函館・福岡出張記

3月27日(月)
  お昼ごろ、函館へ
  早速、市内散策
    五稜郭、五稜郭タワー
    函館山ロープウエイ
    函館山山麓の教会
    函館港ベイエリア
  ホテルは、函館ロイヤル
  夕食は、ベイエリアの海鮮倶楽部で

 函館へのフライトは、羽田発11:15、函館着12:35、ほぼ定刻どおりだった。
函館空港到着後すぐにタクシーで予約していたホテル函館ロイヤルに向かった。
約30分くらいだった。
 ホテルのチェックインタイムは14時で、それまで部屋には入れない、ということ
だったので、荷物を預け、観光に出かけたよ、時間がもったいないからね。
ホテルのフロントでもらった地図が唯一の函館の情報だった。
 まずは、五稜郭に行ってみることに。フロントで聞いたら、路面電車で近くまで
行けるという事だったので、路面電車を使うことにして出発した。
 ホテルから5分くらいで、松原町という路面電車の駅に着いた。さて、どっちの方向
の電車に乗れば五稜郭に行けるのかわからなかったけど、駅の地図で確認できた。
で、五稜郭公園前という駅で路面電車を降り、地図を頼りに歩いたよ。そう、15分くらい
歩いたかな、何か塔が見えてきた。
 
 塔が見えてきた
  何だろう、と思ってたら
  新五稜郭タワーだった
  但し、オープンは4月1日で
  未だ営業してなかった
DSCF3853.jpg
 
 その、新五稜郭タワーの奥に、従来の五稜郭タワーがあった。新しいタワーの方が
ずい分大きかったねえ。ま、とりあえず、従来の五稜郭タワーに上ってみた。
 
 タワーの上からの
  五稜郭
DSCF3854.jpg DSCF3857.jpg
DSCF3858.jpg DSCF3859.jpg
 遠くには雪をかぶった山も見えた DSCF3855.jpg
DSCF3861.jpg DSCF3862.jpg
 タワーの展望台 DSCF3856.jpg DSCF3860.jpg
 
 で、タワーを降りて、五稜郭に入ってみることに。
 
 五稜郭への橋のところにある
  案内板
DSCF3863.jpg
 五稜郭の堀を渡る橋 DSCF3864.jpg DSCF3865.jpg
 お堀にかもめが DSCF3866.jpg
 お堀を渡った
  五稜郭の入り口
DSCF3867.jpg
 
 入り口の正面は、季節なら藤のトンネルなんだけど。この季節、ホントに
何にも花は無かったよ。訪れる人も少なく閑散としてた。
 
 あ、大砲が展示されてる所に
  観光ツアーが一組いた
DSCF3868.jpg
 五稜郭の奥の
  堀のほとりから
  山の方を撮影
DSCF3869.jpg
 
 堀の土手に沿って、五稜郭の入り口の方へ戻った。
 
 あ、新旧のタワーが見えた
  大きい方が4月1日オープンする
  新五稜郭タワー
DSCF3870.jpg
 五稜郭への橋と案内板 DSCF3871.jpg
 堀の土手、道なき道を
  ポチは歩いて周ったよ
DSCF3872.jpg
 
 これで五稜郭近辺の散策は終わりにし、先ほどの道を戻って、路面電車の
五稜郭公園前へ行った。
 さて、次の目標は、ロープウエイで函館山の展望台に上がることなんだ。
地図によると、路面電車で、ロープウエイの山麓駅の近くまで行けそうだった。
でも、この駅には2系統の電車が走っていて、どの電車に乗ればいいのか
わからずとまどったけど、駅の路線図で調べたら、どうやらどちらの電車も通る
十字街という駅で降りればいいことがわかった。
 で、路面電車で十字街まで行った。そこから、地図を頼りにロープウエイの
山麓駅まで歩いて行った。そう、5分〜10分位の上りの道だった。
 
 こんな坂を上って行ったよ DSCF3873.jpg
 山麓駅の近くの駐車場には
  観光バスが何台か
  停まってた
DSCF3874.jpg
 ロープウエイの山麓駅 DSCF3875.jpg
 
 ここのロープウエイは、沢山の人が乗れる大型で、しかも頻繁に出てたよ。
15分おきだったかな。ポチがここに着いたのは3時ごろで、この時間はお客さんは
少なかった。4〜5人だった。でも、夜景が綺麗な時間帯はきっと混雑するんだろうね。
 
