香港旅行記 12月19日(土)
   今日は、香港島の反対側のリゾート地の
   スタンレー、レパルスベイ、オーシャンパークへ
   夜は、時代広場の前の、魚や一丁!
 
 朝早く目が覚め、5時半ごろからメールをと思い、パソコンを取り出し・・・
あ、コンセントのアダプタを忘れた!しまった!仕方が無い、今朝はパソコン、
バッテリーで使用した。
 部屋で高速インターネットが使用可能とあったので期待していたけど、
確かにLANインタフェースはあったけど、サービスは有料だった。1時間$35、
600円弱だね。まあ、仕方が無い、1時間だけ申し込んで利用開始。LANだから
自宅と変わらないレスポンスで、快適だったよ。
 そうそう、窓の外の早朝の香港の風景も面白く、メールを書きながら
ときどき写真を撮った。
 
 九龍半島側、
  まだ照明がついてるね
 
 
 ホテルの前に
  ヨットハーバーが
 
 かなり明るくなったけど
  まだ照明がちらほらと

 
 
 もうすっかり夜が明けた
  でも、もやが出ていて
  クリアな写真が撮れなかった

 
 
 ヨットハーバー
  左側の梯子模様のところが
  九龍半島側への海底道路
 
 屋根の青い小さな船が
  忙しそうに岸壁から
  停泊中の船へ
  人を運んでいたよ
 
 メールの後、ゆっくりお風呂に入った。そして、フロントじゃなくて、
ルームサービスのところだったかな、電話をして、コンセントの形状の違いを
変換するアダプタを借りれないか聞いたら、変圧器があるとのこと、それを
お願いした。すぐに持ってきてくれて、それは日本人用なのか、コンセントの
形状も問題なかった。助かった!
 で、次にデジカメのデータをパソコンへ移そうとしたら、アダプタが無い・・・
パソコンへデータを移すアダプタも忘れちゃった・・・うーん、メディアは
数枚持ってて、そうねえ、写真で400枚分はあるから、足りるとは思うけど。
今回は忘れ物が多い!
 9時過ぎに部屋を出て、出発。今日は、香港島の裏側のリゾート地を周ることに。
でも、まず、朝食!ホテルの近く、世貿中心の近くにあるおかゆやへ。ポチは
シーフードのおかゆを、奥さんはちまきを食べた。おかゆは、魚、イカが入ってて
薄味だけど美味しかった。そうそう、皮付きのピーナッツがおかゆにふりかけ
られていた。ちまきは、中にちょっと中華風の香りのするものがあり、食べられ
なかったけど、周りのもち米の部分は美味しかった。それぞれ、$16、$12
だった。安い朝食だった。あ、お店は混んでて、子供が一人で食べてるテーブルで
相席だった。子供はポチとお同じお粥を食べてた。いや、まねしたわけじゃないよ。
 
 早朝の世貿中心
 
 海皇粥店
  朝食を取ったところ
  混んでたなあ
 
 それから、コーズウエイベイのMTRの駅まで歩き、MTRでセントラルへ。で、また
歩いて、スタンレー行きのバスが出ているバスターミナルへ向かった。そのバス
ターミナルは、exchange squareの下にあった。
 
 Connaught Road Central
  という大通りを渡る
  高架の歩道橋から道路を
 
 同じ歩道橋から
  バスターミナルの方を。
  2階の通路はいつものように
  女性のたまり場になってた
 
 Exchange Square
  奥に見える建物は
  Airport Expressの香港駅
 
 スタンレーに行くバス、いくつかあったけど、まずはトイレへと思い探したら、
少し歩くけど、Airport Expressの香港駅のビルの中にあった。
そう、バスターミナルとAirport Expressの香港駅は近いんだ。
 いよいよバスに。さてどれに乗ろうかと思っていたら、すぐ出そうなバスが
あったので、それに乗った。そのバスは、6X系統で、赤柱市場、赤柱監獄行き
だった。そう、終点には監獄があるらしい。行ってみたい気もしたけど・・・
 大体35分くらいで、Stanley Bus Terminalに着いた。その一つ前のStanley Plaza
で降りようか迷ったし、ここでも迷ったけど、えいやっと降りてみた。まあ、
賑やかなところで、いいところで降りたのかなとは思ったけど、やっぱり一度は
バスの終点まで乗ってみたいものだ。次回こそは。
 
