ワシントン、サンフランシスコ、サンノゼ出張記

3月9日(木)
  Lombard Streetの坂経由Fisherman's Wharfへ
  ゴールデン・ゲート・ブリッジを観る
    サンフランシスコ湾クルーズに参加
  アルカトラズ島のツアーにも参加
  夕食は、Fisherman's Grottoで、
    カニ、クラムチャウダーにビール!
 
 さて、サンフランでのこれからの4日間(木・金・土・日)は、打合せは無く、その後の
サンノゼでの打ち合わせの準備作業のみ、ということで、時間は自由になるので
早速市内散策へ。そうそう、まずはホテルのレストランで朝食を取ったよ。
ポチはHiltonの会員なので、Cold Foodなら無料で食べられる、ということだったので、
ジュース、コーヒー、パン、ハム、果物、ヨーグルトを食べた。あ、無料といっても、
チップは現金で払わなきゃいけなかったけどね。このレストランには、日本の個性的
な役者、えーっと、あ、斉藤洋介さん、わかるかなあ・・・に似た人がいて、毎日、
日本語で「お早うございます」と声をかけてくれたよ。話せる日本語はそれだけだった
けどね。
 さあ、久しぶりのサンフラン、どこから行こうか迷ったけど、まずは昨日歩いた
Lombard Streetをもう一度明るい時に歩いてみようと。それから、Fisherman's Wharf
の方へ歩いていってみることにして、出発した。
 
 Lombard Streetへ向かう途中の
  Jones Streetを上ってると
  赤い葉っぱの木があった
DSCF3462.jpg DSCF3465.jpg
 
 そして、Lombard Streetにぶつかると、昨日と同じように右に曲がり、昨日の
例のくねくねした坂道へ向かった。
 
 途中にこんな
    花と実(つぼみ?)
  をつけた木もあった
DSCF3463.jpg DSCF3464.jpg
 こんな花も DSCF3466.jpg
 坂の途中に学校もあった DSCF3467.jpg
 道端にはこんな花も咲いてた DSCF3468.jpg
 そして有名なLombard Streetの
  くねくねした坂道に到着
  車が何台か下りてきてた
DSCF3469.jpg
 そのくねくねした坂道の
  歩道というか階段道の
  隅にこんな花も咲いてた
(1枚目はフラッシュ付きの写真)
DSCF3470.jpg DSCF3471.jpg
 坂道の両側は高級住宅のようで
  その庭、壁際には
  いろんな花が咲いていたよ
DSCF3472.jpg
 こんな実のなってる木もあった DSCF3473.jpg
 こんな花も DSCF3474.jpg DSCF3475.jpg
 車が慎重に下りてきた DSCF3476.jpg
 こんな花も
  ちょっと光が入ったけど
DSCF3477.jpg
 くねくねした坂道を上ると
  Hyde Streetを走る
  ケーブルカーが
  ちょうど停まってた
DSCF3478.jpg
 Hyde Streetから
  今上ってきた
  Lombard Streetを望む
DSCF3479.jpg
 Hyde Street.の
  サンフランシスコ湾側の風景
DSCF3480.jpg
 あ、この島が
  今日、あとで行くことになった
  アルカトラズ島
DSCF3481.jpg
 
 そして、今度はこのHyde Streetを歩いて、サンフランシスコ湾岸に向かった。
 
 Hyde Streetの坂の途中から
  サンフランシスコ湾を
DSCF3482.jpg
 かなり坂を下りてから
  サンフランシスコ湾を
  正面の2艘の船の
  あるところが
  Hyde Street Pier
DSCF3483.jpg
 Hyde StreetとBeach Street
  が交差する辺りに
  ケーブルカーの駅があった
  ここからPowell Streetまでが
  Powell-Hyde Cable Car Line
DSCF3486.jpg DSCF3487.jpg
 そのケーブルカーの駅広場の
  まわりは公園になってて
  いろんな花が咲いていたよ
DSCF3484.jpg DSCF3485.jpg
DSCF3488.jpg DSCF3489.jpg
DSCF3491.jpg DSCF3492.jpg
 Hyde StreetとJefferson Street
  の交差点から
  Hide Street Pierの方を
DSCF3493.jpg
 
