サンタフェ出張記 3月18日(金)〜19日(土)
   サンタフェからアルバカーキまで
     星空を楽しむタクシー旅行
   ダラスフォートワース空港経由成田へ
 
 朝、3時半に目が覚めた。目覚ましの鳴る直前に。もちろん、外は未だ
真っ暗。すぐに、着替えをして、パジャマなどをトランクに入れ、出発の
準備をした。
 で、4時前に、部屋を出てフロントへ行き、チェックアウトを。
4時には全てが終わり、ホテルのロビーで待ってると、すぐ、タクシーの
運転手さんが来て、タクシーに乗り込んだ。
 未だ暗い町の中を走りぬけ、アルバカーキへのハイウエイに入った。
タクシーのメーターが動いていて、かなりの高額になりそうだったので、
料金を確認すると、$80の定額だ、とのこと、ホッとした。
 アルバカーキへ向かう車中から見た、空、星、綺麗だったよ!
2000mの高いところで、星が実に良く見えた。例のひしゃくの星座がはっきり
確認できた。ずーっと、空を見ながら、アルバカーキへ向かった。
 アルバカーキ空港には5時半ごろ着いた。チップ込みで$90払った。
 空港は結構にぎやかで、ポチはすぐアメリカンのチェックインの列に
並んだ。15分ぐらいでチェックインも終わり、身軽になったので、次は朝食、
搭乗口へ移動しながら、食事のできそうなところを探した。そうすると
搭乗口の近くにスターバックスがあったので、そこでサンドイッチとコーヒー、
それにフルーツサラダを買って、2階のテラス席でゆっくり食べたよ。
   
 空が少し明るくなってきた
  あ、空港のビルの明かりが
  写ってる
  
 早朝のアルバカーキ空港
 
 これがポチが乗る飛行機  
 
 明るくなってきた
 
 フライトは若干遅れて離陸した。そして、2時間弱のフライトで
ダラスフォートワースに着いた。ダラスフォートワース空港、相当前に
一度来たことはあるが、記憶はまったく無く、ターミナルの移動が
どうなのかちょっと不安だった。でも、着いてみると、TRAAINという
空港内の移動用のアメリカン航空専用のモノレール(?)が運行されて
いるようで、ホッとした。バスは面倒だし、トラブルも多いからね。
 
 TRAAIN乗降場へ  
 
 TRAAINのホーム
 
 以外に早く移動できたので、時間が余って、このTRAAINで、空港を
一周したよ。あ、全部ではなく、このTRAAINのルートを一周、だけどね。
 ここ、ダラスフォートワースから成田までは、JALの便は無く、AAの便を
利用した共同運航便だった。JALラウンジも使えなく残念。
 フライトはほぼ定刻どおり出発した。あ、アメリカン航空はやっぱりダメ!
お酒が飲めない!いや、お酒、アルコールが有料だった!仕方なく、
ソフトドリンクだけを沢山飲んだよ。つまんないフライトだった。これからは
JAL運行便に拘るぞ!
 映画は2本、観たよ。ちゃんと日本語で観ることができた。
1本目は「Raise Your Voice」。田舎の若い才能ある女の子が、都会の有名な
芸術学校に入ってねたみや友情や恋を経験するドラマ。楽しかった。
もう1本は、「Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events」。
両親が亡くなって、残された子供3人が親戚を転々としつつ怖い経験をする、
これは子供向きのアドベンチャードラマだったよ。
 フライトは予定通り成田に16時ごろ着いた。後はいつものように
リムジンバスとタクシーで自宅に帰り、この出張もThe End!
 
サンタフェ出張記のトップページへ