香港旅行記
   12月25日(土) 実家へ、それから東京へ
 
 今朝はゆっくり起きて、荷物をまとめた。
今日は、ポチのおふくろの家に2人で行く予定なんだ。
重い旅行の荷物はホテルで預かってもらう予定で、
ホテルのフロントに行き、チェックアウトした。料金は1泊15000円
だった。日本の方が宿泊費は高いね。
 あ、荷物は、空港まで無料で送り届けるサービスがある、という
ことだったので、お願いした。これで、帰りにホテルに寄る必要は無く
空港に直行できることになった。
 ホテルを出て、JR博多駅まで歩いていって、香椎までJRで行った。
朝食は取らなかった。いやあ、ずっと食べすぎ飲みすぎだったからね。
おふくろの家には11時前に着いた。そうしたら、12時ごろに、昨日食べた
イカの活き作り、いや、ずっと大きいものだったけど、それに立派な刺身
の盛り合わせなど、いろんな料理が届いた。そう、おふくろがお店に
予約していたみたい。思いがけずの、昼間の大宴会だったよ。あ、近くに
住む妹もきて、4人での宴会だった。もちろん、ビールに日本酒を飲んだ。
 食後はコーヒーを飲みながら雑談しながら、のんびり過ごしたよ。
あ、そうそう、パソコンでメールを調べたら、明日、26日の打ち合わせが
2件入ってて、がっくり・・・休みにするつもりだったけど、仕方が無い。
 東京へのフライトは20時発だったので、おふくろの家を17時ごろ出た。
空港までは、JRと地下鉄の乗り継ぎで、そう、30分くらいで着いたかな。
 それから、荷物を受け取って、JALのカウンターでチェックインを。
ところは、ここでトラブル・・・預ける荷物の検査でひっかかって
しまった。トランクの中に、香港で買ったブランデーとワインを
衣類で包んで入れておいたのが、荷物の検査でばれてしまった・・・
いや、入れてはいけないことはわかっていたけど、手荷物で持ち歩く
のは大変だから、割れ無い様に衣類で慎重にくるんで入れておいたんだ。
うーん、日本の検査機の性能が良すぎるのかな?香港の検査機では
何の問題も無かったのに・・・これまでも、何度か海外からボトルを
トランクに入れて持ち帰ったことあるのに、ひっかかったのは今回が
初めてだった。
 でも、そう簡単にはポチも引き下がらず・・・だって、香港では問題
なく預かってくれた事実、香港からここまで壊れず運ばれてきたという
梱包の確かさを示す事実、から、是非このまま載せて欲しいと、要請。
でも、担当の係りの人は、新人の人みたいで、もし万一割れた場合、
他の人の荷物に被害を与えるから、われ物は出していただかないと、
という原則を繰り返すばかり・・・出していただくにはいきませんか、
としつこく聞くので、いやあ・・・と渋ってると、それじゃあ、という
ことでカウンターの女性に相談、カウンターの女性は、わかりました、
それでは取り扱い注意の荷物として預からせていただきますと、言って
くれた。助かったあ。ここで、トランクを開けるとなると、相当の時間
と手間が必要だからねえ。ポチが強引に押し切った感じだけど・・・
うーん、今後どうするか、考えないといけないね。
 で、やっとチェックインが終わって、手荷物の検査などのゲートを
通り、JALのラウンジでたどり着いた。いろいろあったけど、ラウンジで
1時間ぐらいは待ち時間があったよ。
 奥さんは夕食はとらない、と言っていたので、ポチだけ、福岡の
うどんを食べに出かけた。手荷物チェックのゲートの外だったので
係りの人に断って、外に出た。そして、ターミナルビル内のうどん屋で
美味しいまるてんうどんを食べたよ。薄味で美味しいかったなあ。
関東のうどんはとても食べられたものじゃないからね。
 ラウンジに戻って、そこでも、缶ビールを何本か拝借した。
うどんでお腹一杯だったので、ラウンジでは飲め無かったので。
 フライトは、30分以上遅れたけど、無事、羽田に到着した。
羽田からはもうタクシーで自宅へ一直線だったよ。家に着いたら、
11時近かったので、すぐ寝た。だって、次の日が仕事になったからね。
 あ〜、疲れた・・・ でも、楽しかった!
 
香港旅行記のトップページへ