ワシントン、サンフランシスコ、サンノゼ出張記

3月5日(日)
   機内では3本の映画を観たよ
     「ハリーポッターと炎のゴブレット」
     「ロード・オブ・ザ・リング」
     「レジェンド・オブ・ゾロ」
   ニューヨークでの乗り換え時にトラブル・・・
   ホテルは前回と同じ、
     Hilton Alexandria Old Town
   夕食は「Flying Fish」で、
     お刺身や牛ポン酢を熱燗で楽しんだ
 
 成田発12時のJAL6便で、まずニューヨークへ向かった。もちろん、JGCラウンジで
日本酒を飲んで、いい気持になって搭乗。このフライトは満席だったよ。エコノミーの席、
狭かったなあ。しかもインターネットサービスも無かった!使用機材の関係でできない
んだって。それって困るよねえ。インターネットが使えるから、この便を選んだのに・・・
こうなったら飲むしかないと、機内でも日本酒を飲んだよ、2合。
 で、やることも無いので、映画を観た。あ、このフライトの映画は面白いものが
多かった。観たのは、「ハリーポッターと炎のゴブレット」、「ロード・オブ・ザ・リング」、
「レジェンド・オブ・ゾロ」の3本。観たかった映画が多くて助かったよ。
 ニューヨークに到着し、入国手続きが終わった後、さあ、ワシントンのナショナル空港へ
向かおうと、スーツケースのりチェックインをアメリカン航空のカウンターでお願いしたら、
ポチのチケットを見て、このワシントンへのフライトはここJFK空港ではなくラガーディア空港
からだって!ひゃ〜、ツーリストもそんなチケットをよく手配するかなあ。がっくり。
 仕方なく、スーツケースを引きながらタクシー乗り場を探したよ。で、きょろきょろしてると、
係りの人みたいな人が寄ってきて、車はあっちにあるって言ってくれてついて行ってたら
駐車場の方へ・・・いや、タクシーに乗りたいんだ、って言うと、今日はタクシー会社が
ストで大変なんだ、乗りなさい、と。まあ、ストなら仕方が無いかあ、と乗り込んだ。で、
ラガーディア空港までいくらかかるんだって聞いたら、$30って。あ、そう高くないから
いいかと思ってたら、そのうち、ワンゾーンが$30なんてことを言い出して・・・
で、ラガーディアまで何ゾーンあるんだって聞いたら、4ゾーン、いや5ゾーンかなって。
あ、こりゃダメだと思って、全体として$30しか払わない、それでいいかと、主張。
ドライバーは、ここに公式の料金表がある、見てくれ、ワンゾーン$30なんだと。
ちらっとみたら、ラガーディア空港まで$180なんて料金が見えた。
 このヤミタクシー、実は20年以上も前に一度引っかかったことがあることを
思い出した・・・あの時は知らずに乗って・・・乗換え時間も少ないからということで
エクスプレスでの走行、ということで特急料金も加算され、着いた時に確かに
$250位要求されたよ。でも、そのときも明らかに高すぎるので、いや、$100しか
払わないと主張、埒が明かないので空港の事務所で話をしようと、強引に振り切って
歩き始めたら、$100相手も妥協したよ。そのときはドライバーの他にもう一人乗って
いたので、あまり抵抗すると命が危ないかなと気にしたけど無事だった。それにしても
高かったよ。初めてのニューヨークでの乗り換え時のトラブルだった。
 今回も、公式の料金表、立派な小冊子を見せられて、あ、同じ手口だと確信したよ。
そして、総額として$30しか払わないと強く主張したよ。そうしたら、わかった、
元のところに戻るって言って、乗ったところまで戻ってくれた。
 で、その車を降りて、スーツケースを引いて、空港ビルへ戻った。でも、もしタクシー
会社がストだったらどうやってラガーディア空港まで行こうかと考えつつ歩いていたら
タクシー乗り場を発見、そこにタクシーがずらっと並んでた・・・あのやろう、嘘を
つきやがったなって・・・
 すぐにタクシーに乗って、ラガーディア空港に向かった。そう、時間的には30分から
40分くらい、料金は$35位だった。危うく$150位取られる所だった。危ない危ない。
 しかし、このような怪しげなドライバーがどうどうと旅行客を誘っても、空港の職員も
タクシー乗り場の係りの人も取り締まろうという姿勢は全く無いね。それも、旅行客の
自己責任で、ということなんだろうね。ひっかかる方も悪い、ということなんだろうね。
 まあ、とにかく今回は、ラガーディア空港への移動が必要、ということに、その場で
初めて気がついて少々慌ててタクシーを捜したので、その隙をつかれたみたいね。
でも、何とか回避できたよ。
 ワシントン・ナショナル空港からは、タクシーでHilton Alexandria Old Townへ。
ホテルに着いたのは15時くらいだった。このホテルでは部屋で無線LANが有料で
使えるんだ。早速申し込もうとしたら、ポチが使ってるいつものクレジットカードを
受け付けてくれない・・・何度やっても、リジェクトされる。仕方が無いので、他の
クレジットカード2枚でもトライしたけどダメだった。ホテルのフロントに話をしたら、
ビジネスセンターでフロントの人(若い女性)が申し込みのサポートをしてくれた。
それでも、申し込め無い・・・どうも、相手のシステムの問題らしい。しかし、ネットが
使えないので困ると言ったら、フロントの人が、プリペイドカードがあるので、それで
申し込めばよい、プリペイドカードの費用は部屋にチャージできるから、ということ
だった。で、そのプリペイドカードをもらって、それで申し込んだら、受け付けてくれて
ネットが使えるようになったよ。よかったあ。
 しばらく部屋で荷物を片付けたりネットでメール等をチェックした。そして、薄暗く
なってきたので、夕食に出かけることに。まず、ホテルのフロントで近くの日本食の
レストラン一覧などをもらった。で、前回閉まってて入れなかった日本食レストラン
「古都」について聞いたら、あまり美味しそうじゃないような話だった。じゃあ、お勧めは
と聞いたら、「Flying Fish」というレストランがいい、ということだった。あ、教えてくれた
のは、先ほどネット接続のサポートをしてくれた若い女性だった。何度か日本に行った
ことがあるらしい。
 ということで、今夜はその「Flying Fish」に行くことにした。そのお店は、Alexsandriaの
メインストリートであるKing Street沿いにあった。結構歩いて、ホテルからはずい分
遠かったよ。あ、でも、古都よりは近かった。そう、10分弱、歩いたかな。
 「Flying Fish」は、お寿司、シーフードのお店だった。日本酒もいろいろあったよ。
それにカラオケまであるとのことだった。まず、熱燗の大($7.95)を牛ポン酢($11.95)、
刺身サンプラー($8.5)で楽しんだよ。それから、食事を取ろうと、はまちロールと、
ソフトシェルクラブロールを注文した。ところが、ソフトシェルクラブが無いということで
カリフォルニアロールに変えた。これでお腹一杯になって、お店を出た。あっ!今、
レシートを見ると、ソフトシェルクラブロールが請求されてる!$6.5、損した!今日は
危ない場面を何とか乗り切ってきたけど、ここにきて、損をした!
 
 「Flying Fish DSCF3395.jpg
 店内
  未だ早く、この部屋には
  お客さんは居なかった
  カウンターに何人か居た
DSCF3396.jpg
 
 その日は損をしたことに気がつかず、いい気持でふらふらとKing Streetを
歩いてホテルへ戻ったよ。
 
続き(3月6日)へ