福岡出張記(能古島初上陸!)

 いやあ、久しぶりの出張です。前回のブダペスト出張で体調を崩し、
しばらく大人しくしていました。が、そろそろ、じっとしていられず・・・
 今回の出張先は、ポチの田舎の福岡です。ただ、今回は結構まじめに
打ち合わせのスケジュールを入れてしまって、自由な時間は、最終日、
東京へ戻る日、しかなかった・・・病に臥して、真面目さがぶり返して
しまったかな?
 出発の日、10月4日は東京は、前の日からの冷たい雨が降り続いていて
寒い日だった。長袖を着て上着を着て、福岡に向かったよ。ところが、
福岡はいい天気で暑かった!福岡空港から、そのままコンファランスの
会場へ直行し参加したけど、汗びっしょりになっちゃった。
 でも、次の日は、曇りで、時折さ〜っと雨が降り出す変わりやすい天気。
ポチはこの日は、前の日の経験を生かして半そでで出かけたら、寒かった。
うーん、ついてない・・・その次の日からはまたいい天気続きだった。
 最終日、10月7日は朝は少し曇っていたので、危ないかなと思って傘を
持参し、福岡散歩に出かけた。あ、どこに行くかずいぶん迷ったなあ。
志賀島や大宰府は何度も行ったので、違うところに行きたかったけど、
5〜6時間程度で、自然が楽しめるところが思い当たらず・・・
でも、明け方、早く目が覚めて、寝床の中でぼんやり考えてたら、ふと、
能古島はって、思いついて・・・で、起きてネットで調べたら、1時間半程度で
行けそうな感じだったので、決定!ポチは福岡出身だけど、能古島は
行ったことが無い・・・今回が、初上陸!
 おふくろの家を出たのは9時過ぎ、JRで博多駅まで行って、地下鉄の
空港線で姪浜(懐かしいなあ、高校に通ってたころの路面電車の終点の駅名)
まで行った。JRが220円、地下鉄が290円。そこから、ネットの情報によると、
98番と1番のバスで能古渡船場へ行ける、ということだったけど、ま、いいかと、
姪浜から渡船場まではタクシーを使った。670円だった。
 
 能古島渡船場
 
 能古渡船場には、2〜3人のお客さんだけ。フェリーがちょうど出た後で、
次のフェリーは1時間後だった。しょうがないなあ、とあきらめ、写真を撮って
いたら、海上タクシーの古びた看板があった。あまりにも古びた看板で、
もう営業はやってないんだろうと思っていたら、広場にあるテーブルの一つに
海上タクシーと書いてあって、そこにおばさんが二人おしゃべりをしてた。
ちょっと近寄りがたかったけど、おそるおそる近づいて、海上タクシー、
一人でも大丈夫ですかって聞いたら、一人では・・・3〜4人から大丈夫ですよ
ってことだった。まあ、仕方が無い、やっぱりフェリーを待つか、と近くを
ふらふら・・・
 
 フェリー乗り場
 
 そうしてたら、バスやタクシーで渡船場に来るお客さんが増え、
あの二人のおばさんが、一生懸命、営業をやってた。一人、500円で、5分で
能古島に着きます、フェリーは30分以上来ませんよって。その営業のおかげで
7〜8人、お客さんが集まり、ポチも乗れることに・・・海上タクシーの
船の名前は、海星丸だって。
 
 海星丸
  奥の船だよ
 
 海星丸は漁船に、座席、というか座れるように、甲板の空いてるところに
板の座席を付けただけの船だった。みんなが乗り終わると、すぐに出発。
 
 姪浜の渡船場を後にして
 
 いやあ、飛ばすねえ、運転手さん。船の縁には取っ手も何も無く
揺れたらすぐ海に投げ出されそうで怖かったよ。
 
 船の縁の、ポチの近くの
  すごい波しぶき
 
 ホントに5分程度で能古島に着いたよ。で、お客が降りると、すぐに
姪浜へ戻っていった。
 
 海星丸は
  すぐ姪浜へ戻った
 
 能古島に着いたら、早速観光案内所へ。ここで、島内の観光地図を
もらった。それから、おばさん、3人組が、コスモスが咲き始めた
アイランドパークの入場券1000円を購入していたので、ポチも購入した。
いや、ネットで調べたときに、アイランドパークのコスモス、花が
咲きはじめたと書いてあったので、行くことにしてたので。
 
