香港旅行記  12月18日(土)
   香港到着は16時過ぎ
   早速、居酒屋・田舎屋へ
 
 香港へのフライトは、福岡経由の便しか取れなかった。でも、それも
結構便利なんだ。国内線で福岡まで行くので、成田ではなく羽田から出発
できるからね。2時間ぐらい、福岡での乗り継ぎの時間があるけど、
それでも成田からの直行便を利用した場合に比べてもそんなに時間は
変わらないし、何といっても、便利。羽田までなら自宅からタクシーで
行けるからね。
 朝7時半ごろタクシーで羽田空港に向かった。途中、渋滞の情報が
入ったので、タクシーの運転手さんが裏道を通ってくれた。
40分ぐらいで空港に到着、搭乗手続きを。e-checkinは初めてだったけど、
パソコンで印刷した航空券代わりのeチケットお客様控と、パスポート、
JGCカードをチェックインカウンターへ出すと、手続きはいつもの通り
スムーズに済んだ。出国手続きは福岡だけど荷物はダイレクトに香港まで
運んでくれるとのこと、助かった。
 手荷物検査を受けた後、JALラウンジへ。で、早速、生ビールで奥さんと
乾杯!あ、TVでちょうどNHKの朝の連ドラをやっていた。ビール、
朝食を取っていなかったので、かなり効いたよ。このラウンジには
パンもおにぎりも無かった・・・おつまみでは空腹はねえ。あ、ここで
小さな缶入りの緑茶とウーロン茶を3缶ずつ、お土産にもらってきた。
香港のホテルできっと必要になるだろうと思って。
 フライトは羽田を若干遅れて出発。福岡空港までは1時間50分、
到着も若干遅れた。ラウンジのビールのおかげで、福岡到着までに2度も
お手洗いへ。
 到着ターミナルは第3ターミナル、そこから国際線のターミナルまで
連絡バスがあったけど、国際線ターミナルは確か、第1ターミナルだと
思い込んでて、それだったらターミナルビル内を歩いて行けば大丈夫、
そう遠くないはず・・・と思ったら、無い・・・何を勘違いしたんだろう。
結局、第1ターミナルで、国際線ターミナルへの(無料の)連絡バスに乗った。
そうしたら、全然別のビルで、ずいぶん離れていた。うーん、なぜ国際線
ターミナルを第1ターミナルと勘違いしたんだろう?ま、でも、
福岡空港では2時間くらいの乗り換え時間があったので、遅れる心配は
無かった。
 国際線ターミナルに着いたら、すぐ出国手続きへ。空いてたよ、ここは。
福岡からの国際フライトは未だ少ないのかな?そして、すぐJALラウンジへ。
ラウンジに着いたのは12時ごろ、次のフライトの出発は13時半ごろ、
朝も食べてないのでずいぶんお腹が空いたけど、ラウンジの受付の人に
確認したら、香港へのフライトでは離陸するとすぐ食事が出るようなので、
我慢・・・で、缶ビールとおつまみを。あ、白ワインも。いやあ、かなり
酔いが回った。そうそう、お土産用に、缶ビールを3缶ほどいただいた。
香港でも飲むかもしれないからね。
 それでも、お腹が空いて、えいっ、食べちまえ、と思って、ラウンジを出て
探したけど、お弁当とかおにぎりのお店しかなく、断念。せっかくの福岡
だから、食べるなら、とんこつラーメンか、薄味のうどんか、ちゃんぽん
だよね。空腹をお酒でごまかし、待ち続けた。
 あ、ラウンジの受付の人に、香港の案内書をもらおうかと思ったら、
そのラウンジには配布用の案内書は置いてなかった。成田のラウンジには
あるのに・・・
 香港へのフライトも若干遅れて搭乗を開始した。JGCメンバだから優先搭乗
ができ楽だった。あ、このフライトは空席が結構あった。クリスマスを楽しむ
人たちには、18日出発というのは早すぎるんだろうね。機種はB767-300、
ちょっと小型だった。席は、2人席で、他の人にご迷惑をかけずにお手洗いに
行ける席でよかった。ただ、個人用TVが無く、映画が楽しめない機種だった。
そこで、これは飲み食いしかないと思い、まずビールを飲んだ。そして、
待ちに待った食事が出た!がつがつ食べたよ。奥さんのパンやデザートも
もらった。食事のときは、白ワインを飲んだ。お持ち帰り用の1本ももらった。
お腹一杯になったよ。でも、香港は近いから、機内サービスに日本酒が
無いのは残念。
 香港の入国書類を機内でもらい、記入していると、香港の案内書、ラウンジ
でもらえなかった案内書を配ってたので、慌てて手を上げてもらった。よかった。
 香港までは3時間50分、出発が遅れた分だけ、到着も遅れたって感じだった。
香港空港は人もそう多くなく、入国手続きもすぐ終わり、荷物もすぐに出てきた。
 それから、観光案内所があったので、パンフレット、地図、イベントガイド
などを入手。陳列されている資料に日本語のものは無かったので、案内の人に
日本語の資料をいただけませんか、と言うと、2〜3種類、渡してくれた。
この資料は役に立ったよ。「香港公式ガイド」(A4版)、「香港見どころガイド」
(縦長の本)、「ビジター向け特典パスポート」(手のひらサイズ:割引券が
沢山綴じられていた)、それに冬だけの資料なのかな、「香港ウインター
フェスタ アクティビティ・ガイド」が日本語の資料だった。
 ホテルまではいつものように列車(Airport Express)と無料のシャトルバスを
利用することにしていたので、次にAirport Expressの切符売り場へ。そうそう、
エクセルシアホテルを選んだもう一つの理由は、いつも使ってるホテル、
リーガルホンコンと同じように、無料のシャトルバスが通るホテルだったから
なんだ。
 Airport Expressの切符売り場で、ちょっと迷ったなあ。普通のオクトパス
カードにするか、ツーリスト用のオクトパスカードにするか。連続3日間MTRに
がんがん乗りまわる観光をするのであれば、ツーリスト用のオクトパスかカード
が得なんだけど・・・迷ったけど、結局、往復のAirport Expressの切符込みの
ツーリスト用オクトパスカードを購入した。$300(香港ドル)だったけど、
Airport Expressの往復割引が$180、デポジットが$50、MTR以外の交通機関
に使える$20が含まれているので、3日間で$50分のMTRに乗ればとんとん
なんだけど。ま、いいか。
 Airport Expressは、15分間隔で頻繁に出てるし、高速で香港の街まで
23分しかかからないので、ホントに便利!香港について、シャトルバス乗り場へ。
このバスは30分間隔で、いつもちょっと待たされるけど、まあ無料だから
仕方が無い。そんなに急ぐ旅でもないしね。バスはいつものように混雑する
香港の繁華街をくねくね走っていった。ポチのエクセルシアホテルは3番目の
ホテルだった。
 ホテルのフロントでチェックインし、すぐ部屋へ。部屋に入ってみてびっくり!
窓から左右に広がるVictoria Harbourが一望に見えた!しかも、対岸のビルの
クリスマスイルミネーションが始まっていて、綺麗だった。まあ、多少は高い
部屋にしたのだから、少しは海が見えるだろうとは思っていたけど、こんなに
素晴らしい部屋とは思わなかった。ラッキー!
 
