サンタフェ出張記 3月12日(土)
   シカゴ(オヘヤ)経由アルバカーキへ
      そこからリムジンでサンタフェへ
   夕方、近くを散策
   夕食はお寿司屋のSHOKO−CAFEで。

 今回も同じ成田エクスプレスで空港へ向かった。家を出たのは8時少し前、
いつものようにタクシーで品川まで行って、列車に乗り込んだ。
それにしても、隣の席の人に恵まれない・・・おじさんばかり・・・
おじさんの隣はおじさん、と、JRが仕組んでいるのかなあ。
 JALでチェックインで気になったのは、米国行きなのにトランクの中身の
チェックが無かったこと。全員の荷物のチェックの義務は無いのかな?
 JALラウンジに着いたのは、10時半。いつものように生ビールを飲んで、
それから大吟醸の飛翔舞を。まったく前回と同じだ。それに、日本酒2本、
コーヒー缶1本、おにぎり、パンを、お土産や現地での非常食用にGET。
 機内でも、日本酒、白ワイン、ソフトドリンクを飲んだよ。
機内では映画をほぼ3本観たよ。1本は最後まで観れなかったけど。
 1本目は、「プリティ・プリンセス2」というタイトルの映画。
ロサンゼルスの高校生ミアがヨーロッパのジェノビア国の王位継承者に
選ばれ、大学卒業後、国に戻り女王になるための基礎教養を学び、
礼儀作法を身につける。が、権力を狙う子爵がおり、いろいろ王位継承妨害
の画策する。その、子爵の息子デブロー卿も当初は子爵の画策に加担するが、
彼女の資質を認め、子爵に画策をやめさせようとする。デブロー卿と
ミアの間に、恋が芽生え・・・最後はハッピーエンド、まあ、コミカルな
ラブロマンスといった映画だね。
 2本目は、「RAY」。これは、”ソウルの神様”レイ・チャールズの
ドラマチックな人生を描いたもの。幼い頃から視力を失いながらも、
ピアノを引き続けるレイ。生涯のトラウマとなる弟の死や、多くの女性との
出会いと別れの中で、R&Bとゴスペルを融合させた心に響くサウンドを
生み出した。2004年6月11日に永眠。あ、レイ役のジェイミー・フォックスは、
グローブ賞主演男優賞を受賞した。
 3本目は、「クリミナル」。最後まで観れなかったけど、まあ、ほとんど
最後まで、という感じだった。熟練の詐欺師と新人の詐欺師のコミカルな
やりとりとサスペンス。いや、そう深刻な映画ではなく、楽しめたよ。
 で、朝の8時5分にシカゴのオヘア空港に到着。入国審査、いつものように
指紋と顔写真を取られたよ。そして、荷物を受け取って税関検査の後、
乗り継ぎ便のUnitedの再チェックインカウンターで荷物を預けた。
 それから、Unitedのフライトの搭乗口へ向かった。Cコンコースだったので
地下のネオンサインの綺麗な連絡通路を歩いて、9時25分に搭乗口に着いたよ。
そこで、厳重な手荷物検査を受けた。普通はひっかからない時計、ベルト、
財布がひっかかり、ベルトをはずさせられ、お腹を触られた・・・
プチ出腹のなかに凶器でも隠してると思ったのかな?カバンの中も
隅々まで見られ、中身はごっちゃごちゃに・・・
 シカゴは、零下7度、外はすごく寒かったみたい。あ、アルバカーキ行きの
Unitedのフライトも、機内が寒かったなあ。
 そうそう、このフライト、予定通り搭乗したけど、一向に飛び立たない。
しばらくして、アナウンスがあって、タイヤに損傷がみつかり交換します、
ということ。それからまたしばらくして、タイヤ交換、時間がかかりそうなので
別の機体でアルバカーキへ向かいます、ということで、みんな一度降りた。
それから、なかなかアナウンスが無かったけど、やっとアナウンスがあって
搭乗し、飛び立ったのは、予定より2時間15分後だった。いやあ、疲れた。
 
