ロンドン、ストックホルム出張記
 7月10日(月)ストックホルムー>ロンドンー>東京
   今日はお仕事、朝だけね
   それから、バーサ号博物館へ
   帰りは、船でガンムラ・スタンへ
   ホテルに戻り、すぐArlanda空港へ
   そして、ロンドン経由成田へ
 
 今日は朝からすごい雨!朝食、ちょっと、外に食べに行く、というわけにもいかず
ホテルのレストランで、バイキングの朝食を食べた。まあ、スウェーデンの伝統的
朝食のようだった。140SEK、まあまあの値段だった。
 で、友人と雨の中をタクシーでベンチャーを訪問、1時間半ほど、打ち合わせを
実施。その後、その会社の社長の案内で、バーサ号博物館へ行くことに。
ポチは、説明を聞きながら、少しだけ、写真を撮った。
 バーサ号というのは、現存する最古の完全な形で残されている戦艦、らしい。
突風により1628年にストックホルム港内、水深32mの海底に沈没したもので、
諸元は、全長62m、最大幅11.7m、高さ50m、排水量1300トン。
 バーサ博物館は、この引き上げられたバーサ号がそのまま建物の中に
納められた博物館なんだ。
 
 引き上げられたバーサ号
  非常に大きくて
  1枚の写真には無理だった
DSCF5590.jpg DSCF5591.jpg
 船尾の素晴らしい彫刻 DSCF5589.jpg DSCF5586.jpg
 バーサ号の模型も
  展示されていた
DSCF5592.jpg
 地球儀の上に帆船が
  これは何だったかな?
DSCF5593.jpg
 バーサ号の船首の部分 DSCF5594.jpg
 
 バーサ博物館を出て、帰りは船でガンムラ・スタンに戻ることに。行きは雨が
降ってたのでタクシーだったけど、帰りは雨もあがってたので、社長が気を遣って
くれたのか、船旅を経験させてくれた。確かに船の方が距離的にはずっと近かった。
 
 これは北方民族博物館
  バーサ号のすぐ後ろにあった
  ここには入らなかった
  立派な建物だ
DSCF5597.jpg DSCF5598.jpg
 これがバーサ号博物館の建物 DSCF5599.jpg
 
 船着場まで、ここから10分ぐらいだったかな、歩いた。
 
 ヨットが沢山停泊してた DSCF5600.jpg
 あ、路面電車の車庫? DSCF5601.jpg DSCF5602.jpg
 その車庫から
  真っ赤な電車が出てきた
DSCF5603.jpg
 船着場の近くに
  遊園地みたいなものがあった
DSCF5606.jpg DSCF5604.jpg
 この通りの奥が
  船着場
DSCF5605.jpg
 船着場から
  湖上の遊園地の施設
DSCF5607.jpg
 これがバーサ号博物館 DSCF5608.jpg
 カステルホルメン島かな? DSCF5609.jpg DSCF5610.jpg
 湖上に浮かぶ
  ガンムラ・スタン
DSCF5611.jpg
 船着場のあたり
  遊園地の施設が見えるね
DSCF5612.jpg
 うわ〜、この写真、いい! DSCF5613.jpg
 ガンムラ・スタンの建物 DSCF5614.jpg DSCF5615.jpg
 おお、これも素晴らしい!
  雨上がりで、黒い雲があり、
  しかし水平線近くは明るい・・・
  いい感じだねえ
DSCF5616.jpg
 これもなかなかの写真 DSCF5617.jpg
 
 で、ガンムラ・スタンの船着場に到着。そこで、社長と別れ、ホテルへ戻った。
 
 あ、行列が
  ホテルの近くの通りを
DSCF5618.jpg
 ホテルのロビーの像
  この人がLady Hamilton?
DSCF5619.jpg
 
 ホテルに着いたら、すぐ荷物を受け取って、タクシーでArlanda空港へ向かった。
空港に着いたのは、フライト出発の4時間前、ずいぶん早かったけど、まずはチェックイン。
気になっていたのは、ロンドンで一旦入国手続きが必要なのかどうか、荷物を受け取り
再チェックインの手続きが必要なのかどうか、だった。荷物のこと、この荷物は東京に
ダイレクトに行くのかって聞いたら、首を横に振って、ロンドンで一旦受け取らなきゃ
いけないような話だった。面倒だけど、仕方が無いなあ。
 とりあえず、身軽になって、カフェでのんびり過ごしたよ。おみやげ物も少し購入。
もちろん、アクアビットを。
 フライトは予定通り出発。しかし、SASは徹底してるね。無料のサービスは何にも無い。
ストックホルムからロンドン、国際線だから、アルコール類も無料だろうと思ってたら、
とんでもない、ソフトドリンクも全て有料だった。機内で飲む地元の珍しいビールも
楽しみの一つなのに・・・
 あ、機内で考えた。ストックホルムの空港のチェックインカウンターの人が言うように
ホントにロンドンで荷物を一旦受け取らなきゃいけないのかな、と疑問に思うように。
そこで、フライトの乗務員の人に聞いたら、その必要はないって。直接、東京へ行く、
ということだった。やっぱり、そうだよね。でも、安心せず、ヒースロー空港で再度確認
することに。
 ヒースロー空港に着いたら、Transferの矢印に従って、ずーっと歩いていくと、
パスポートチェックのゲートがあった。そこで、パスポートと乗り換えの航空券の
チェックがあった。そこで可愛そうに別のゲートへ回るように言われた人たちがいた。
ポチは大丈夫だった。どうやら、乗り換えのフライトがキャンセルされた場合は
乗り換えフライトが無いため、そのゲートは通れない、ということらしい。
 で、ポチはJALのカウンターで手続きを行った。そこで、預けた荷物のチケットの
提示を求められた。何をするのかな、と思ったら、ちゃんとその荷物がフライトに
積み込まれるかどうかのチェックに使われるみたいね。ひょっとしたら、Arlanda空港の
SASのチェックインカウンターの人が言いたかったのは、この手続きが必要だ
ということかな、とも思ったけど・・・
 で、セキュリティチェックを通り、待合室の方へ。あ、そうそう、帰りはエクゼクティブ
クラスへのアップグレードがうまくいったんだ。ということで、セキュリティチェックの
ゲートもFast Laneが使えた。
 そして、すぐ、JALラウンジへ。いやあ、ここで、飲んだ・・・冷酒をずいぶん飲んだ。
それにお寿司、枝豆を2セットずつ、それにざるそば。もちろん、みんな小鉢だけど、
それでも結構お腹一杯になったよ。
 そして、フライトに搭乗。いやあ、いいねえ、エクゼクティブクラスの席は。
それに、インターネットが使えてよかった。ストックホルムでは2日間使えなかったからね。
機内ではずーっと、インターネットを使ってた。映画は1本も観ず。あ、2〜3時間、
寝たけどね。
 寝不足で成田に到着。いつものように、リムジンバスとタクシーの乗り継ぎで家に
戻った。夕方6時ごろだったよ。あー、疲れた。
 
ロンドン・ストックホルム出張記へ