 何人か、Hyde Street Pierに向かっていたので、ポチも行ってみることに。
 
 あ、紐の結び方の説明、かな? DSCF3494.jpg
 この鳥の名前は?
  沢山、群れを成して
  飛んでいたよ
DSCF3495.jpg DSCF3496.jpg
 Hyde Street Pierの入り口
  結局、入らなかったけどね
DSCF3497.jpg
 Hyde Street Pier辺りの海岸 DSCF3498.jpg
 Hyde Street Pierの入り口から
  Hyde Streetを望む
DSCF3499.jpg
 Jefferson Street DSCF3500.jpg
 Jefferson Streetの路面電車 DSCF3501.jpg DSCF3502.jpg
 港には船がぎっしり DSCF3503.jpg
 あ、やっと見慣れた
  Fisherman's Wharfへ
DSCF3505.jpg DSCF3504.jpg
 アルカトラズ島が良く見えたよ DSCF3507.jpg
 あ、かもめ DSCF3506.jpg DSCF3508.jpg
 
 ここで、船でサンフランシスコ湾を楽しむことに。ゴールデン・ゲートを船で楽しむ
1時間のクルーズ($21)のチケットを購入した。
 あ、Pierの番号は43 1/2だって。分数を使ってPier番号を細分化するんだねえ。
但し、1/4とか3/4というのは未だ無かった。
 
 Pier 43 1/2の
  この会社のクルーズの
  チケットを購入
DSCF3509.jpg
 これがポチが乗る船 DSCF3510.jpg
 さあ、出発
  まずは潜水艦の説明があった
  このクルーズでは
  ヘッドフォンでの説明があり
  日本語のチャンネルもあった
DSCF3511.jpg
 船から、港を方を DSCF3512.jpg
 アルカトラズ島がよく見えた DSCF3513.jpg
 海上から見た
  サンフランの街
DSCF3514.jpg DSCF3515.jpg
 かもめが船を追ってきた DSCF3516.jpg
 サンフランの街が遠くに DSCF3517.jpg
 ゴールデン・ゲート・ブリッジ
  が近くなってきた
DSCF3518.jpg
 ゴールデン・ゲート・ブリッジ
  の下を通ると船はすぐに反転し
  街のほうへ戻っていった
DSCF3519.jpg DSCF3520.jpg DSCF3521.jpg
DSCF3522.jpg DSCF3523.jpg
 遠くに見えるサンフランの街 DSCF3524.jpg
DSCF3526.jpg DSCF3527.jpg
 ここは対岸の
  サウサリートという街
DSCF3525.jpg
 ゴールデン・ゲート・ブリッジ
  が遠くになった
DSCF3528.jpg
 サンフランの街 DSCF3529.jpg
 
 この船は、アルカトラズ島をぐるっと周って港に戻って行ったよ。
 
 アルカトラズ島 DSCF3530.jpg DSCF3531.jpg
DSCF3532.jpg
 島の近くを船は通ってくれた DSCF3533.jpg DSCF3534.jpg
DSCF3535.jpg DSCF3536.jpg
 それらしき建物も見えた DSCF3537.jpg DSCF3538.jpg
 アルカトラズ島に
  上陸するツアーの船だね
DSCF3539.jpg DSCF3541.jpg
 遠くに見えるサンフランの街 DSCF3540.jpg
 ベイ・ブリッジ
  ヤーバ・ブエナ島で二つの
  構造の違う橋で構成
  左がバークレー側の橋
  右がサンフラン側の橋
DSCF3542.jpg DSCF3543.jpg
 アルカトラズ島をあとにして DSCF3544.jpg DSCF3545.jpg
 さあ、戻ってきたぞ DSCF3546.jpg DSCF3547.jpg
 
