ワシントン、サンフランシスコ、サンノゼ出張記

3月8日(水)
  ワシントン・ダレス空港からサンフランへ
  ホテルは
    Hilton San Francisco Fisherman's Wharf
  夕食は寿司バー「Atami」で
    熱燗に酢の物サラダ、イカ丸焼き、餃子
        それにビーフ照り焼きのセットを
 
 今日は、移動日、サンフランへ。あ、ワシントンからサンフランへの直行便は
近くのナショナル空港からは無く、ダレス空港から、ということで、タクシーで
ダレス空港へ行った。結構時間もお金もかかった。チップ込みで$80だった。
UAの直行便じゃなくても良かったのに、とも思ったけど、後の祭り、でした。
 
 ダレス空港の
   チェックインカウンター
DSCF3451.jpg
 ダレス空港ビルのタクシー乗り場 DSCF3452.jpg
 
 ダレスをお昼ごろ発ち、サンフランまで6時間のフライト、但し、時差が−3時間
あるので、サンフラン空港に着いたのは午後3時過ぎ、すぐタクシーでホテルに向かい
ホテルには夕方の4時ごろ着いたよ。あ、このサンフランの両替所で、$500の
トラベラーズチェックの現金化に成功!2%のコミッションを取られたけど、現金化
できて助かった。
 ホテルは3階建てで、何となくリゾート地のホテルって感じだった。観光目的の
宿泊客が多いみたいだったね、近くにFisherman's Wharfがあるからね。ポチは、
ホントは市の中央のあたりが良かったんだけど、ホテル代の関係で、リゾート地の
ホテルになったんだ。
 ここで5泊するので、衣類を引き出しなどに収納したよ。そして、いよいよ、夕食の
時間に。今日は遠出はやめ、近くの、しかし、日本酒が飲める和食のお店、という
ことで、ホテルでもらった資料で探したら、Lombard Streetの少し先に和食屋が
あったので、そこを目標にホテルを出発した。
 あ、Lombard Streetは、例のくねくねした坂で有名な通りなので、そこを通って
お店を探すことにした。ポチのホテルのところから3ブロックでLombard Streetに
出ることができた。上りの坂道だからちょっときつかったけどね。
 
 Lombard Streetの脇の歩道
  あ、車が下りてきてる
  花は未だちょっと早いみたいね
  花が咲いてる季節、
   ここは綺麗だよ
DSCF3453.jpg
 この坂の両側には
  立派な建物が並んでた
DSCF3454.jpg
 上から見下ろすと
  こんな感じです
DSCF3455.jpg
 Hyde Street
  Lombard Streetを
  登った所で交差する通り
  海が見えるね
DSCF3456.jpg
 今、上ってきた坂
  遠くの丘の上に
  コイトタワーが見える
DSCF3457.jpg
 
 もう、このころから夕暮れで暗くなってきたので、お店へ急いだよ。ところが、
何ブロック歩いても着きそうも無い・・・番地からすると、あと10ブロック以上、
歩かなきゃいけない感じ・・・1ブロックというのが結構歩くんだよねえ。もっと近い
と思ったのに。しかも、雨が降り出して、傘を持ってきてなかったので、一旦撤退
かとも思ったけど、前進有るのみと、歩き続けた。で、Van Ness Ave.から三つめの
ブロックに、別の和食のお店を発見!うーん、初志貫徹か、妥協か、迷ったけど、
お腹も空いてるし、雨も降ってるし、メニューを見ると、日本の居酒屋メニューの
ようで、ま、いいか、ということに。
 入ってみると、日本人は居なかった。おや、はずれかなと思ったけど、ま、
覚悟を決めて席に座った。そして、まず松竹梅の熱燗の大(2合弱:$5.75)を
頼んだよ。ちょっと寒かったので。そして、酢の物サラダ($7.5)、イカ丸焼き
(8.95)、餃子(4.75)を注文した。いやあ、意外に美味しくて、熱燗の大をお代わり
したよ。あ、最後にビーフ照り焼きのセット($14.95)を食べたよ。食べすぎだね。
  
 「Atami」 DSCF3458.jpg DSCF3459.jpg
DSCF3460.jpg DSCF3461.jpg
 
 かなりいい気持になって、帰りはLombard Streetは坂が多いので、ホテルのある
Bay Streetへ出て、そこをずーっと歩いてホテルへ戻った。10分以上かかったかな。
もうかなり暗く、人通りも少ないけど、不安ということは無かったね。いい気持になって
なぜか、植木等のスーダラ節を歌いながら歩いたよ。
 で、ホテルに着いたらダウン・・・
 
続き(3月9日)へ