ロンドン、ストックホルム出張記
 7月2日(日)ロンドン
   ウインザー城観光!
     往復には列車を使ったよ。
   夕食は、ホテルの近くの
     「MISO Bar」で、
     焼き餃子と海鮮焼きそば。
 
 朝、6時ごろ起きて、まずシャワーを浴びた。昨日の長旅の疲れを取るために。
で、7時から朝食を、ホテルのレストランでとった。ポチはHiltonホテルのGold会員
なので、朝食は無料で食べることができるんだ。このホテルを選んだ理由の一つは
このレストランで無料で朝食がとれるってことだったんだ。
 朝食は、たまご焼き、ソーセージ、ハムをフライで温めたもの、それに高血圧対策
としての生野菜。それから、コーヒー、ヨーグルト、果物。あ、パンはやめて、
ワッフルをお願いした。ちょっと躊躇したけどね、誰も食べてなかったし、誰も注文
してなかったので。でも、前回泊まった時、注文すれば作ってくれたので、今回も
注文してみたら、ちゃんと受けてくれたよ。そして、料理人がポチの席まで持って
きてくれて、目の前でたっぷりメープルシロップをかけてくれた。嬉しかったねえ。
それに、できたてのワッフル、メープルシロップをたっぷり含んだワッフル、
ナイフで切ると、湯気があがって、メープルシロップがじゅわーっと染み出してくる・・・
美味しかったなあ。
 部屋に戻って一服。あ、今日はウインザー城に行くことにしてたんだ。以前、
かなり昔だけど、ツアーでロンドンに来たときにウインザー城に行ったことがあるけど
ゆっくり周ったことはなかったので。
 でも、出発は少し後にし、部屋でゆっくりした。というのも、ウインザー城には
地下鉄でPaddingtonへ行き、そこから列車に乗るんだけど、地下鉄の1日券が
9時半以降の出発だと安くなるので、9時半にホテルの近くの地下鉄の駅Angelを
出発することにしたんだ。いや、そんなに値段差は無いんだけど、でも、何だか
気になるので、少し時差出勤することに・・・
 9時20分過ぎにホテルを出発したよ。駅に着いた時は9時半を過ぎてたので
早速1日券を買おうと思ったら、購入窓口には長い列が。で、小銭入れを調べたら
£2と£1のコインがいくつか入ってたので、£5弱の1日券、自動販売機で買ったよ。
 で、Angel駅から地下鉄でPaddington駅へ。あ、前回、King's Cross駅から
Baker Street駅の方向は週末は工事のため運休という痛い目にあったので、
少し遠回りして、Bank駅、Notting Hill Gate駅で2度乗り換えて、Paddington駅へ
向かった。多分、2倍以上の時間がかかったね。
 