 Stanley Bus Terminal
  道路を渡った反対側から撮影
 
 バスを降り道路を渡ると海側に降りていく道があり、Stanley Marketがあった。
狭い道の両側にお店が並んでいて、観光客みたいな欧米人も多かった。
 
 Stanley Marketへの道
 
 その道はすぐ突き当たり、両側に、ホントに狭い道が迷路のように広がっていて、
その狭い道の両側にもお店がびっしり並んでいた。ここも沢山の人で、
ぶつからないように注意して歩かないといけないところだった。
 とりあえず、海へ出たい、ということで、下がっている方向へ狭い迷路を
歩いていくと、やった!海に出た。
 
 海沿いの道に標識があった
 
 Murray House
  標識のあったところから撮影
 
 沖では沢山の人が
  ウインドサーフィンを
  楽しんでいた
 
 まず、Stanley Main Beachへ行ってみることに。海沿いの道を
Tin Hau TempleやMurray Houseとは逆の方に歩いていった。
 
 海岸沿いの風景
  アーチみたいなものが
  見えるところが迷路から
  出てきたところで、
  標識があるところだよ
 
 しばらく歩くと、岩場があって、そこに人が集まっていた。
ここが景色のいいところみたいね。
 
 海に出た岩場から
  Murray Houseを望む
 
 岩場の反対側
  砂浜もあるようだったけど
  ここには行かなかった
 
 ここで引き返して、また標識のあるところへ戻って、今度は海岸沿いの
道を反対側へ歩いていった。そこは、Stanley Main Streetだった。
 
 Stanley Main Street
 
 しばらく歩くと、Stanley Plazaに着いた。そうか、一つ前のバス停で
降りて海岸の方へ降りてくるとここに出るんだ。
 
 Stanley Plaza
  中央に上り下りの
  エスカレータがあるんだ
 
 Stanley Plazaに入るのは後にして、Murray Houseの方へ。
Murray Houseの横の広場には、クリスマスの大きな飾りがあった。
ここも観光客は多かった。でも、日本人は少なかったよ。
 
 クリスマスの飾り
  観光客が記念写真を撮ってた
 
 Murray Houseのところから
  歩いてきた海岸通を
 
 
 Murray Houseはレストラン街になってて、海を眺めながら食事が取れる
ようになってた。でも、ポチはレパルスベイで食事を取ろうと思っていたので、
ここはパス。
 
 Murray Houseのいわれ?
 
 Murray Houseの海側の裏に、細い道があった。奥のほうに、
Pak Tai Templeと千年古井があるというような標識があったので、
行ってみることに。
 
 Pak Tai Templeと千年古井
  があるという、標識
 
 あ、綺麗な草花があった
 
 細い道はちゃんと
  舗装されていた
  でも、コンクリートが
  乾く前に動物が歩いたらしく
  足跡が残っていた
 
 細い道は海岸にたどり着き
  それらしい建物が
  そして3〜4人の人影も
 
 この建物が
  Pak Tai Templeだった
 
 
 更に少し海岸の方へ
  降りたところに
  千年古井があった
  何のことは無い
  井戸だったけど

 
 
 更に降りて海岸線へ
  そこから先ほど行った
  岩場のほうを撮影
 
 で、Pak Tai Templeへ降りる道まで戻って・・・そこから、細い道を
戻ろうかと思ったら、更に高いところに登る細い道があったので、
行ってみることに。でも、奥さんは下で待っているとのこと。疲れたらしい。
  