 能古島の観光案内所
  能古島の渡船場の
  すぐ目の前にあった
 
 で、ここで、危うく、観光案内所で一緒になったおばさん3人組と
一緒にタクシーでアイランドパークへ行かされそうになった・・・
その案内所のおばさん、お世話好きなのか、タクシーが1台しか待って
いなかったので、おばさん3人組に、ポチも一緒に乗せてあげてくれって、
ポチが頼んでもいないのに、話をして・・・でも、ポチは断った。
だって、ポチはのんびり一人旅がいいし、おばさんたちも変なおじさんが
車に同乗したら楽しめないでしょうからね。
 ポチは、しばらく港を散策したよ。
 
 港に変な船が・・・
  観光船?
 
 遠くに百道の浜が・・・
  福岡ドームが見える
 
 さて、そろそろアイランドパーク行こうと、タクシーを捜したら、
1台もいない・・・仕方が無い、歩いていくことに・・・
 アイランドパークは島の反対側だったので、まずは島の中央にある
展望台に向かうことに・・・ただ、距離がどの程度あるのかさっぱり
わからなかったので不安だったけど。でも、まあ、行けるとこまで
行ってみるか、ということに。
 地図を見ながら、海岸線の道路に沿って、歩き始めた。
すると、すぐ砂浜があったので、降りてみた。
 
 なかなか綺麗な海岸線だ
  夏は賑わうんだろうね
 
 道路に戻ってしばらく歩くと、海岸に金属の柵で囲まれたところがあって
その中には何も無いようだったけど、柵の左手にシギ(?)のような鳥がいて、
また海側の柵の上にはかもめ(?)がずらっと並んでとまっていた・・・
 
 シギとかもめ?
 
 道路のその柵のあるところから、山側へ登る道があって、そこに
展望台の方向と距離が表示されていた。助かった。距離は1.7Kmだから、
大丈夫かな。
 
 展望台への方向指示と距離表示
  アイランドパークには
  道路に沿って行くのかな?
 
 道路は舗装されていたけど
  かなりの急勾配・・・
  歩いて行く事を
  早速後悔したよ
 
 いやあ、その急勾配の道がずいぶん続いた。歩いても歩いても・・・
汗もびっしょりかいたし、足や膝や腰にこないよう、注意しながら
歩いたよ。誰も歩いていないはずだ・・・
 
 途中には、素晴らしい木々も
 
 あ、あけび?
  久しぶりに見たなあ
 
 
 相変わらず結構な勾配の道、但し、そう狭く無く、バスは通れる道を
ずっと歩いたよ。誰一人にも会わず・・・
 で、道路の脇に、展望台への方向表示を見つけて、ほっとした。
近いんだ・・・あ、距離は470mだったかな、少しあるなって感じだった。
 
 ところが、その道は
  獣道のような
  人の気配が無い道
  ちょっと怖かったけど・・・
 
 
 しばらく歩くと、展望台への方向表示がまたあった。
 
 展望台への方向表示
  距離は150m!
 
 いやあ、ますます急な道・・・頑張って、登って行った・・・
で、頂上に展望台を発見! よかったあ!
 
 展望台
 
 早速、展望台に上った。いやあ、ここの階段、疲れた足には厳しかった。
 
 展望台の上の
  説明パネル
 
 志賀島
 
 西戸崎あたりかな
 
 百道の浜あたりか
  福岡ドームも見える
 
 中央の島が玄海島
 
 展望台の前には広場があった。そこにコスモスが綺麗に咲いてたよ。
 
 コスモス越しに見る玄海島
 
 コスモス
  たくさん撮ったけど
  ピントがうまく合わず・・・
  この3枚も、ちょっとねえ
 
 
 少し距離を置くと
  ピンとは問題なんだけど
  綺麗だなあ、コスモス
 
 展望台のところにあった
  案内板
 
 展望台のある高台を、歩いてきた道の反対方向へ降りることに。同じ道を
歩くのはつまらないし、アイランドパークはその方が近そうだったから。
 山道を降りていくと、しばらくして舗装されている道と交差していた。そこに
微妙な角度の「思索の道」への方向表示があった。どうやら、その舗装された
道路を降りていく方向を指しているようだったので、それにしたがって歩いて
行った。そしたら、反対側から歩いてくるご夫婦に出会った。海岸通から
山道に入って初めて出会った人、だった。ご夫婦も、能古島を散策されて
いるようで、ハイキングの服装で、やはりかなり汗をかかれていた。
 まあ、方向は間違ってないだろうと、そのまま歩いていくと、その道路の脇に
昔懐かしい草花が・・・
  