 地下鉄Notting Hill Gate駅の
  プラットフォーム
DSCF5012.jpg
 
 地下鉄のPaddington駅は列車のPaddington駅に繋がっていた。
 
 列車のPaddington駅の構内 DSCF5013.jpg
 プラットフォームには
  自由に入れるんだ
  列車が停まってた
DSCF5014.jpg
 
 さて、ここでどの列車の切符を買えばいいのか、わからなくなった。手元には
インターネットで調べた、乗り継ぎ表はあるけど、Paddington駅の出発時刻、
乗り継ぎ駅の時刻、目的地駅の到着時刻は書いてるけど、駅名が書いてない!
構内の案内掲示板には、まもなく出発する列車の情報がずらっと表示されて
いたけど、どの列車にのればいいのかさっぱりわからず・・・
 そこで、駅構内の案内のおじさん、沢山の人が取り囲んでいたけど、ポチも
そこに行って、質問のチャンスを狙った。で、質問した。ウインザー城に行きたいん
だけどって。彼は、Sloughという駅で乗り継げ、と教えてくれた。で、それはどこ行きの
列車に乗ればいいのかって質問したら、困ったように構内の掲示板を見たけど、
すぐに両手をあげGiveUp・・・わかった、自分で探すと言って終わりにした。
 仕方なく、列車の案内掲示板を片っ端から見て、停車駅一覧の中にSlough
という駅のある列車を探した。で、Twyford駅行きの列車の停車駅一覧にSlough
を発見したときは嬉しかったね。インターネットで調べた列車の中にPaddington駅
出発時刻が同じものがあり、これだって思ったよ。
 早速、切符販売所に行って、列は長かったけど、並んだ。でも10分くらいで
切符は購入できた。日帰り往復の割安な切符を購入したよ。£7.4だった。
それから、案内掲示板をもう一度見ると、出発まで1分を切ってた・・・ホームは
14番だったかな。端の方で、急いで行ったよ。ずい分隅の方のプラットフォームで
大丈夫かなあ、ホントにいいのかなあと、疑いながら小走りで。で、列車のところに
着いたけど、もう駅員が扉が閉まるよという合図を。それにもかかわらず、乗り込む
人はいたけど、この列車は30分の1本出るのだからと、ポチは無理をせず、次の
列車に乗ることにし、出発を見送った。
 で、一旦、先ほどの駅のコンコースに戻り、次の列車の時刻やプラットフォームを
確認した。確かに30分後にあった。安心して、駅構内を散策していると、構内放送が。
何だかみんながそわそわ・・・どうも、キャンセルされた、と聞こえたので、ポチも
慌てて列車の案内板を見に行くと、列車が軒並みCancellされてた。ポチが乗る予定の
列車も。理由、いろいろ放送で言ってたけどよくわからず・・・放送によると、
ウインザー城に行く人は、Waterloo駅からの列車を使えとか言ってるようだった。
いやあ、また地下鉄でWaterlooまで行って別の列車に乗るのはちょっと大変だなあ、
って思ってたら、今まで閉まってたInformationの窓口に係員がいて、質問に答えて
いたので、ポチも急いでその列に並んだ。まだ、多くの人はInformationの窓口が
開いていることに気がついていないみたいで、列は短く、助かったよ。多くの人は
Cancellされた列車についての問い合わせのようだった。ポチは、Waterloo経由で
ウインザー城に行く気は無いので、切符の払い戻しをしたいと言ったら、
切符を購入した切符販売所で、ということだったので、そこへ急いだ。ここは
既に払い戻しの人が多いのかずいぶん列が長かったけど、他の方法も無さそう
なので、並んだよ。あー、今日は切符を買って、切符を払い戻す、それで
終わりになるのかなと、覚悟をして列に並んでた。
 
 乗ろうと思ってた
  Twyford行きの列車が
  Cancellされてた!
DSCF5015.jpg
 
 10分ぐらい並んで、列の長さが半分くらいになった時、ポチの前の方に並んでた
おばさん3〜4人と子供7〜8人のグループが、列から離脱、プラットフォームの方へ
歩き出した。あ、いいな、Cancellされた列車が動き始めたのかと・・・で、短くなった
列を前に詰めると、列車案内掲示板があった。それをぼんやり見ていると、
Slough行きの列車があった!一瞬目を疑ったけど、そう、ウインザー城行きの
列車の乗換駅Slough行きの列車が、数分後にスケジュールされた。確信は
なかったけど、ポチは急いでまた14番ホームへ向かったよ。何人か走ってたので
多分あってるのではと、だんだん確信してきた。そして、かろうじて飛び乗ったよ。
車内アナウンスは一切無く、ホントにこの列車でいいんだろうかと心配したけど、
乗ってる人は何となく遊びに行く感じなので、あ、ウインザー城行きだろうなと
納得。それに、もう乗ってしまったんだから、とりあえず覚悟を決めたよ。
 各駅停車で、結構観光客みたいな人が乗り込んできたので、ホッとしたよ。
そして、30分ぐらいでSlough駅に着いた。そこで、その駅とウインザー城を結ぶ
ローカル電車に乗り換えた。10分ぐらいでウインザー駅(Windsor & Eton
Riverside Station)に着いた。
 
 Windsor & Eton 
  Riverside Station
  この列車に乗ってきたよ
DSCF5016.jpg
 Windsor & Eton
  Riverside Stationの駅構内
  SL(?)も展示されてた
DSCF5017.jpg
 Windsor & Eton 
  Riverside Station
  の駅前の広場・通路
DSCF5018.jpg DSCF5019.jpg
 