 細い道は急な坂が続いた  
 
 ずいぶん高いところまで登ったけど、一番高いところにも、特に見晴台が
あるわけでもなく、道は下りになり、どうやら反対側に降りるような
感じだったので、そこで諦め、元の道を降りてきたよ。
 
 降りながら、
  木陰の間からの
  Stanleyの街を撮影
 
 で、奥さんのところに戻って、細い道を歩いて、Murray Houseへ戻った。
そして、今度はTin Hau Templeへ向かった。Tin Hau Templeは、先ほどの
クリスマスの飾りがあった広場の、海とは反対側の奥にあった。
 
 Tin Hau Temple
  建物内では信者の方が
  いろんなお供え物をし、
  お辞儀を繰り返していた
  内部の写真は
  撮れなかった・・・
 
 
 
 一通り、Stanleyの探索は終わったので、Stanley Plazaに入ることに。
 
 Stanley Plazaへの
  エスカレータ
 
 エスカレータを何個か乗り継ぐと、上の方の道路に出られるようになってた。
途中の階には、お土産のお店やレストランが沢山あった。あ、ここで、
お手洗いを拝借。
 そして、道路に出て、バス停を探した。次の目的地、レパルスベイへ行く
バス停を。ちょっとうろうろしたけど、発見。バスがもう来てて、みんなが
乗り込んでいたので、走ってそのバスに乗り込んだよ。で、問題は降りるところ。
景色を見ながらタイミングを計った。で、ここかな、と思うところで、2〜3人
他のお客さんも降りたので降りてたら、正解だったね。バスの中では
駅名のアナウンスはないし、バス停の標識は立ってて、そこに駅名は
書いてあるけど、バスの中からは小さくて読めないから、ホントに景色で
判断するしかないね。まあ、レパルスベイは初めてではないし、Stanleyに行く
バスの中で、このあたりがレパルスベイかなとめぼしはつけておいたから、
なんとなくわかった。
 
 バス停の山側にある
  立派な建物
  元はホテルだったが、今は
  ショッピングアーケードや
  レストランが入ってる

 
 
 で、ここから海岸へ降りた。かなり急な坂道を降りて行った。
 
 砂浜から、先ほどの建物を
 
 海辺の砂浜を、Stanley側に歩いた。ずいぶん歩いた先に少しにぎやかな
ところがあったので、更に歩き始めたところで、奥さんは休憩、そこで待つ、
ということに。ということで、ポチは一人で歩き続けたら、沢山の人が
観光バスなどで来ていて、ホントににぎやかだった。
 
 綺麗な門が見えてきた
  そこには沢山の人がいた
 
 ん?大きな像が見えてきた
 
 正面から見ると
  本堂(?)の両側に
  大きな像が建っている
  
 その左手にも
  綺麗なお堂みたいなものが
 
 海の方の突先から
  大きな像や
  小さなお堂の方を
 
 
 同じところから
  レパルスベイを
 
  
 市民や観光客の憩いの場だね
 
 あ、本堂の横に道があって
  みんな行っていたので
  ポチも行ってみた
 
 奥にも綺麗な門や
  えーっと、何だこりゃ?
 
 
 ここに来る人の多くは、上の方の裏門から外に出ていた。どうやら
そちらに観光バスが止まるところがあるらしい。ポチは、また元に戻って
本堂のところへ出たよ。
 
 本堂の前で
  左手、正面、右手を撮影
 
 
 あ、正面の右側に
  本堂の方を向いた
  像が建ってた
  何だかほっとするね
  このお腹を見ると・・・
 
 さて、これでポチの一人旅は終わりにし、奥さんの待っているところへ戻った。
 そして、もう12時をとっくに過ぎていたので、昼食を取る事に。前回来たときに、
海辺のベランダのようなレストランで、潮風に吹かれながらビールとおつまみを
食べたので、同じ店に行こうと、バス停の近くの砂浜へ戻って、レストランを
探した。しかし、2〜3軒、あったけど、みんな営業していなかった・・・
ちょっと季節が違うんだろうね。確かに浜にはお客さんはそう多くなかった。
そうそう、ここに来たのは前回ではなく前々回の香港旅行のときで、それは
5月の連休のときだった。残念。
 それじゃあ、ということで、きつい坂道を登って、道路を渡って、
最初に行ったレストランがある建物へ入った。
 
