ベルリン出張記
 3月7日(日)ベルリンへ(パリ経由)
 
 家を出発したのは朝の6時半ごろ。今回はアメリカじゃないから
箱崎で荷物のチェックインができるだろうと思い、箱崎へタクシーで
向かった。ところが、JALのカウンターは開いてなかった。
着いたのが朝の7時過ぎだったから、あれっ早すぎたかなと思って
そのまま荷物をもって高速バスに乗ったよ。でも、後で調べたら
TCAT(箱崎)のエアラインカウンターはもう無くなっていた。
出国業務がやれなくなった箱崎を経由して海外に行く人は少なく
なったんだろうね。うーん、ポチも、座席の確定や荷物を預かって
くれないのなら、箱崎経由のメリットは無いなあ。次回から考えないと。
 成田空港には9時前に着いたよ。JALカウンターでのチェックイン、
少し時間はかかったけど、まあ仕方が無い範囲か。出国審査場に入る
手荷物検査待ちの人も、少なくも無く、極端に多いわけでもなく、
といった状況だった。空港に着いて30分くらいでJALラウンジに
たどり着いた。
 JALラウンジでは、大人しくしてたよ。実は、前々日の金曜日、
高校時代の仲間と銀座で飲んで3軒はしごして、飲みすぎて・・・
で、昨日はテニスの仲間の家によばれて宴会・・・いやあ、
飲み疲れ・・・ビールも飲む気がしなかったし、お持ち帰りのお酒を
確保しようという気もおこらなかった・・・ソフトドリンクを何杯も
飲んで、アルコールを体から抜くようにしてたよ。
 パソコンも、少し使ったけど、うーん、元気が出ない・・・
すぐやめて、静かに座ってた。あ、LANのインタフェースがラウンジに
用意されてた!LANケーブルを持っていれば、インターネット接続が
できるらしい。次回は忘れないように手荷物に入れておこう。
 いやあ、何にもお土産をもらわなかったラウンジ生活ははじめて!
手荷物が軽かったなあ。
 で、いよいよ搭乗。ほぼ定刻に離陸した。日曜日に発つパリの
シャルルドゴール空港行きのフライトだったけど、満席だったよ。
団体客も多かった。
 ポチの隣は、若い女性、20前後の二人組みだった。パリへ遊びに
行くらしい。ちょっと話し言葉になまりがあったので、東京じゃ
ないのかなと思ったけど、ポチは話しかける元気も無く、静かに
座ってた。
 あ、映画は観たよ。「半落ち」、「トスカーナの休日」、
「深呼吸の必要」の3本を観た。
 「半落ち」は泣いたなあ。涙が出てきて困った。50台の夫婦、
子供を亡くし、二人だけの夫婦、その奥さんが若くして痴呆症に・・・
痴呆が進む中、奥さんは、自分が崩れないうちに、自分が自分である
うちに死にたい、殺して欲しいと懇願する・・・夫は、奥さんの
苦しさを見ていられず、愛しているがゆえに殺してしまう・・・
奥さんのお姉さんも彼女が痴呆症のことを知っており、夫がそのために
仕事も辞め、奥さんが自分が自分であることがわかる残り少ない時間
を共に過ごそうと勤めてきたことを知っており、夫の行動は責められない、
彼女もきっと喜んでいるであろうとの証言を法廷で・・・判事の一人、
若手だが今回の裁判の責任者は、実はお父さんが痴呆症で同じ悩みを
抱えていた。判事の奥さんは、判事のお父さんの世話に日々奮闘して
いて、その辛さを判事は良くわかっていた。でも、自分が崩れるとは、
どういうことか、自分が自分ではなくなるということはどういうことか、
彼は悩む・・・
 世間は夫に同情的で、執行猶予がつくであろうとの見方が多かったが
判決は執行猶予無しの実刑、厳しい内容であった。それが、若い判事の
苦しんだ据えの結論だったのだろう。死を選択する前に他にできることが
有ったはず、いや、そう簡単な理由じゃないでしょうけどね。言葉として
表現できないけど、何となく心ではわかるなあ。裁かれる方も裁く方も、
そして取り巻く人間も辛いよねえ・・・ホントに考えさせられた。
 あ、夫はもちろん、死ぬ覚悟・・・でも、夫婦が以前、命を助けた
若者からの「生きてください」とのメッセージを受けて・・・
ここで映画は終わり。
 うーん、うまく書けなかった。是非、観て欲しい、という映画だよ。
 「トスカーナの休日」は、離婚し、仕事も手につかずの状態の30代の
女性が全く違った土地に別荘を買い、新しい仲間との人間関係を、新しい
生活を築きながら、自分を見つめ、自分を取り戻し、自信を取り戻す過程を
描いたもの。その過程で、ドタバタ有り、恋ありのドラマ。まあ、ほのぼの
とした映画、かな。あ、濃厚なベッドシーンもあったよ。でも、隣の女の子
が気になって、そのときだけは不本意ながら他のチャンネルに変えた・・・
 「深呼吸の必要」は、これは先行上映。つまり、まだ公開されて無い映画。
沖縄のサトウキビ畑の収穫時期に、サトウキビを刈るアルバイトをネットで
募集、それに応募した若者達7人の、沖縄での共同生活を描いたもの。
 応募した7人は、それぞれ何かの思いをもって、沖縄での生活に・・・
共同生活、厳しい仕事を一緒にやる中で、ぶつかり合いもあるけど、
徐々に仲間意識がでてくる・・・そして、それが一人一人が心の中に
抱えていた重荷を軽くしていく過程が描かれている。それが、心の深呼吸
なんだろうね。うん、何となくわかる。これも、大作ではないけど
ほのぼのとした映画だよ。まもなく国内で公開されるはず。
 えーっと、飲み物は、ワインにした。おそるおそる飲んだけど、まあ、
そんなに辛くなかったので、ずっとワインにした。ビールと日本酒は今回は
無理だったね。
 シャルルドゴール空港にはほぼ予定通り着いた。ここでベルリン行きの
エアーフランスのフライトに乗り換えるんだ。乗り継ぎ時間は3時間ぐらい
あった。
 
