ロンドン、マドリード出張記
 5月7日(日)ロンドン−>マドリード
     British Airwayでロンドンからマドリードへ。
   早速、あの有名なニセ警官に遭遇!
   夕食は、居酒屋「侍」で。
  
 さあ、今日はマドリードへ移動する日。朝起きて、シャワーを浴びて、ラウンジで
いつものように朝食を取り、荷物を整理した。フライトは午後1時ごろの出発だった。
 ホテルを10時ごろチェックアウトし、タクシーでヒースロー空港へ向かった。平日の
午前中なので、道路は混雑してなかった。
 空港について、すぐチェックインを行い、荷物を預けた後、空港の写真を撮ったよ。
 
 ヒースロー空港の
  ターミナル1のビル
DSCF4282.jpg DSCF4280.jpg
DSCF4281.jpg DSCF4283.jpg
 ここはポチが
  チェックインしたカウンター
DSCF4284.jpg
 ヒースロー空港内の
  ロビーにあるフライトの
  出発ゲート案内
  ポチが乗るのは左の一番下
  ずい分ゲートが決まらず
  ここで1時間位待ったよ
DSCF4285.jpg
 
 フライトは予定通りロンドンを発ち、マドリードへ向かった。フライトの時間は
約2時間半、時差が1時間あるので、現地時間の4時半ごろ到着した。
あ、機内では、国際線だから、アルコールも無料だったので、ビールを飲んだよ。
それから、サンドイッチが出た。でも、2種類しかなく、チキンともう1種類。
チキンは嫌いだから、No Chicken! って言ったら、Vegetarian? と言って、もう一つ
の方をくれた。うーん、Vegetarianじゃないんだけど、と思いつつも、他に無いので
仕方なく、それを食べたよ。ボリュームはあって、お腹は一杯になったけど、うーん、
今一つ、物足りない感じが・・・
 マドリード空港は、新しい空港で、明るく広かったよ。入国審査のところも、そう列は
長くなく、スムーズだった。
 
 マドリード空港のコンコース DSCF4286.jpg
 荷物を受け取る場所の表示 DSCF4287.jpg
 
 荷物を受け取って、すぐにタクシーに乗って、予約していたHotel Pragaへ。
30分もかからなかったね、ホテルまで。
 さて、ホテルに入ると、うーん、4つ星ホテルなのに、ロビーが狭い・・・
それにフロントの人は2人で、お客さんがたかってた・・・どこに並べばサービスが
受けられるのかわかりづらかった。しかも、言葉は英語ではなく、スペイン語、
らしきもの・・・英語、大丈夫かなあって心配したよ。
 とにかく、多少強引にフロントの人に声をかけ、チェックインの手続きを
お願いしたよ。初めての予約サイト経由の予約だったけど、ちゃんと通ってて
よかった。
 少々時間はかかったけど、手続きを終え、部屋へ。部屋は、広さは十分だった。
でも、アメニティが何にも無い。時計も無い。TVと冷蔵庫だけのホントにシンプルな
部屋だった。
 とにかく、荷物を置いて、身軽になって、夕食をとるために街に出てみようと。
あ、今日の夕食は、居酒屋「侍」の予定。いや、他にも和食のお店はあるんだけど
日曜日の夜に開いているお店は少なかった。「侍」は日曜の夜もやってるという
ことだったので。
 フロントで聞いたら、ホテルの目の前のバスで賑やかな所まで行けそうだったけど
仕事は地下鉄での通勤を考えていたので、地下鉄の駅を教えてもらって、そこまで
歩くことにした。ホテルの目の前の通りをずーっと歩けば地下鉄の駅がある、という
ことだったので。
 
 Hotel Pragaの正面 DSCF4288.jpg
 Hotel Pragaが面している大通り
  この通りをずーっと歩いたよ
DSCF4289.jpg
 こんな感じで、
  通りの両側にはこじんまりとした
  お店がずらっと並んでたよ
DSCF4290.jpg
 