 Victoria Harbour越えに見る
  九龍半島側のビルの
  クリスマスイルミネーション
 
 
 早速、部屋で荷物を明け、衣類を引き出しに収納したり、少しだけ整理をして、
すぐ出かけた。もう18時を過ぎていたからね。で、今夜は、前回来たとき
部屋の窓から見えたような九龍側のクリスマスイルミネーションを見ながら
お酒が楽しんだ、魚や一丁へ行こうということに。確か、エクセルシアホテルに
非常に近く、World Trade Center(世貿中心)の前のビル2階という記憶が。
 
 World Trade Center
  (世貿中心)
 
 
でも、探したけど、見つからない・・・ま、いいか、ということで、その近くの
田舎屋というお店に入った。
 まずは、生ビールを。料理は、刺身の盛り合わせ($200)、えびの塩焼き
($38)、サーモンのかま($28)、やさいいため($38)を。そして、
日本酒、いつもの玉の光、300mlのボトル($90)を2本飲んだ。そして
最後に、ポチは黒豚かつ定食($88)を食べた。いやあ、お腹一杯になったし
ずいぶん酔っ払ったよ。料金は、サービス料込みで$685だった。
 あ、田舎屋は、そごうの系列なのかな?そごうは、デパートだけでなく
SOGO Cafe、Cafe ROYCE、Cafe&Bar Maple、それに、炉辺焼き・田舎屋を
経営しているみたいね。
  
 田舎屋  
 
 田舎屋から、ふらふらとホテルへ戻って、そのままベッドへ。早々と寝た。
ちょっと疲れてたなあ。
 
続き(12月19日)へ