くらいで終わるから待ってくれるようにお願いした。
 
 暗号博物館の入り口  
 
 店内は年代順に、いろいろな暗号装置が展示されていた。
好きな人はきっと興奮するんだろうなと思いながら、ポチも興味深く
みてまわった。
 第2次対戦中、ドイツ軍のEnigma暗号がイギリス軍に解読され、
それが敗戦の一因とされている、そのEnigma暗号装置がいろいろ
展示されていたよ。
 
 Enigma暗号装置
 
 
 あ、ここにはお土産店もあった。で、ポチは、NSAと明記されている
Tシャツと帽子を買ったよ。ここでしか買えない物だからね。
 それから、タクシーでまたワシントンに戻り、夕食を一緒に食べる
ことに。で、そのお店はポチが提案した、ダンシングクラブという
お店になった。そこは、ワシントン名物のハードシェルクラブが楽しめ、
しかし注文は1ダース単位だから、一人じゃ行けないところ、だから、
是非行こうとすすめたんだ。
 でも、ちょっと時間が早いので、Mallの近くでタクシーを降り、
1時間ほど自由行動に。
 ポチは、もう一度、National Galleryへ行くことに。というのも、
2日前に行った時に買ってきたNational Galleryの絵の説明書に
フェルメールの絵があると書いてあったのに、見ていなかったので・・・
 National Galleryに着いたら、見る時間は25分ぐらいしかなかった。
17時に閉館だって。で、急いで探した。ところが、フェルメールの
絵が展示されている部屋が工事中で、そこの壁に、この部屋の絵は
別の部屋に展示と書いてあったので、そこに行ったけど、見つからない。
右往左往しながら探したけど、どうしても見つからない。警備の人に
聞いたけど、わからなかった・・・結局、見ることはできず、残念。
見たかった絵は、Girl with the Red Hatだったんだけど。
 National Galleryを出た後も30分ほど時間があったので、
Independence通りに面するEnid A.Haupt Gardenという、植物園に行った。
 
 Independence通りの
   入り口の前の花壇
 
 奥の方に見えるのは
   芸術産業館?
   左手はCastleの一部
 
   
 見慣れない花が咲いてた
   名前はさっぱり・・・
  
  
  
 さて、そろそろ時間かな、というころになったので、集合場所の
スミソニアンのメトロの駅へ。みなさん、程なく集まって、メトロに
乗って、ダンシングクラブへ向かった。
 Tenleytownというメトロの駅からWisconsin Ave.を北に歩いて5分、
という観光案内書を頼りに、探したら、あったあった。未だ、早い時間
なので、お客さんはいなかったなあ。
 ポチ達は、道路に面するベランダの席に座り、早速、ビールを。
ワシントンの地ビールを頼んだ。まあ、味はボストンの地ビールと同じ
ようなものだったね。
 生牡蠣を頼んで、それから名物のハードシェルクラブを1ダース
頼んだよ。いやあ、このカニ、結構大きく、ホントに硬く、木槌で
叩き割って食べたよ。なかなか豪快で楽しかった。味は、スパイシーで
身も多く美味しかったよ。いやあ、スパイシーでビールがすすんだ。
このほか1〜2品、頼んだけど、なんだったかな。でも、今日はカニ
が全てだった。よくビールを飲んだよ。1人ピッチャー一杯飲んだから
1.5l〜2.0lずつ飲んだことになる。お腹がパンパンになった。
 帰りはすっかり日も落ちてた。いい気分になってまたメトロで
ホテルへ戻った。
 ホテルでは、荷物を整理して・・・次の日は朝早くの出発だからね。
で、シャワーを浴びて、寝たよ。
 
続き(9月25日)へ