 写真にあるアーケードをくぐって、ウインザー城のほうに歩いて行った。
 
 アーケードを抜けたら
  ウインザー城の
  塀が見えてきた
DSCF5020.jpg
 駅へ行く通りの一本横の通り
  この通りの両側にも
  沢山のお店が並んでた
DSCF5021.jpg
 広い道路に面した
  ウインザー城の塀
DSCF5022.jpg
 ウインザー城の
  入り口に向かう通りの
  真ん中にこのような像が・・・
  この人、誰?
DSCF5023.jpg DSCF5024.jpg
 ウインザー城の正面の大通り
  三角屋根の建物の横が
  駅へ向かう通り
DSCF5025.jpg
 ここは、ウインザー城観光の
  出口みたいね
DSCF5026.jpg
 ウインザー城の綺麗な建物 DSCF5027.jpg
 
 ここで、ウインザー城の入場券の購入窓口の列に並んだ。10分くらいで購入
できたよ。£13.5だった。
 
 入ると広い通路があって
  観光客が城の内部へ
  向かってた
DSCF5028.jpg DSCF5029.jpg
 お城のGateの一つ
  ここは入れなかった
DSCF5032.jpg
 Gateのところから
  内部を撮影
  人けの無い広場と
  綺麗な建物があった
DSCF5030.jpg DSCF5031.jpg
 The Round Tower
  塔のふもとには
  綺麗な花が咲いてた
DSCF5034.jpg DSCF5033.jpg
 North Terrace
  写真の狭いGateから
  出てきたよ
  このTerraceを通り、
  The State Apartmentsの
  入り口の方へ
DSCF5035.jpg
 あ、このTerraceは
  見晴らしのいいところだった
  これは何だろう?
  遠くにこんな建物が見えた
DSCF5036.jpg
 あらら、入り口には長い列
  一度は諦めようか思ったけど
  やっぱりここまで来たんだから
  と並んだよ 45分待ちだった
DSCF5037.jpg
 
 退屈したよ、待ってるとき・・・グループで来てる人はいろいろ話をしながら
時間が潰せるけど一人じゃねえ。家族連れは、代表者が一人、並んでた。
で、並んでる時、違う入り口にはすいすい人が入ってた。なぜだろうと思いつつも
せっかくここまで並んだから列を離れるのは悔しいので、じっと待ってた・・・
後でわかったんだけど、この長い列は、Queen Mary's Dolls' Houseに入る列だった。
お城の建物、The State Apartmentsだけに入るのが、別の入り口で、そこは列が
無かったみたい。
 長い時間かけて入ったんだからQueen Mary's Dolls' Houseをじっくり見たよ。
ミニチュアの建物(宮殿)で、8〜9階建てだったかな。内装もしっかり作られていて
これは女の子はたまらないかもね。ポチの少し前には中学生くらいの女の子の
団体がいて、目を輝かせて見てたし、いろいろ話してた・・・なかなか進まず、
ポチはスキップしようかとも思ったけど、このQueen Mary's Dolls' Houseを見る列で
45分待ったんだからと、ぐっと我慢して、ゆっくりQueen Mary's Dolls' Houseを見て
周ったよ。その一部屋を出ると、The State Apartmentsの散策コースに合流した。
いつもの宮殿の歴史のある、豪華な部屋の散策が続いた。写真も撮れなかったので
ポチはすいすい歩いて周った。
 
 The State Apartmentsの中から
  中庭を撮影
  先ほどの庭、だね
DSCF5038.jpg DSCF5039.jpg
 
 そして、The State Apartmentsを出た。
 
 The State Apartmentsを
  出たところも中庭になってた
DSCF5040.jpg
 
 ここで、ちょっとお手洗いに行きたくなって、先ほどのNorth Terraceにまた出て、
長い列の横を通って奥にあるお手洗いに行った。あ、お手洗いを出たところの
North Terraceのもっと奥の方に、入れないようになってたけど、衛兵が立って
いたので、撮ってあげた。
 
 衛兵さん DSCF5041.jpg
 
 North Terraceからまたお城の塀の内側に戻った。
 
 The State Apartments
  から出たところの
  中庭の出口の門の脇、
  Round Towerのふもとは
  緑が多く、綺麗な花が
  咲いてた 
DSCF5042.jpg DSCF5043.jpg
 中庭から出てきた門
  なかなかいい感じでしょ
DSCF5044.jpg DSCF5045.jpg
 ウインザー城の
  出口の方へ向かった
DSCF5046.jpg
 St. George's Chapel DSCF5047.jpg
 ポチが歩いてきた通り
  緩やかなダウンスロープ
  左手がSt. George's Chapel
DSCF5048.jpg
 出口の傍にまた衛兵さんが。
  みんな横に立って記念写真を
  撮ってたよ
  この人は大変だねえ
DSCF5049.jpg DSCF5050.jpg
 ウインザー城を出て
  賑やかな街へ
DSCF5051.jpg DSCF5052.jpg
 昔の貴族の衣装なのかな? DSCF5053.jpg
 