 これで湾内クルーズは終わり。
 
 Pier 43 Ferry Archって
   何だろう?
DSCF3548.jpg
 更にFisherman's Wharfを
  歩いていくと、
  アルカトラズ島
  への船が出ているところに
DSCF3549.jpg
 で、また乗ることに・・・
  チケットは$16だったよ
  丁度、出発の時刻だった
DSCF3550.jpg
 さあ、アルカトラズ島に着いた DSCF3551.jpg
 島の高い所に灯台が見えた DSCF3552.jpg
 ポチが乗ってきた船 DSCF3553.jpg
 この島は政府管轄下にあり
  職員の人がこの島や
  島内でのルールを説明
DSCF3554.jpg
 説明を聞かないで
  早速散策を始めている人
  もいた
DSCF3555.jpg
 説明が終わると
  ぞろぞろ坂を上がって行った
DSCF3556.jpg
 ポチの後にも
  沢山の人が上ってきてた
DSCF3557.jpg
 
 で、監獄の建物内に入った。この建物内のツアーでも、ヘッドフォンでの説明があり、
日本語もあったよ。
 
 ここは、囚人との面会の部屋 DSCF3558.jpg
 監獄は3階建て DSCF3559.jpg
 部屋は3畳程度か
  ベッド、トイレ、洗面所
  だけだった
DSCF3560.jpg DSCF3561.jpg
 窓は全て鉄格子付き
  あたりまえか
DSCF3562.jpg DSCF3563.jpg
 ベッドが取り外されている部屋 DSCF3564.jpg
 みんな、自分が部屋の入って
  格子越しの姿を
  写真に撮ってもらってたよ
DSCF3566.jpg
 この監獄に収容されていた
  有名な囚人の写真があった
  アルカポネもいたね
DSCF3567.jpg DSCF3568.jpg
 うーん、逃げられそうも無い・・・
  ここから脱獄に成功した人は
  いないみたいね
DSCF3569.jpg
 囚人の一般的な持ち物が
  部屋に置いてあった
DSCF3570.jpg
 2階の格子の外側は
  通路になってて、
  看守がガンを持って
  見張ってたらしい
DSCF3571.jpg DSCF3572.jpg
 ここは囚人の食堂だった所 DSCF3573.jpg
 調理器具が盗まれたら
  すぐわかるよう
  器具の形の収納ケースが
  用意されていた 
DSCF3574.jpg
 ここは、何だったかな? DSCF3575.jpg
 建物のドアも頑丈そうだった DSCF3576.jpg
 あ、ちらっと外が見えた DSCF3577.jpg
 Dブロックは独房らしい
  1階奥の6個の部屋の
  扉は格子じゃない!
DSCF3578.jpg
 内部は同じだね DSCF3579.jpg DSCF3581.jpg
 独房の説明があった DSCF3580.jpg
 1階奥の6個の部屋は
  特に問題の多い囚人用らしい
  ドアを閉めると真っ暗に
  なるとのこと
DSCF3582.jpg
 脱獄事件の説明 DSCF3583.jpg
 あ、囚人の人形が
  置いてあった
  びっくりしたよ
DSCF3584.jpg
 脱獄の試みのあと
  スプーンでコンクリの壁を
  削って、穴を広くし
  逃げようとしたみたいね
DSCF3587.jpg
 あ、ここが囚人側の面会の場 DSCF3588.jpg
 こちらが面会者側の部屋 DSCF3590.jpg
 
