ロンドン、ストックホルム出張記
 7月7日(金)ロンドン
   今日は仕事無し!ということで観光!
     Hampton Court Palace/Gardenを散策!
     Wimbledon Tennis Tournamentを観戦!
   夕食は、和食のお店「Satsuma」、
    酢の物、餃子、それに海鮮焼きそばを。
 
 さあ、今日は1日フリー!でも、朝起きたら小雨が降ってた。でも、今日が
ロンドンでの最終日、やはり行きたいと思ってたHampton Court Palaceという
宮殿とその庭園を見に行くことにした。で、Hampton Courtへの列車を調べると、
Waterlooから列車が出てて、ウインブルドンテニス大会をやってるWimbledon
にも停まるようなので、Hampton Courtの散策が早く終わるようだったら、
ウインブルドンテニス大会、チケットは無いから入れないかもしれないけど、
とにかく会場の近くまで行って見ることした。
 行き先は決まった。で、朝早くから出かけようかと思ったけど、小雨が降ってた
こともあるし、地下鉄の1日券が9時半から安くなることもあるので、出発時間
を調整した。いつものように、甘い甘いワッフル中心の朝食をとった後、部屋で
休息した。ホテルを出発したのは9時15分だった。
 駅には9時25分には着いた。今日は小銭がなく、いつもの自動販売機が
使えない・・・そこで列に並ぶか使ったことの無い新しい自動販売機、クレジット
カードが使える自動販売機にチャレンジするかどうか迷ったけど、窓口の人が
3日前に文句をつけた人と同じだったら嫌だなあと思い、使ったことが無い
新しい自動販売機にチャレンジすることにしたよ。
 少し時間は早いけど、まずはチケットを先に買っておこうとその自動販売機
で買おうとしたけど、料金の安いオフピークの1日券(9時半以降使える1日券)
が、画面に表示されない!うーん、手ごわい自動販売機、おかしいなあ、
と思いつつも、一旦諦め、しばらく他の人がその自動販売機を使うのを見てた。
みんなはすいすい買ってたよ。故障でも無さそう。そこで、もう一度、その自動
販売機にチャレンジ。そうしたら、今度はちゃんと買おうと思ってたオフピーク用
の1日券が画面に現れたよ。そこで、はたと気がついた。どうやら、その時間帯
に使える切符しか買えない様に自動販売機はなっていたんだね。2度目のトライ
の時は9時半を過ぎてたからね。でも、それっていいことかなあ・・・ま、とにかく
1日券を購入できた。あ、今日は帰りに、ウインブルドンに寄るかもしれない、
そうすると、Wimbledonから地下鉄に乗って戻ってくることになる、ということで、
いつもの1-2ゾーン用の1日券ではなく、Wimbledonも範囲に入ってる1-4ゾーン用
の1日券を購入したよ。1-2ゾーン用は£4.7、1-4ゾーン用が£5.2で、料金は
ほとんど変わらなかった。
 さて、苦労の末入手した1日券を使って、地下鉄でまずはWaterlooへ行った。
で、地下鉄の駅のすぐ傍にある列車のWaterloo駅へ。
 
 列車のWaterloo駅に入った DSCF5169.jpg
 プラットフォームへの入り口の
  奥に列車が見えた
DSCF5171.jpg DSCF5170.jpg
 プラットフォームへの入り口が
  ずらっと並んでた
DSCF5172.jpg
 
 この駅、広くて、どこで切符を買うのかわからなかったので、すぐにガードマン
らしき人に場所を聞いたよ。かなり歩いたけど、切符売り場を見つけた。
相変わらず窓口のサービスを受けるための列は長かった。で、自動販売機が
沢山あったので、トライすることに。自動販売機は結構数は多く、それぞれ
2〜3人しか並んでなかった。ポチもその一つに並んだ。
 ポチの番が来て、行き先のHampton Courtを押すと、いくつか選択肢が
表示された。その中で、Cheap Day Returnというのがあったので、それを選択。
帰り、Wimbledonで途中下車するので、片道でもいいかなと思ったけど、この
Cheapという言葉に、ま、いいかと往復を購入した。クレジットカードが使えたので
クレジットカードで購入した。で、レシートもいるかどうか聞いてきたので、もらえる
ものは何でももらっておこうとYesを選択。そうすると切符の印刷が始まった。
2枚出てきたので、それを受け取って、列を離れた。その2枚をよく見ると、
行きの切符と帰りの切符だった。おや、と思って自動販売機の方を見ると
ポチの後ろに待ってたおばさんが困ったような目でポチの方を見てた。
あ、未だもらうべきものがあるのだなと思って、すぐ自動販売機のところに戻り、
既に出ていた2枚のシートを取り出した。それが、レシートと、クレジットカードの
使用明細だった。料金は定価で£7.4、Cheap Day Returnは£5.6だった。
かなり安くなってたよ。
 それから、電光掲示板で列車を見ると、Hampton Courtに行く列車がまもなく
出発するところだった。もう間に合わないかなと思いながらも、プラットフォーム
の方へ小走りに急いでいたら、数人の観光客のような人が走っていたので
ポチも走ったよ。そして飛び乗った。間に合った、間に合った。席も空いていた。
 Hampton Court駅まで約35分の旅だった。で、そこから歩いてHampton Court
Palace/Gardenに向かった。
 