 みんな、横に並んで記念写真を撮ってたよ。ポチも、と思ったけど、恥ずかしい
からやめた。あ、ホントは3人組で、もう一人、緑の衣装の女の子がいるんだ。
で、その子は通りでパンフレットを配ったので、ポチもそのパンフレットをもらった。
どうやら、昔の貴族の衣装を着せてくれて記念写真を撮ってくれるサービス、
みたいだった。
 
 そして、駅のほうに通じる
  アーケードのある通りへ
DSCF5054.jpg DSCF5055.jpg
 
 さて、遠くに川のようなものが見えたので、駅の横の細い道、抜け道のような
通りに入って向かった。
 
 少し広い通りに出た
  そこから駅のほうを撮影
  建物は何だかわからない・・・
DSCF5056.jpg
 
 その少し広い道を右手に歩くと、自動車道があって、そこを渡るとテムズ川に出た。
テムズ川の横には遊歩道があって、休日だからか、沢山の人が散策を楽しんでたよ。
鳥もえさを期待してるのか、岸のほうに寄って、散策している人と一緒に泳いでた。
 
 テムズ川と散策している人たち
  ボートも沢山停留してたよ
DSCF5057.jpg
 暖かい休日、
  家族連れ、グループで
  賑わってた
DSCF5058.jpg DSCF5060.jpg
DSCF5059.jpg
 ボートを楽しんでる人もいたし
  遊覧船に乗ってる人も
DSCF5061.jpg DSCF5062.jpg
 Windsor & Eton Bridge
  ここ渡ってまっすぐ行くと
  Eton Collegeへ
DSCF5063.jpg
 Windsor & Eton Bridgeの上から
  先ほど通ってきた遊覧船の
  船着場あたりを
  白鳥が沢山いるね
DSCF5064.jpg
 Windsor & Eton Bridgeの上から
  ウインザー城の方を
DSCF5065.jpg
 
 この橋のところでテムズ川散策を終わりにし、ウインザー城のほうへ戻った。
 
 ウインザー城の塀が
  見えるところへ戻ってきた
DSCF5066.jpg

 そして、列車の駅へ。列車は30分間隔だった。少し待ってると、Sloughからの
列車が到着、乗客が降りると同時にポチも乗り込んだよ。列車はすぐに出発した。
 で、Sloughで、別の列車に乗り換えた。あ、このSloughでは少し待たされたよ。
それにずい分混んでた。でも、車両の奥の方に入って行ったら席が空いてたので
座れた。途中で地下鉄に乗り換えたりする人が多いのかな、出入り口の近くが
大混雑だった。
 Paddington駅に戻ってきたのは、午後4時ぐらいだったかな。すぐに地下鉄に
乗り換え、ホテルのあるAngel駅へ向かった。ホテルの近くに戻ってきたのは
5時前、ちょっと早いけど、夕食を食べてホテルに戻ることにした。で、ホテルの
近くに気になるお店があったので、今日はそのお店、「MISO Bar」へ。早すぎて
開いてるかどうか心配したけど、大丈夫だった。「MISO Bar]は、中国の人が
経営してるみたいで、従業員はみんな中国の人みたいだったよ。
 まず、ビールを注文した。アサヒビールがあった。330mlの小瓶で£2.8だった。
しかし、1本では足りず、ハウスビールというのをもう1本注文した。同じ小瓶で
£2.65だった。焼き餃子があったので、ビールのつまみにいいなあと、注文したよ。
9ピースで£3.85だった。美味しそうだったので、早速食べたら、うーん、ちょっと
味が違う・・・何というか、タレに何か香辛料が入ってて・・・甘っタレ・・・うーん、
ポン酢が欲しかった!そして、海鮮焼きそばを夕食として注文した。£5.95だった。
これはボリュームがあったなあ。これもかなり甘いソースで料理されてた。
うーん、日本のものとはずい分味が違うなあって感じだったけど、おなか一杯に。
 ホテルに戻り、ゆっくりシャワーを浴び、今日の疲れを取り、それから明日からの
会議の準備をしたよ。そして早めにベッドへ入った。
 
続き(7月3日)へ