ワシントン出張記 9月17日(土)
   シカゴ経由、ワシントンへ
   映画は3本観たよ
    「モンスター・イン・ロウ」
    「トリプルX ザ・ネクストステージ」
    「ホステージ」
   夕食は、いつもの寿司太郎で

 ワシントンへはいつものようにシカゴ経由で、成田14:40発のJL004便を予約。
ということで、わりとゆっくり、家を出ることができた。品川10:50発の成田
エキスプレスだったので、家を10時過ぎに出たよ。そしてタクシーで品川へ
向かった。
 品川駅で成田エキスプレスを待ってると、自宅から電話が!何事かと思ったら
洗面道具が家にあるって!あちゃ〜忘れちゃった!まあ、歯ブラシは機内で入手
できるから、うーん、髭剃りだけは購入しておかないと・・・後はホテルで何とか
なりそう。その時、ふっと不安が・・・慌ててカバンを調べたら、そう、スリッパ
も忘れてる!機内で履くスリッパ、ホテルの室内で履くスリッパなど、いつも
使い捨てのスリッパを何足か持参するんだけど、それも忘れてる!いやあ、今回は
忘れ物が多い・・・他に致命的な忘れ物が無いといいんだけど。うーん、海外出張
慣れすぎて、今回は緊張感が足りなかったね、確かに・・・ん?呆けてきた証拠
だって?失礼な!
 成田空港について、JALカウンターでチェックイン後、海外の携帯電話を借り、
それから髭剃りを探した。髭剃り、家で使っているのが調子が悪くなってたので
この際良いものを買おうと探したけど、空港のお店にはやっぱり短期の旅行用品
しかなく、結局、電池式のコンパクトな髭剃りを購入した。
 それから、出国し、JGCラウンジへ。もちろん、ここで生ビールを飲んだよ。
それから、冷酒もね。お昼のお酒は効くねえ。あ、お腹がすいてたから、おにぎりも
食べた。もちろん、おにぎり、お茶の缶を現地での非常用にGET!
 フライトは予定通り出発した。フライト内では日本酒と白ワインを飲んだよ。
そして、「モンスター・イン・ロウ」、「トリプルX ザ・ネクストステージ」、
「ホステージ」の3本の映画を観た。
 「モンスター・イン・ロウ」のストーリーは・・・長い間、運命の出会いを
待ち望んでいたシャーロットは、ついに理想的な男性ケビンと出会い、恋に落ちる。
ある日、ケビンはシャーロットに母ビオラを紹介し、その目の前でプロポーズする。
表面上は二人を祝福するビオラだが、長年パーソナリティを務めたテレビ番組を
降ろされたばかりで、さらに大事な息子を奪われるとあって、度重なるストレスが
怒りに変わり……。ビオラは結婚を阻止すべく、シャーロットを徹底的にいじめる
決意をする。その将来の嫁・姑の壮絶なバトルの物語のコメディ。
 「トリプルX ザ・ネクストステージ」のストーリーは・・・国家安全保障局の
エージェントであるギボンズは、政府内の少数急進派による大統領暗殺計画を阻止
するために、軍事経験が豊富で情報通の囚人ストーンに捜査への協力を求める。
このストーンと急進派との攻防を描いたアクション映画。
 「ホステージ」のストーリーは・・・ある会計士の豪邸に、3人の若者が子供を
人質にして立てこもった。元ロス市警の敏腕交渉人で、任務に失敗してこの町の
警察署長に左遷されてきたタリーが現場の指揮を執ることになる。その会計士が
所有する情報を入手したい別のグループが、署長の家族を人質にとり、その情報の
入手を要求する。この署長と、子供を人質に立てこもった若者グループと、家族を
人質に取った別のグループとの攻防を描いた、サスペンス・アクション。
 映画、3本、どれも大作、というわけではなかったけど、楽しめた。
 フライトは予定通りシカゴに到着。そこで米国入国手続きを。いつものように
両手の人差し指の指紋と顔写真を取られた。そして、預けていた荷物を受け取り
税関検査へ。税関検査は、いつもは何も申告なし、ということで、すぐに通して
くれるんだけど、今回はトランクの中を見せろって、言われた・・・面倒だけど
ちゃんとトランクのベルトをはずし、鍵を開けて、中を見せた。調べてたけど
特に問題は無かった。でも、どうして?疑われた、とも思えないし。まあ、多分
ポチが一番初めに税関検査の所に行ったし、係りの人は暇そうで退屈してたから
じゃないかな?今度から、タイミングを考えないと・・・
 で、荷物をまたアメリカン航空のチェックインカウンターで預け、身軽になって
トラムに乗って、国際線ターミナル(5)からアメリカン航空のターミナル(3)へ
移動した。
 ポチが乗るフライトのゲートの待合室で1時間くらい時間があった。で、予定通り
フライトは出発、約2時間でワシントンのナショナル空港に到着した。着いたのは
現地時刻で16時半くらいだった。で、すぐにタクシーで、Emabassy Suites Hotelへ
向かった。夕方5時過ぎにはホテルに着いたよ。
 そして、部屋に入って、髭をそって、すぐ夕食に出かけた。行き先は寿司太郎。
ワシントン出張の時は何時も一度は訪れる居酒屋なんだ。今回のホテルの近く
だったので、今回は初日に寿司太郎に行くことに。
 近くと言っても、デュポンサークルを中心に、その反対側だったので、
結構歩いた。
 お店に着くと、もうお店は満席状態で、何組かのお客さんが待ってた。
ポチも待たされるかな、と思ったけど、一人だったので、すぐカウンターの席へ。
ラッキーだった。
 で、まず、久しぶりのワシントンを祝し、ビールで乾杯!アサヒスーパードライ
($7.25)だった。おつまみとして、モツ煮込み($5.50)、秋刀魚の塩焼き($6.75)、
酢の物($7.00)を注文した。そして、冷酒、松竹梅(1oz、$6.50)を飲んだ。
みんな美味しかったよ。あ、モツ煮込みは、結構スープが多く、味噌汁代わりにも
なってよかった。
 隣の日本人のおじさん2人組が声をかけてきた。ポチがワシントンに長いと
思ったらしいけど、いや、さっき着いたばかりだと言ったら、初日から和食ですか
と少々呆れてた。
 
 寿司太郎
 
 ほろ酔い気分で、ホテルへ歩いて帰って、早々に寝たよ。
 
続き(9月18日)へ