 到着したターミナル
 
 JALの到着ターミナルと、ベルリン行きのフライトのターミナルとは
離れていたけど、ずっと通路があって、歩いて行けた。資料では
ターミナル間の移動はバスって書いてあったので心配だったけど、
ホッとした。あ、バスはあったみたいだけど、10分もかからない距離、
しかも大きな荷物は無いから、歩くのは問題ないね。動く歩道もあるし。
 あ、ここで入国審査はあったよ。機内でもらった書類に記入したものと
パスポートと搭乗券を見せる必要があった。
 
 ターミナル間の連絡通路
 
 それぞれのターミナルには
   このようなお店が
 
 さあ、ベルリン行きのエアーフランスのフライトが出発するターミナル
に到着。かなり時間があったので、ふらふらとしてた。
 
 ちょっと、外に出たら・・・
   午後3時くらいだけど
   暗かった、曇ってたね
 
 
 ここで両替しようかと、Money Exchangeを調べたら、高い!日本円で
ユーロを買おうとすると150円/1ユーロ位のレート。高すぎる。
ドルからユーロへのレートも$1.32/1ユーロ高かったので、やめた。
観光案内書によるとベルリン市内の両替所が一番お徳みたいだから、
そこで換えることに。まあ、1ユーロ、140円弱が相場かなと思うけど。
 それから、時間があるし、喉が渇いたので、何か飲もうかと、
ターミナルの中にあるビュッフェみたいなところに入ろうとしたら
コーラが5ユーロ弱!高い!やめた!自販機のコーラは1.25ユーロで
まあ、170円〜180円だからいいかなと思ったけど、やめて、JALの
機内でもらったお水を飲んだ。ホントにヨーロッパは高い!
 で、フライトの登場時間前から、登場口には長い列が・・・
仕方が無いからポチも並んだら、何か放送が・・・何言ってるかさっぱり
わからなかった・・・みんなががやがや言い出して、列が崩れた・・・
半分の人は椅子に座ったりどこかに行ったりして列を離脱・・・
一体何が起こったんだ?
 ポチは、仕方が無いから、人を掻き分け、前の方に行って、
エアーフランスの人に、ひょっとしたら、このフライトがキャンセル
されたのかって聞いたら、いや、キャンセルでは無い、30分位の遅れだ
ということだった。いやあ、ホッとしたよ。キャンセルだったらどうしよう、
ひょっとしたらここでホテルを探さなきゃいけないかと覚悟したけど。
 で、ポチは仕方が無いから、待合室の椅子に座って待ってた。
30分経っても何にもアナウンスが無い・・・心配だったけど、
周りには待ってる乗客もいたので、ポチも待ってた。すると、45分位して
やっと整備が終わったらしく搭乗のアナウンスが。慌てて乗ったよ。
 結局、1時間くらい遅れて、シャルルドゴール空港を発った。
ベルリンのテーゲル空港までは1時間半くらいのフライトだった。
夜の9時前に着いたよ、テーゲル空港には。
 荷物もすぐ出てきて、税関検査は特に問題もなく、すぐドイツに入った。
で、すぐにタクシー乗り場に行って、タクシーでホテルに向かった。
意外と近かったね、15分くらいだった。料金は12ユーロくらいだったけど、
チップ込みで15ユーロ渡した。
 ホテルのチェックイン、Apple World経由の予約、初めてで心配だったけど
ちゃんとポチの名前で予約されててホッとした。部屋は7階の端のほうだった。
 ここエクセルシオールホテルは、ビジネスホテルで少し狭いと観光案内書には
書いてあったので心配してたけど、ツインベッドで結構広く安心した。
それに、何と、バスタブもあった!よかったあ!しかも、定価は1泊235ユーロ?
部屋のドアにはそう書いてあった。
 で、次にインターネット・・・ところがLAN接続のインタフェースが無い。
結局ダイアルアップ接続をインターネット完備って称してたんだねえ。
早速テストしようとケーブルを探したら・・・無い!ありゃ、忘れてきたみたい!
大変だあって思ったけど、仕方が無い・・・明日、どこか近くのお店でも
ホテルに聞いて買って来るか・・・
 あ、そうそう、鍵が変・・・普通の鍵、電子鍵、カード鍵ではなく、普通の
鍵なんだけど、右へぐるぐる回すだけでは開かず、右へまわせるだけ回した後
今度は左へ回していると、ガチャっと音がして鍵が開くんだ。これはしばらく
悩んだね。なかなか部屋に入れ無い事もあったよ。まあ、3日目あたりからは
要領がわかってきたけどね。
 TVに目覚し機能があったので、それを6時半にセットして、すぐに寝たよ。
現地時間で12時ごろだったかな。
 
続き(3月8日)へ