 なんて名前だったかなあ
  懐かしいなあ
 
 で、また歩いていくと、思索の森の方向表示があった。けど、それは
また山の中の小道の方を指してる・・・大丈夫かなあ。
 
 思索の森への方向表示
 
 いやあ、この道は途中から、藪のようになってて、枯葉や折れた木々の枝を
踏み分けて歩かなきゃいけないような山道だった・・・これが思索の道、
なのかなと思ったけど、とても、深い思索には埋没できない・・・何しろ、
足元に注意して歩かないと、すぐけつまずくような道だったから・・・
ホントにこの道でいいのかなあって何度も心配したよ。
 そうしたら、何か休憩所のようなものが見えてきた。
 
 休憩所?
  誰もいなかったけど
  単に座れるだけのところ
 
 ここで、静かにものを思うのかなあって、思ったけど、ポチは先を急いだ。
何しろ、どうやったら、この山の中から抜け出せるのかの見通しがなく、
不安だったので。
 あ、その休憩所のそばに、いざなぎの石といざなみの石、というのがあった。
 
 いざなぎの石といざなみの石
  どっちがどっちなのか?
 
 
 そして、また山道を歩き始めた・・・ホントに誰もいない、人の気配が無い山道、
ホントに出られるのか心配しつつ歩いていった。
 
 思索の森の山道  
 
 そうしたら、山道の下の方で話し声が聞こえた。よく見ると、下の方にも
能古島散策の道(自然探勝路)があって、そこを何人かの人が歩いている
みたいだった。いやあ、ほっとしたよ、いざというときは、この山の斜面を
降りれれば、その散策の道に出られそうだとわかって。
 で、安心して、さらに歩いていくと、壇一雄の文学碑があった。
 
 壇一雄の文学碑
  逆光だけど・・・
 
 その文学碑をすぎると、広場に出た。さっきの人声がした散策の道とも
ここで合流していた。ここには、散策を楽しむグループ、2人〜4人、が
何組かいたよ。
 ポチはそこにある方向表示を参考に、アイランドパークへ向かって歩き続けた。
 
 あ、道端に可愛い草花が
 
 道は綺麗に舗装されてた
 
 この道を歩いていくと、アイランドパークの入り口の広場に着いたよ。
 
 アイランドパークの入り口の
  方向表示
 
 アイランドパーク
  あ、ここは玄海国定公園
  の一部なんだ
 
 入場券、あ、汗でふにゃふにゃになってたけど、それでちゃんと入れたよ。
 
 入ってすぐの方向表示
  コスモスのあるお花畑
  を目指し、右の方へ
 
 アイランドパークは広いんだねえ
  緑の多い丘、って感じ
 
 アイランドパーク案内図
 
 この木の花、
  なんて名前だったかなあ
 (「デイゴ」だって!
  沖縄の県花だそうです。)
 
 
 綺麗なお花畑  
 
 お花畑を通って、次の丘に登ると、おみやげ物や休憩所が集まっている
ところがあった。あ、その入り口のところに、六地蔵さまがいた・・・
 
 六地蔵さま  
 
 六地蔵さまの前を過ぎて、お店の中の道、思い出通りというらしい、を歩いて
いくと、下りつつ通り抜ける門があった。
 
 別の世界が奥にはあるのかな?
 
 その下をくぐって道なりに少し歩くと、ぱーっと世界が、いや、視界が広がった。
芝の広場があり、また、その周りには結構多くの人がござなどを敷いて
お昼を食べてた。学生の団体、ご老人の団体、結構団体のお客さんが
多いみたいね。
 
 広い芝の広場
 
 広場の下半分は、コスモス畑になってた。
 
 アイランドパークのお花畑
 
 まだ満開ではないけど
  綺麗だなあ、コスモス
  海を背景のコスモス、いいねえ
 
 
 あ、これはまあまあ
  よく撮れてるかな
 
 
 またコスモス畑を
 
 写真の中央の虫、わかるかな?
  せっかくコスモスを撮ろうと
  シャッターを押す寸前に
  虫が飛び込んできた
  出たがり屋の虫だねえ
 
 さて、お花畑を楽しんだ後、来た道を戻っていった。
 
 思い出通りの両側には
  お店が並んでた
 
 いや、もうお昼も過ぎてたので、何かここで食べようかとも思ったけど、
やはり渡船場の近くのお店で新鮮なお魚を食べたいと、心に決めていたので
ここは我慢我慢。
 六地蔵さまを過ぎたところに、右の海の方に行く道があったので
歩いていってみた。
 
