九州旅行(?)記
   10月31日(土) 午後、福岡へ
 
 今朝はホテルの朝食バイキングを食べた。そして、荷物を
整理してチェックアウト。荷物を預けて、会議場へ向かった。
 で、会議は、14時ごろ終わり、すぐにホテルに戻って、
荷物をもってJR小倉駅へ。そう待つことなく、快速電車に乗れて、
香椎へ向かった。小倉から香椎へのJRの旅、何年ぶりかなあ・・・
 車窓からは、秋をしみじみと感じる風景が流れていた・・・
と、線路の脇の土手のところに、雑草が生えてるんだけど、
その中に、黄色というか、黄土色の綺麗な草花がところどころに
まとまって咲いていた・・・素朴な形、素朴な色で、写真を撮り
たかったけど、列車上から無理だった。そういう場所が、
香椎への途中に何箇所もあって、その花がずっと気になって
仕方が無かったんだけど、花の名前がわからず・・・
でも、後でわかったんだ、その花の名前・・・
セイタカアワダチソウだった。
 そうそう、稲刈りも終わった畑ばかりの景色だったけど、
2〜3箇所、畑一杯、コスモスが咲いているところがあって、
綺麗だったよ。カラフルなお花が畑一杯に咲いていた・・・
 それから、遠賀川を列車が渡る時、広い河川敷には、
ススキが一杯・・・あー、秋だなあって、しみじみと・・・
 ススキを見てると、団子と、丸いお月様が頭に浮かんできて、
風流な気分になって・・・ 「名月や・・・」と、一句詠いたく
なった・・・
でも、浮かんできた句が、「名月や ポチもそろそろ 名月か」
なんじゃこりゃ! 
 溜息をついて、季節の秋、人生の秋をしみじみと感じつつ、
香椎までの残る列車の旅を楽しみました・・・
 香椎に着いたら、早速、おふくろの家に行った。ところが、
おふくろは家に居ず、鍵がかかってて中に入れず・・・
携帯に電話しても出ない・・・そこで、妹が知ってるだろうと
妹の携帯に電話したら、福岡の町から香椎へ戻る途中の
タクシーの中、渋滞で30分から40分かかるということ、
仕方が無いから、玄関のところで立って待ってたよ。
ま、子供のころから立たされることには慣れてるからね。
 で、おふくろが戻ってきて、部屋で一服。
それから、友人と飲みに行くことに・・・新しく開店した
いいお店がある、ということで。
 そのお店は、JR鹿児島本線の天拝山という駅前にあった。
ちょっと遠いかなと思ったけど、香椎から1時間くらいで、
しかもお店は駅のすぐ近くで、博多の飲み屋街のお店に行くのと
時間的にはほとんど変らなかった。
 お店の名前は、「四季の彩り」。お店の中は、4〜5人用の
テーブル席が3つで、それに一人でもくつろげるような
カウンター席が6人分あった。少人数のグループでも
一人でも楽しめる、落ち着けるお店だったね。
 あ、肝心の料理だけど、お刺身が美味しかったなあ。それに、
日本酒、あれ、銘柄はなっだかなあ・・・記憶に無い・・・
ずいぶん飲んだからなあ そうそう、このお店の特徴は、
大皿に4〜5品、料理が盛られていて、それを見てお好みのものを
注文できるんだ いいよね、現物も見られるしすぐ出てくるし・・・
その中で、アジの南蛮漬けは絶品だったね。
 えーっと、記憶に残ってるのは、料理そのものも、美味しいけど、
盛り付けにも四季の彩りが感じられて・・・紅葉していた木の葉を
うまく使っていたなあ。
 お店は、ご夫婦と若い人、あ、いや、ご夫婦も若い人、だけど、
そう3人でやられていたね。
 そうそう、例の草花、小倉から香椎までの列車の車窓から見えた、
気になる花が、このお店のお手洗いに飾られていた・・・あっ、と
思ったね。で、お店のママに、花の名前を聞いて、セイタカアワダチソウ
ということだった。悩みが一つ解決して、よかったよかった。
 
       四季の彩り
 
 
 何倍飲んだかなあ、多分、ポチはビールのほかに、日本酒を4合飲んだと
思う・・・かなり酔っ払って、お店を出て、また鹿児島本線で帰ったよ。
友達とは博多で別れ・・・香椎からおふくろの家まで、近いんだけど、
酔っ払ってると、歩く距離が長いのか、結構遠く感じた・・・
 おふくろの家にたどり着いたら、もう布団は敷いてくれていて、お茶を
一杯いただいて、布団へ入った・・・
 
続き(11月1日)へ