 さあ、出発 DSCF3876.jpg
 山麓駅 DSCF3877.jpg
 左側の函館港側の景色 DSCF3878.jpg DSCF3879.jpg
DSCF3883.jpg
 右側の津軽海峡側の景色 DSCF3880.jpg DSCF3882.jpg
DSCF3885.jpg
 五稜郭あたり
  新五稜郭タワーが見える
DSCF3881.jpg
 函館港と津軽海峡に挟まれた
  函館市街
DSCF3884.jpg
 ロープウエイの車内 DSCF3886.jpg
 
 で、ロープウエイは山頂駅に到着。
 
 函館山の山頂 DSCF3887.jpg
 
 ここから、反時計回りに山頂をぐるっと周ったよ。
 
 函館港 DSCF3888.jpg
 雪が残ってる函館山 DSCF3889.jpg
 ロープウエイの駅の近くには
  放送局の送信設備が
  あるのかな?
DSCF3890.jpg
 山に囲まれた集落 DSCF3891.jpg
 津軽海峡側の港町 DSCF3892.jpg
 津軽海峡側の海岸線
  この写真の中に
  ポチが泊まったホテル
  函館ロイヤルが
  あると思うけど、わからない・・・
DSCF3893.jpg DSCF3898.jpg
 函館港と津軽海峡に挟まれた
  函館市街
DSCF3894.jpg DSCF3897.jpg
DSCF3899.jpg DSCF3904.jpg
 ん?綺麗な建物があった
  何だろう・・・
DSCF3895.jpg
 函館港側の市街 DSCF3896.jpg DSCF3903.jpg
 遠くの山 DSCF3900.jpg DSCF3901.jpg
 五稜郭の辺り DSCF3902.jpg
 
 これで山頂からの展望は終わりにし、ロープウエイに乗って、函館山を降りた。
で、先ほど、山頂で見た綺麗な建物、近くのようだったので、そこを経由し、函館港
の方へ降りることに。
 
 函館聖ヨハネ教会 DSCF3905.jpg DSCF3907.jpg DSCF3906.jpg
 あ、この建物だ!
  山頂から見えた綺麗な建物は
  何なんだろう・・・
DSCF3908.jpg
 
 その建物はもう一本向こう側の通りに面していたので、ぐるっと回って
行ってみることに。
 
 この通りにあるんだけど
  階段の道は雪が積もってて・・・
  でも、恐る恐る歩いて降りたよ
DSCF3909.jpg
 ハリストス正教会
  という教会だったんだ
  綺麗な色だねえ
DSCF3910.jpg DSCF3911.jpg
DSCF3912.jpg DSCF3913.jpg
DSCF3914.jpg DSCF3915.jpg
DSCF3916.jpg
 カトリック元町教会 DSCF3919.jpg DSCF3918.jpg
DSCF3917.jpg
 
 この教会からずっと坂を降りて、函館港の方へ歩いて行った。10分位で港に
着いたよ。
 
 赤レンガの
  金森倉庫の通りに出た
DSCF3920.jpg
 金森倉庫 DSCF3921.jpg
 港に突き出した
  テラスの方から
  金森倉庫を
DSCF3922.jpg
 ともえ橋のところ DSCF3923.jpg
 ともえ橋の奥の運河 DSCF3924.jpg
 倉庫にステンドグラスの窓?
  イベントホールがあるみたいね
DSCF3925.jpg
 金森倉庫の説明 DSCF3926.jpg
 結婚式場、かな
  鐘があった
  あ、そのあと、ここを通ったら
  ホントに結婚式をやってたよ
DSCF3927.jpg
DSCF3928.jpg DSCF3929.jpg
 運河の奥から
  イベントホールのある
  金森倉庫
DSCF3930.jpg
 金森倉庫の間の通りには
  人力車が並んで待ってた
DSCF3931.jpg
 函館港 DSCF3932.jpg
 
 さて、まだ明るかったけど、ホテルに戻って、また夕食に出てくるのは大変だし、
これ以上歩き回るのも疲れたので、少々早いけど、夕食、というか、お酒を飲む
ことにしたよ。
 いくつかお店を回ったけど、海鮮倶楽部が一番お魚が美味しそうで、居酒屋風
だったので、そこにした。2階から函館港を眺めながらお酒を飲んだよ。
 ホントは、函館の地ビールを、と思ったけど、ビールはあまり飲まない方が、
と言われているので、初めから日本酒にした。熱燗2合入りを2本、飲んだよ。
つまみは、イカの丸焼き、海鮮キムチ鍋を食べたよ。で、最後にお刺身定食を
食べた。いやあ、お腹一杯になった。
 
 海鮮倶楽部 DSCF3933.jpg DSCF3934.jpg
  
 いい気持ちになって、路面電車に乗ってホテルへ戻った。荷物は部屋に
運ばれていたので、酔っ払いには助かったよ。部屋に入って、すぐにベッドへ・・・
 
続き(3月28日)へ