 海に向かう斜面の右手には
  かんな畑があった
  ちょっとピークは過ぎてたけど
 
 小さな島、
  なんと言う名前なんだろう
 
 で、元に戻ろうとしたら、かんな畑の反対側にはヤギがいて、そのヤギが
海に向かって、め〜め〜ないてるんだ・・・何だかポーズをとってるみたいで、
あ、ポチに写真を撮ってっていってるのかと思って、撮ってあげたよ
 
 広い海に思いをはせるヤギ?
 
 先ほどの六地蔵さまの通りに戻り、出口の方へ向かった。
 
 途中のお花畑をもう1枚
 
 道端の木
  枝にたくさん何かがついている
  これは実?つぼみ?
 
 
 秋の空、いいなあ
 
 アイランドパークの出口に着き、そこでバスを待った。そこには、朝取れた
新鮮な野菜が売られていたので、ポチも新ショウガとミョウガを買ったよ。
あ、それに水仙の球根が無料です、お持ち帰りくださいって書いてあったので
ポチは20個ぐらいかな、もらった。お客さんは結構いたんだけど、球根を
もらってる人はポチだけだったよ。どうしてだろう?
 バスが来て、そう、15分ぐらいで、渡船場へ着いたよ。
 で、早速港の近くのお店を周ってみた。ネットで、おいしそうなお店を調べて
いたので、ある程度はわかっていたけど・・・結局、のこ磯、というお店に決めた。
もっと大きく広いお店も有ったけど、ここが居酒屋風だったので。
 入ると、お店は結構狭く、カウンターの奥に座った。あ、一般の客席以外に
宴会のためのお座敷はあって、そこではもう宴会が始まってた。真昼間だって
言うのに・・・
 ポチはとにかくのどが渇いていたので、まずは生ビールを、それから、
刺身の盛り合わせを頼んだ。刺身は、鯛とはまちが主で、いやあ、美味しかった!
それから、冷酒、300mlを一本頼んだ。それに、いわしの塩焼きを。このいわし、
大きかったよ。びっくり。太ってて、美味しかった。それに、シャコを頼んだ。
シャコはゆでられていて、殻付きで、殻を剥きながら食べた。いやあ、殻が
なかなか取れず、苦労した。でも、味は美味しく、つまみとしては殻を取りながら
ゆっくり楽しめていいかもね。それから、最後に食事を、ということで、うに丼を
とった。このうに丼も美味しかったなあ。いやあ、お腹一杯になって、また、
結構酔っ払って、お店を出た。料金は6500円くらいだった。結構、飲んで食べた。
このお店は、ご夫婦と娘さんの3人でやってられて、みんなてきぱきとした対応で
感じがよかったね。
 で、フェリー乗り場に行ったら、たくさんの人が待ってたけど、まだ時間があったので
近くをふらふら・・・あ、能古島のコーヒーが飲めるお店があったので、一杯飲んだよ。
酔っ払ってたから、正確ではないかもしれないけど、マイルドなコーヒーだった。
それから、埠頭に行って・・・酔っ払ってたから、落ちないように注意して歩いた。
 
 中央の建物が
  フェリー待合室
 
 右手の小さな方が
  ポチ達が乗るフェリー
 
 フェリー乗り場に行ったら、もう人が並んでたので、ポチも並んだ。
で、5分ぐらいで乗船がはじまった。ポチは、酔っ払ってたので、観光はもういい
と思って、側面にある椅子に座ってた。そう、乗船して20分ぐらいで姪浜に着いた。
 で、帰りはバスターミナルからバスで、地下鉄の姪浜駅まで行った。そして
あとは同じルート、地下鉄、JRを使って、おふくろの家に戻った。
 着いたのは16時くらいだった。そこで1時間ほど、横になって、東京へ発ったよ。
JALのラウンジでは、ちょっとお酒を飲む気にはならなかったので、ソフトドリンク
だけだった・・・
 家に着いたのは、夜の10時半ぐらいだったかな。久しぶりの出張、疲れたあ。
あ、いや、お昼、飲みすぎたのかも・・・
         
ポチのトップページへ