 これが、一度乗り込んで
   降ろされた機体
   新しい機体も
   同じ機種だったよ
 
 この機種は、Embraer170というもので、70〜80人乗りだった。
結構揺れたなあ。
 現地時間の夕方4時にアルバカーキに到着したよ。
 
 アルバカーキ空港  
 
 ここから、サンタフェまでは、リムジンかタクシーなんだ。
リムジンのカウンターがいくつか並んでて、インターネットで調べていた
リムジン会社The Sandia Shuttle Expressのカウンターもあったので
そこで申し込んだら、すぐにOKとなり、数分待って、ということに。
 
 ちょっと外に出てみた  
 
 昔の飛行機の模型(?)
  が吊り下げられていた
 
 もう少し時間があったので
  先ほどの車止めの先に
  出てみると、桜みたいな
  花が咲いていた
 
 
 あ、これがリムジン会社の
  カウンターが並んでいる所
 
 
 しばらくして、リムジンの運転手さんが出てきて、サンタフェ行きの
お客を集めたので、ポチもついていった。お客さんは少なく、ポチを入れて
6人だった。
 リムジンに揺られて、1時間10分くらいでサンタフェの町に着き、
それぞれのホテルへ寄ってくれた。ポチの泊まるHiltonは2番目に
止まってくれた。ホテルに着いたのは夕方の5時20分ごろだったよ。
早速チェックインをし、部屋へ。
 あ、そうそう、Santa Fe、インターネットで調べたら、気温が−4度から
7度の範囲の日が多く、東京よりかなり寒いという情報と、近くにスキー場が
あるということで、雪の多い、寒い町、というイメージだったけど、雪は
まったく無く、日向はそう寒くも無く、ホッとしたというか、拍子抜けした
感じだった。
  
 ポチの部屋
  なかなかいい部屋、
  広い部屋だったよ
 
 
 ポチの部屋からの
  町の風景
 
 
 ホテルのロビー
 
 さて、未だ外も明るいので、ちょっと散歩に。それに、夕食をとる
和食のレストランも確認したく、外に出た。一応、和食のお店、いくつか
あることはインターネットで調べておいたので、その場所を確認することに。
ホテルのフロントで、町の地図は無いかと聞いたら、サンタフェの
Walking Mapをくれた。これには、建物の概観図や通りの名前が書いてあり
わかりやすかったよ。この地図を頼りに近くを歩いてみた。
 
 早速見つけた!
  SHOKO-CAFE
 
 
 もう1軒、近くにSakuraという和食レストランがあるはずで、ずいぶん
探したけど、見つからない。探しているうちに、ホテル近くに別の
和食レストランの名前が貼ってあるのを発見。
 
 Saisei、和食レストラン?
 
 このSaiseiを探したけど、見つからない・・・
 
 この狭い庭を囲んだ
  お店の中にあるはずだけど
  見つからなかった
  ここはSan Francisco Plaza
  と言うらしい

 
 
 あ、Sakuraがあった!
  でも、Closeしていた・・・
 
 結局、Saiseiも見つからず、今夜は、SHOKO-CAFEに行ったよ。
入ると、女性がカウンター席へ案内してくれた。現地のウエイターが注文を
取りに来たので、まずはビールを注文。地元のビールで美味しいものを
と言ったら、fat tireというのを出してくれた。FortColinsの地ビールで、
濃厚なビールだった。
 カウンターの奥には日本人の板前さんがいて、いろいろ話をしてくれた。
このお店は、New Mexicoで一番古いお寿司屋であること、自分の実家は
渋谷の近くだけど、日本で仕事を見つけるのは難しくこちらで働いていること、
明後日、日本へ一時戻ることなど。そうそう、魚はカリフォルニアとか、
築地から持ってきているんだって。やはり、築地の魚が一番美味しいらしい。
 料理は、野菜のてんぷら($5)、はまちカマ($8)、刺身($32)を注文。
それが一つ一つが大きなお皿にたっぷり乗ってきて、目の前に並んで・・・
隣の一人で食べてたおばさんに、ずいぶんお腹がすいてるようねって、
笑われた・・・
 冷酒ももちろん飲んだよ。375ml瓶のプレミアムセレクト純米酒が$15と
割安だったので、それを飲んだ。やはり、どこに行っても、冷酒に刺身、
美味しいねえ。
 いい気持になって、ふらふらとホテルへ戻って、すぐ寝た・・・
 
続き(3月13日)へ