 結構歩いたよ、10分くらいかな、ロータリーに出た。そして、そのロータリーに
地下鉄の駅があった。
 
 Marques de Vadilloという駅
  地下鉄5号線が通ってた
DSCF4292.jpg
 
 この駅で、まず10回券を購入した。地下鉄は1回券が1ユーロだけど、10回券は
6ユーロぐらいで割安だったよ。
 
 地下鉄のホームにて DSCF4293.jpg
 電車の扉
  ピンボケだけど
  ドアのノブ、見えるよね?
  そう、あのノブを上げないと
  ドアは開かないんだ
DSCF4294.jpg
 
 地下鉄で、「侍」がある、Santo Domingoという駅まで行ったよ。途中、1回、
Operaという駅で2号線に乗り換えた。地下鉄構内の表示は必要な所には
ちゃんとあり、わかりやすかったよ。
 
 Santo Domingoで降りて
  「侍」を探したけど見つからず
  こんな賑やかな所に出てしまった
DSCF4295.jpg DSCF4296.jpg
 
 うーん、まだ今一つ、マドリードの街の感覚がつかめない・・・狭い道路が沢山
走ってて、それが緩やかにカーブしてて・・・すぐ位置関係がわからなくなってしまう。
別の地下鉄の駅に出て、それで地図で確認してはじめて、あ、逆の方に来たんだと
判明、振り出しのSanto Domingo駅に戻ったよ。その失敗から、何となく位置関係が
わかり、今度は「侍」すぐ発見できたよ。でも、オープンまでは少し時間があったので
近くを散策した。
 あ、マドリードのレストランは、夜の8時〜9時にオープンする所が多いよ。
遅いねえ。いや、その時間でも結構明るいからね。「侍」も8時半オープンで、
着いたのは、8時20分くらいだった。
 
 近くを散策していると
  「武蔵」という居酒屋もあった
DSCF4297.jpg
 
 そうそう、時間つぶしに散策している時に、ニセ警官に会ったよ。ポチが歩いてると
一人の若者が本を見ながら、どこかを探してるような感じで、Excuse me・・・って
声をかけてきた。あ、観光客が迷ってるんだなという感じだったけど、なぜポチに
声をかけてくるかなあって思いながらも、その本を覗き込もうとしていると、背の高い
二人が現れて、Police! Police!って言いながら・・・手には警察手帳を持ってた。
あ、これはあの有名なニセ警官だと、すぐわかったよ。ポチは、慌てず、大きな声で
No!と言って、その場を離れた。ニセ警官の一人が、No?って言ったのは聞こえたけど
追いかけてこようとはしなかったね。バレバレだって、わかったんだろうね。でも、
ポチもちょっと怖かった。ホントの警官だったらどうしよう・・・逮捕されるかな、とか。
でも、時間が経つにつれ、ちょっと後悔・・・せっかくだから、ニセ警官と記念写真でも
撮ればよかったと思って・・・
 こういう経験をしていると、時間になったので、「侍」に入ったよ。早速、ビールを注文。
ビールは地元のMahou、というビールを。魔王って、言うのかな?日本酒は選択の
余地が無く、銀冠大関を1合呑んだよ。料理は、刺身の盛り合わせを食べた。うん、この
刺身はまずまず美味しかった。ただ、予想以上に高かったので、すぐに食事に。
とんかつにご飯をもらったよ。これで4000円くらいだったかな。
 
 「侍」 DSCF4298.jpg

 帰りも、地下鉄で。そして、あの通りを歩いてホテルへ戻った。
で、フロントで、無線LANを部屋で使いたいと申し込んだ。1日6ユーロで安いから。
ところが、フロントの人は、高いよって。ビジネスセンター、今日は日曜日で休みだけど
そちらの方が安く使えるよって教えてくれた。でも、ポチは部屋で使いたいので
無線LANを申し込んだよ。パスワードを発行してもらって、部屋へ戻った。
 無線LAN、スピードはかなり遅く、接続も不安定だったけど、何とか繋がったよ。
メールチェックをしながら、明日の準備をして、シャワーを浴びて、寝たよ。
 
続き(5月8日)へ