 さあ、これで、監獄の建物ツアーを終わりにし、外に出た。まぶしかったなあ。
 
 ここが、監獄ツアーの出口 DSCF3596.jpg
 遠くにサンフランが見えた DSCF3591.jpg DSCF3592.jpg
 灯台があった DSCF3593.jpg
 斜面に沢山黄色い花が咲いてて
  綺麗だったよ
DSCF3594.jpg DSCF3595.jpg
 この黄色い花も綺麗だった DSCF3597.jpg DSCF3598.jpg
 下の広場の点々としているのは
  かもめです
DSCF3599.jpg
 再びサンフランを DSCF3600.jpg
 ここの黄色い斜面も
  見事だったなあ
DSCF3601.jpg DSCF3602.jpg
 かもめが花に囲まれて・・・ DSCF3603.jpg
 この島には
  いろんな花が咲いてたよ
DSCF3604.jpg DSCF3605.jpg
DSCF3606.jpg DSCF3607.jpg
DSCF3608.jpg DSCF3609.jpg
DSCF3610.jpg DSCF3611.jpg
DSCF3613.jpg DSCF3614.jpg
 島の坂道の下から
  監獄の建物を
DSCF3612.jpg
 
 坂道を降りて、いろんな花を楽しみながら、草原を歩いていった。この辺りまで
来る人は少ないね。あ、奥のほうに、急な階段があり、その上に入り口のある
建物があったので上がってみた。
 
 ここはどうやら
  囚人の運動場みたいね
  下の写真にポチが入ってきた
  入り口がある、わかるよね?
DSCF3616.jpg DSCF3617.jpg
DSCF3618.jpg
 あ、これが急な階段
  降りるときのほうが
  怖いねえ
DSCF3619.jpg
 階段の途中で
  サンフランを撮影
  恐る恐る撮ったよ
DSCF3620.jpg
 この階段の下辺りも
  綺麗な花が多かった
DSCF3621.jpg DSCF3622.jpg
 灯台が高くそびえてた DSCF3623.jpg
 
 ここで、島内散策を終わりにし、灯台のところに戻り、船着場の方へ戻ったよ。
 
 船着場の方の斜面
  こちらもかもめと花
DSCF3624.jpg
 うーん、何の木、だろう? DSCF3625.jpg DSCF3626.jpg
 帰りの道端にも
  綺麗な花が咲いていた
DSCF3627.jpg DSCF3628.jpg
 
 船着場で、少し時間があったけど、もう歩く気もせず、長いすに座って、そう、
15分ほど待ってたよ。だんだん、船に乗る人が増えてきたので、船の出発まで
まだ10分以上あったけど、列に並んだ。
 そして、船が到着。もう4時前だったので、乗ってくる人はこの監獄の管理側の人
だけだった。そして、乗り込んだ。結構混んでいたよ。早く並んでおいたので、座れて
よかった。船は10分ほどでサンフランに着いた。
 さあ、お腹もすいたので、ちょっと早いけど、夕食をとって、ホテルに戻ることに。
今夜はFisherman's Wharfのシーフードを、と決めておいたので、有名なお店、
Fisherman's Grottoに入った。
 未だお客さんは少なく、窓際のテーブルに座れた。
で、ロブスターって言ったら、ロブスターはサンフランではとれません、カニですって。
あ、そういえばそうだ、ということで、カニを注文した。大きなカニ一杯が蒸されていて
お皿に載って出てきた。$23.95だった。それに、クラムチャウダーと、生ビールを
注文した。あ、生ビールはお代わりもした。カニ、確かに美味しかったけど、
でも日本のカニの方がやっぱり美味しいね。それでも、奮闘したよ、カニと。
隅々まで食べた。お腹一杯になったよ。あ、カニと奮闘していると、雨が降ってきた。
かなり激しい雨だった。さあ、傘は持ってきてない・・・帰り、どうしようかと考えつつ、
カニと戦ったよ。でも、食事が終わるころには小ぶりになってよかった。
 お店を出たときも小雨が降ってたけど、小走りに街を歩き、ホテルに戻ったよ。
あー、長い一日だった。
 
続き(3月10日)へ