 Hampton Court駅の
  プラットフォーム
  どんより曇ってたけど
  沢山の観光客だった
DSCF5173.jpg
 Hampton Court駅 DSCF5174.jpg
 駅からぞろぞろ歩いていたので
  その列についていった
DSCF5175.jpg
 
 あ、橋の手前で、切符を売ってる人が何人もいた。何の切符かよくわからず、
ポチはとにかくPalaceまで行ってみることに。
 売ってた切符は、そのとき、Palaceの隣でFlower Showをやってるみたいで、
その会場までの船の切符だった。
 
 多くの人が船に乗り込んでた DSCF5176.jpg
 ポチは橋を渡って
  Palaceの正門の方から
  入っていった
  ここはTrophy Gateらしい
DSCF5177.jpg
 広い敷地!
  芝生が綺麗だった
DSCF5178.jpg
 
 左手の建屋のなかで入場券が売ってたので、ポチも並んだ。そう列は長くなく
すぐ買えたよ。£12.3だった。そして、敷地の奥の方へ進んでいった。
 
 Hampton Court Palaceの正面
  ここがMain Entrance
DSCF5179.jpg
 Hampton Court Palaceの
  正面から
  Trophy Gateの方を
DSCF5180.jpg
 Palace正面の建物 DSCF5181.jpg DSCF5182.jpg
 Base Courtと、
  Clock Courtとの間の建物
DSCF5183.jpg DSCF5184.jpg
DSCF5186.jpg
 Base Courtに入ってきた
  Main Entrance側
DSCF5185.jpg
 Base Courtと
  Clock Courtの間の
  建物の通路で、
  昔の衣装の女性が
  説明してた
DSCF5187.jpg
 
 ポチは説明を聞いてもわからないのでパスし、建物内を散策した。建物内は
撮影禁止だった、残念。
 
 あ、Fountain Courtに出た DSCF5188.jpg DSCF5189.jpg
 そして、ここが
  Clock Court
DSCF5190.jpg DSCF5191.jpg
DSCF5192.jpg DSCF5193.jpg
DSCF5194.jpg DSCF5196.jpg
 建物の中から
  庭が綺麗に見えたので
  この撮影はいいんでしょう
  他の人も撮っていたので
DSCF5197.jpg DSCF5198.jpg
 遠くに池のようなものが見えた
  そのあたりでFlower Showを
  やってたよ
DSCF5199.jpg
 このような階段を降りた
  ここは撮影してもいいかなと。
  でも、見つからないよう、
  慌てて撮影したよ
DSCF5200.jpg DSCF5202.jpg
DSCF5201.jpg DSCF5203.jpg
 
 これで建物内の散策は終わりにし、Fountain Courtのところから、Great Fountain
Gardenへ出た。
 
 建物を出たら
  庭園が広がってた
  小雨が舞ってたけど
  そう気にならなかった
DSCF5204.jpg
 綺麗に手入れされた
  木が並んでた
DSCF5205.jpg
 ポチは小雨を避けるため
  その木の下を歩いたよ
DSCF5206.jpg
 庭園の突き当たりのところで
  Flower Showをやってた
  あ、Hampton Court Palace
  の一部なんだね
DSCF5207.jpg
 綺麗なブルーの花の花壇 DSCF5208.jpg DSCF5209.jpg
 面白い花
  紫の花びら、かな?
  初めて見た
DSCF5210.jpg DSCF5211.jpg
 Flower Showは
  大きな池の周りで
  開催されているみたいだった
DSCF5212.jpg DSCF5213.jpg
 Flower Showのところから
  また建物の方へ戻ってきた
  正面の出入り口から
  ポチはこの庭園へ出てきた
DSCF5214.jpg
 広い敷地のところどころに
  綺麗な花壇があった
DSCF5215.jpg
 Great Fountain Gardenには
  建物を中心に放射状に
  広い通りがあった
DSCF5216.jpg
 Great Fountain Gardenにある
  綺麗な花壇
DSCF5217.jpg DSCF5218.jpg
DSCF5219.jpg DSCF5220.jpg
DSCF5222.jpg DSCF5223.jpg
 Great Fountain Gardenと
  Privy Gardenの境界にある塀
  塀に沿ってずーっと花壇が
DSCF5224.jpg
 Privy Garden DSCF5225.jpg
 Hampton Court Palaceの
  Privy Gardenに面する側面
DSCF5226.jpg
 その建物の前から
  Privy Gardenの方を
  奥には噴水が見えた
DSCF5227.jpg
 建物を正面から DSCF5228.jpg
DSCF5233.jpg DSCF5234.jpg
 Privy Gardenの綺麗な花 DSCF5229.jpg
 Privy Gardenの奥にある
  サークル
  何かの像が建ってた
DSCF5232.jpg
 そこから建物の方へ
  戻りつつ撮影
DSCF5231.jpg DSCF5230.jpg
 Privy Gardenから
  Pond Gardenや
  その他の施設への
  通路の傍にあった花壇
DSCF5235.jpg
 Pond Garden
  綺麗な花が沢山咲いてた
  ここには入れなかった、残念
DSCF5236.jpg DSCF5237.jpg
 Pond Gardenと通路の間に
  塀に咲いてた綺麗な花
DSCF5238.jpg
 あ、これもPond Garden?
  Pond Gardenって
  二つの庭に分かれている?
DSCF5239.jpg DSCF5240.jpg
 Privy Gardenを出てから
  ポチが通ってきた小道
  右側がPond Garden
  左側には建物
DSCF5241.jpg
 Pond Gardenの塀に沿って
  ダリアの花壇があった
DSCF5242.jpg
 Mantegna's Triumphs of Caesar
  の展示室へ行く小道
  ポチはその部屋を通って
  Privy Gardenへの小道に出た
DSCF5243.jpg
 
