ワシントン、サンフランシスコ、サンノゼ出張記

3月6日(日)
  今日は一日中、お仕事
  夕食は「The Wharf」で、ロブスターを!
 
 今日は終日仕事の日、起きたらまずホテルで朝食を取り、かなり早い時間に
ホテルを出発した。打合せ場所には地下鉄で向かった。
 
 早朝の地下鉄の
  King Street駅のホームから
  King Street(川側)を望む
  左手にポチの泊まってる
  Hiltonホテルが見える
DSCF3397.jpg
 ホームから
  King Streetの反対側を望む
  正面の建物は
  ワシントン記念石塔
DSCF3398.jpg
 
 仕事が終わって、ホテルに戻ってきたのは、もう夕方だったよ。
すぐに荷物を置いて、夕食に出かけた。今日は、ホテルのフロントの人には
評判の悪い日本料理屋の「KOTO」へ行ってみることに。まあ、評判が悪くても、
一度は試しておきたいと思って。
 「KOTO」も、King Street沿いに有り、昨夜の「Flying Fish」よりももっとポトマック川
の近くにあった。前回は雪が降る中、入り口は真っ暗で、鍵も閉まってた。でも、
今日は「KOTO」のメニューには明かりがついてて、今日は開いてるんだと、ホッと。
ところが、そのビルのドアは鍵が閉まってた・・・中をのぞくと、レストランは確認
できたけど、明かりはついていなかった・・・結局、今日もダメみたいね。
  
 「KOTO」レストラン DSCF3399.jpg
 
 仕方なく、近くのシーフードレストランでもと思って探していると、「KOTO」より
少し先に、「The Wharf」というシーフードレストランがあった。この名前はホテルで
もらったレストラン一覧表にもあったので、入ってみることに。あ、それに、入り口
にあったメニューにロブスターがあったので。
 お店に入って聞いたら、確かにロブスターがあった。メニューには時価、と書いて
あったので、値段を聞いてみると、1ポンド$25、ということだった。調理はsteamed
であることを確認して、注文したよ。大きなものはいらないから、と言って、1ポンド
程度のものをお願いした。それに、地ビールとメリーランドスタイルスープというのが
あったので、それを注文したよ。あ、ロブスターは1.25ポンドだけど、それでいいか
と聞いてきたので、OKと。
 このロブスター、美味しかったよ。ぷりぷりの身で、ホントに美味しかった。
ちょっと小さかったかなとも思ったけど、まあ、パンも付いてたし、スープも結構
ボリュームがあり、夕食としてはちょうどいい量だった。
 
 「The Wharf DSCF3400.jpg
 
 昨夜と同じように、King Streetをふらふらと歩いて、ホテルへ戻ったよ。
 
続き(3月7日)へ