 建物の入り口のところに
  綺麗な花が
  ろうそくの花、だったかな
  確かハワイで見たよ
  
 建物の中庭
 
 このような庭というか
  池もあった
 
 
 素敵な小道が
  日本食レストランまで
  続いていた
 
 けど、この日本食レストランには入らなかった。メニューが外に掲示
されていなかったので、どのようなものがあるか、どの程度の値段なのか
わからなかったし、夜、居酒屋に行くから、お昼は中華がいいかなと思って
中華の立派なレストランに入った。海都海鮮酒家というレストランだった。
 
 海都海鮮酒家
 
 ここでは、ラーメンと、ショーロンポー、シュウマイ、それにビールを。
ビールはお代わりをしたよ。喉が渇いていたので、美味しかった。料金は
$334で、ちょっと高めかな。
 お腹一杯になって、次の目的地、オーシャンパークへ向かうことに。
 バスはオーシャンパークの入り口まで行かないので、近くで降りないと
いけない。前回は自分で判断し降りたら、かなり早めに降りちゃって、
結構歩くことになったんだ。で、今回は乗るときに、バスの運転手さんに
どのあたりで降りるべきか聞いたら、教えてくれるということだったので
安心してバスに乗り込んだ。そして、忘れていると、運転手さんが叫んでいた、
そう、オーシャンパークに近いバス停だった。親切にあっちの方から行けと
指で指してくれた。
 バスを降りて、そっちの方に行ってみると、見覚えのある駐車場、
その入り口があった。ここまでくればもう迷うことは無いと、安心した。
 入場料は、二人で$370だった。中の乗り物類は無料だから、たっぷり
遊ぶ人にとっては、そんなに高くないかな。
 
 オーシャンパークの
  正面入り口前
 
 Main Entrance(正面入り口)
  
 入ってすぐの広場
  クリスマスムード一色
 
 ケーブルカー
  そう、これに乗るのが
  楽しみなんだ
 
 あ、クリスマス特別の
  劇をやってた
  けど、登場人物は
  写っていなかった 残念
  
 ケーブルカー乗り場
  少し待ったけど
  そう時間はかからなかった
 
 高いところを通るので
  高所恐怖症のポチは
  ちょっと怖かった
 
 いい景色だねえ
  これが楽しみなんだ
  
 ケーブルカー
  沢山の車両(?)で
  結構輸送能力あるよ
 
 ケーブルカーを降りた所から
  緑に囲まれたパーク
 
 あ、何だろう、この木は
  
 あ、怖いやつ・・・
  よく乗るねえ
 
 あざらし
  泳いでいるところは
  速くて撮影できなかった
 
 
 遠くに見える街、
  手前の湾、どこだろう
  一度行ってみたいな
 
 で、もう疲れたので帰ろうかと言うことに。オーシャンパークの
裏側の出口(Tai Shue Wan Entrance)から出ようと、長い長いエスカレータ
で降りることに。
 
 最初のエスカレータ   
 
 二つ目のエスカレータ
 
 二つ目のエスカレータを
  降りたところから
  
 三つ目のエスカレータ
 
 一番下の池の所に
  フラミンゴが
 
 花に囲まれた
  大仏様(?)
  
