ワシントン出張記 9月22日(木)
  今日は午後から観光
   ワシントンハーバー、George Townの運河
  昼食は、George TownのChopSticks(はし)で
  夕食は、デュポンサークル近くの
   UNIという居酒屋で
  そして、ケネディセンターでコンサートを
  
 今日もホテルで朝食を取り、地下鉄でコンファランスの会場へ。
で、コンファランスはお昼までだったので、一旦ホテルに戻り、
ツーリストの服装に着替え、観光に出かけた。
 今日はどこに行こうか迷ったけど、Georgetown Guideという
パンフレットがホテルにあって、地下鉄のFoggy Bottom駅の近くから
ワシントンハーバーへ行く$1バスがあることが書いてあったので、
そのバスでワシントンハーバーに行ってみることに。このバスは
乗ったことが無かったので。
 このバスの乗り場はすぐわかったよ。Foggy Bottom駅のすぐそばだった。
乗り込むと、おばさんが沢山乗ってた。観光や買い物に行くんだろうね。
 ワシントンハーバーは最初のバス停だった。みんなは、ウイスコンシン
アベニューまで行くのか、降りたのはポチ一人だった。
 
 ワシントンハーバーの
  入り口の所の
  ショップ街
 
 ワシントンハーバーの
  中心にあるサークル

 
 
 ワシントンハーバーの
  川沿いの板張りの通り
 
 このワシントンハーバーから出ているポトマック川遊覧船に乗ろうかと
思ったけど、待ち時間が40分ぐらいあったし、乗ったこともあったので
やめて、George Townの中心街へ行って、運河の辺りを散策することに。
歩いて、10分くらいだったかな、着いたよ。
 
 奥の方にウイスコンシン通り
  横に通っているが
  Mストリート
 
 Mストリートの街並み
  綺麗な花で
  飾られていた
 
 
 そして、そのMストリートに
  並行して流れている
  運河沿いの通りを歩いた
 
 
 で、また、先ほどのウイスコンシン通りとMストリートの交差点近くを
歩いていると、ChopSticks(はし)という和食屋さんを発見。いや、この
お店があることは前から知ってたけど、入ったことは無かった。今日は
お昼はもう食べなくていいかなと思ったけど、このお店の料理、試してみたく
入っちゃった。
 ずいぶん歩いたので、喉も渇いていたので、まずビールを頼んだ。
あ、アサヒスーパードライの小瓶($4.10)を飲んだよ。いやあ、美味しかった!
そして、このお店にはランチボックスが何種類かあったけど、一番高い、
天ぷらも入っているランチボックス($16.60)を注文した。このランチボックス
には刺身もついてるし、ホントに和の料理が少しずつだけど沢山ついてたよ。
美味しかった!特にらっきょが美味しかった!ウエイトレスはアメリカ人
だったけど、料理人は日本人だった。
 
 ChopSticks(はし)
 
 で、せっかくだから、運河の観光船に乗ってみようかと、乗り場に
行ってみたら、待ち時間が1時間以上、諦めたよ。
 
 運河の観光船が停泊していた
 
 これでGeorge Townの散策を終え、ワシントンハーバーへ戻った。
 
 ポトマック川沿いの通り
 
 ここから、どうやって帰ろうかと思った。一つは、行きに使ったバスに
乗ること、でも、それじゃつまんないから、歩いてケネディセンター
の方に行き、ケネディセンターから出る無料のバスでFoggy Bottom駅へ
行くことにして、歩き始めた。この無料のバスは、以前、ケネディセンター
のコンサートに来た時に乗ったことがあるんだ。
 