 もっと大きな大仏様も
 
 さて、裏口のTai Shue Wan Entranceからオーシャンパークを出て
コウズウエイベイへ戻るバスを探したけど無い・・・バスの切符売り場の人に
聞いたら、Main Entranceから出ているとのこと、そしてMain Entranceへの
シャトルバスが出ていてFreeだって教えてくれたので、そのシャトルに乗り込んだ。
乗り込んでしばらく待ってると、次々と人が乗り込んできた。でも、不思議、
お金を払ってる・・・あ、無料だけど、チップを渡すのが礼儀なのかな、でも、
ツーリストだから許してくれるかな、と思って、ま、いいかと。
10分ぐらいして、シャトルは出発。シャトルは、街中をずいぶん走ったので
バスを間違えたのかな不安に思っていると、見慣れた景色が目に入ってきて、
ほっとしたよ。シャトルを降りてすぐ、Main Entranceの前から、バスターミナルへ
歩いていった。
 バスターミナルで、セントラルやコーズウエイベイ行きのバスの停留所を見つけ、
待っていると、セントラル行きのバスが来た。ま、いいか、これでセントラルまで
行って、MTRで戻るかと思い、バスに乗り込もうとしたら、入り口でかざした
オクトパスカードがNo moneyだって!あれ、乗り放題のはずなのに、持っていた
オクトパスカードのトラブルかなと思い、バスに乗るのをやめてオーシャンパークの
入り口のところまで戻って、バス会社の事務所が無いかなあと探したけど、
見つからない・・・うーん、仕方が無い、お金を払ってMTRの駅まで行って、
MTRの駅の事務所で調べてもらうことにして、またバスターミナルまで行って
セントラル行きのバスに乗り込んだ。$4.7だった。乗り放題のはずなのに・・・
で、釈然としないまま、バスに乗ってるとき、ひょっとしたら、乗り放題は
MTRだけかも、と思い始め、ホテルに戻って、説明書を確認することに。
 バスから降りて、セントラルからMTRでコウズウエイベイに戻った。
で、一旦ホテルに帰る予定だったけど、お腹もすいているし、面倒なので、
そのまま居酒屋へ行くことにしたんだ。そして、昨日、世貿中心の近くで
魚や一丁を探したけど、見つからなかったけど、確か、時代広場の方にも
あったはずだ、ということで、時代広場へ向かった。あったあった、魚や一丁が!
時代広場に面したビルの2階に。うん、ここ、来たことがあるって、すぐわかった。
でも、ここからはVictoria Harbourは見えない。Victoria Harbourに面したビルの
クリスマスイルミネーションを楽しんだ魚や一丁ではなかった。もちろん、今日は
この魚や一丁で楽しんだよ。
 まずは生ビールを。そして、冷酒・北之誉($70)を2本飲んだ。料理は、
イカの塩辛($18)、やまかけ($18)、豆腐($30)、和風ステーキ($85)、
カキフライ($50)を。そして最後に、カニ雑炊($85)を食べたよ。総額で$530.2、
まあ、こんなものかな。
 あ、ここで飲みながらわかったこと・・・オーシャンパークのシャトルバスの
料金の問題は、ひょっとしたポチの聞き間違いでは、ということに。
Freeと聞こえたけど、ひょっとしたら、Three($3)と言ったのかも・・・
ひょっとしたら無銭乗車をしたのかもしれないけど、ま、いいか。
 それに、魚や一丁のチェーン店一覧が書いてあるお店の名刺があったので、
それをもらって調べてみると、世貿中心に面したビルの2階にお店があると
思っていたら、世貿中心のビルの中に魚や一丁があった。ちょっとした思い違い
だった・・・
 今日はずいぶん歩いたので、疲れていて、お酒がよくまわったよ。
ふらふらと、コウズウエイベイの街を歩いて、ホテルへ戻った。
 
 コウズウエイベイの
  夜の街並
  
 
 
 ホテルに戻って、ツーリストオクトパスカードの資料を調べてみると
やっぱり乗り放題なのは、MTRだけだった。そのカードは、MTR以外の交通機関の
$20分乗れるようになっていたけど、それが不足したみたいね。はい、これも
ポチの思い違いでした・・・
 そうそう、ホテルに戻ったら、果物がお皿に盛ってあった。りんご、オレンジ、
洋ナシだったかな。お客様へのサービスなんだね。ラッキー!
 
続き(12月20日)へ