 ポトマック川沿いに
  ケネディセンターへ歩いた
 
 
 そして到着
  ケネディセンターの内部
 
 で、せっかく、ケネディセンターに来たのだから、コンサートの
チケットが無いかなあと、かすかな期待を持って、まずはコンサートの
スケジュールを確認したら、今夜のコンサートでItzhak Perlmanという
有名なバイオリニストが演奏するバイオリンコンツエルトがあることが
わかった。そこで、今度はチケット売り場でチケットの有無を確認したら
何と、あったよ!そこで早速買おうと・・・
 1階の中央座席辺りには、通路側の席はもう無く、座席の並びの
中央辺りしかなかった。そのような席は、周りの人に気を遣いながら
出たり入ったりしなければならないから、できれば通路側の席がいいので
2階でも3階でもいいから、通路側の席が無いかと聞いたら、足を
延ばしたいのかって聞かれたので、Yesと答えると、探してくれて、
1階のボックス席がある、ここは足が延ばせると言ってくれた。値段を
聞いたら$68と、そんなに高くなかったので、それを購入した。いやあ、
それにしてもラッキーだった!意外と当日券はあるのかもね。
 そして、例のバスに乗って、地下鉄のFoggy Bottom駅まで行って、
そこからホテルへ歩いて戻った。
 ホテルで一服して、さあ、コンサートの前に夕食を、ということに。
少し早いけど、4時30分過ぎに、デュポンサークルの近くのUNIという
居酒屋に行ってみることに。このお店、何となく心配だったけど、
今日はコンサートが控え、遠くには行けないので、近くのこのお店に
したんだ。まだ行ったことが無かったから、新しいお店にチャレンジも
したくて。
 UNIに着いたのは4時50分、お店やってるかな、と心配だったけど、
入ってみたらOKだった。でも、お客さんはポチ一人。
 ここで、刺身セレクション($21.95)というのがあったので、もうそれを
注文したよ。それには、うに、はまちが3切れ、赤身が3切れ、生えびが2個、
サーモンが3切れ、白身魚が3切れ(これはホワイトツナかな?)、それに
貝が2切れ、載ってて、ご飯もついてた。もう、これで夕食はいいかな、
ということで。でも、この美味しそうなお刺身、やはり冷酒が欲しく、
秋田の地酒・なまはげ($8.5)があったので、頼んだよ。名前が気になったけど
でも美味しかった!特にお店の名前でこだわりがあるのか、うにが美味しかった。
  
 UNI  
 
 で、5時15分ごろには夕食も終わり、ちょっと早かったので、一旦、
ホテルへ戻った。というのも、ホテルでは5時から7時まで、無料で
飲み物やおつまみのサービスがあり、それを一度も利用していなかったので
今日こそどんなサービスか確認したかったんだ。
 戻った時は、朝食を取ってる場所で結構な人がそれを楽しんでたよ。
ポチも早速飲み物をもらう列に並んだ。で、ビールをもらったよ。
あ、無料と言っても、皆さんチップをあげていたので、ポチもチップを
渡したので、うーん、あまり変わらなかったなあ。おつまみは辛い、
いわゆるビールのおつまみみたいなものだった。とりあえず、ビール一杯
飲んでつまみを食べて、すぐにホテルを出て、地下鉄のFoggy Bottom駅へ
行った。
 着いた時には、駅前にケネディセンター行きの無料バスが停まっていたので
すぐ乗った。席が空いてて、座れてよかった。ポチが乗った後、どどっと
人が乗ってきて、すぐ一杯に。で、バスは出発。6時20分ごろ、ケネディセンター
に着いたよ。
 
 ケネディセンターの
  テラス
  ここで時間調整をした
 
 
 ケネディセンターの
  テラスから
  ワシントンハーバーを
 
 6時半過ぎにコンサートホールへの入場が始まり、ポチもホールへ入った。
ポチの席は、1階のステージに向かった左手の一番前のボックスにあり
各ボックスには5〜6人の席があった。その席は、普通の椅子なので、
自由の方向や、ある程度位置を変えることができたので、やはり楽だった。
 1階の客席を見渡すことができる席だったけど、結構、日本人らしき人も
多かった。
 このコンサートの曲目は、Weberの「Overture to Oberon」、
Vaughan Williamsの「Five Variants on "Dives and Lazarus"」、
Barberの「Concerto for Violin and Orchestra, Op.14」、
Tchaikovskyの「Symphony No.4 in F minor, Op.36」だった。知っている曲も
多く、また綺麗なメロディの曲が多く、楽しかった。それに、Itzhak Perlman
のバイオリンは、綺麗な音色で、さすがにうまい!彼は、義足なんだね。
歩くのが大変そう。苦労をしてステージの中央に出てきて、椅子に座っての
演奏だった。でも、お客さんの拍手には、何度も舞台裏から出てきて、応えて
くれた。
 コンサートが終わると、いつもの無料バスでFoggy Bottom駅に行き、
そこから歩いてホテルへ戻った。夜の9時半ごろホテルに着いたよ。
 そして、明日、出発なので、荷物をまとめて寝た。
 
続き(9月23日〜24日)へ