 そして、Privy Gardenの建物の前を通って、Great Fountain Gardenに出て、
更に、建物沿いに歩いて、Privy Gardenの反対側に向かった。
 
 ポチが庭園に出てきた
  建物の出入り口を通り過ぎ
  更に歩いていくと
  また塀沿いに綺麗な花壇が
DSCF5244.jpg
 
 歩いていると、Royal Tennis Courtへの矢印があったので、行ってみることに。
でも、建物の中へ・・・室内コートだった。あ、でも、普通のテニスと違う!打ち方が
全く違うので、どうしてって見ていると、ボールもラケットも全く違うし、ルールも
違う。スカッシュとテニスを融合させたようなルールだった。そう、側面の壁を
利用してもいいようなゲームをやってたよ。
 
 Royal Tennis Court
  室内コートだった
  エキジビションのつもりか
  ゲームをやってたよ
DSCF5245.jpg
 テニスボールとラケットの説明 DSCF5246.jpg
 あ、これがラケット DSCF5247.jpg
 
 Royal Tennis Courtを出て、Hampton Court Palaceの庭をぐるっと回って
Lion Gateのところへ出た。
 
 ここが、Lion Gate DSCF5248.jpg
 
 Lion Gateのところを通り過ぎた所に、お目当てのMaze(迷路)があった。
ちょっと興味があったんだ。
 
 Mazeの案内板
  あれ、この図の通りの配置
  だったのかなあ?
  よく見ておけばよかった
DSCF5249.jpg
 
 いやあ、結構、大変だった。迷ったよ。はじめは子供だましで、すぐわかると
タカをくくってたんだけど、右往左往したよ。子供たち、家族ずれ、グループ、
いろんな国の人がトライしてたよ。何度も同じ人たちとすれ違い、あ、あいつも
迷ってんだって感じで顔を見合わせてた。通路にはセンサーが付いてて、
通ると、ぼそぼそって声が聞こえたり、叫び声が聞こえたり・・・驚かされたよ。
 
 こんな感じの迷路だった DSCF5250.jpg
 ここが、迷路の中心点
  沢山歩いて、やっと・・・
DSCF5251.jpg
 
 で、中心点に到達したから、さあ出ようとしたけど、またまた迷路に迷って・・・
何度もこの中心点に出てきたよ。で、結局、正規の出口を探すのを諦めた。
中心点の近くに抜け道があったので、そこから外に出た・・・小雨も少し強くなって
きたので。
 
 ここから出た
  うーん、Mazeを
  制覇できなかったのは心残り
DSCF5252.jpg
 Mazeのところから
  Hampton Court Palaceを
  ぐるっと回って、正面の方へ
  向かった
  緑の多い庭を通っていった
DSCF5253.jpg
DSCF5254.jpg DSCF5255.jpg
 この庭をぐるっと回って
  正面の方へ歩いて行った
DSCF5256.jpg DSCF5257.jpg
 で、宮殿への入り口のところへ DSCF5258.jpg
 宮殿の入り口あたり
  Hampton Court Palaceの
  最後の1枚を撮影
DSCF5259.jpg
 
 この正面入り口の前を通り過ぎたところに、敷地を出る門があったので、
そこを出て、川沿いの道を通って、列車の駅の方へ向かった。まだ小雨が
降り続いていたよ。
 
 あ、ここからロンドン市内の
  Westminsterまで船が出てた
  ちょっと乗りたくなったけど
  帰りにはWimbledonに
  寄りたかったから諦めた
DSCF5260.jpg
 Hampton Court Palaceの横の
  テムズ川の風景
DSCF5261.jpg DSCF5262.jpg
 
 さて、Hampton Court駅に戻り、Waterloo行きの列車に乗った。30分に1本
出てるから、待ち時間はそう長くは無かったよ。
 そして、もちろん、ポチはWimbledon駅で降りたよ。いや、ホントにテニス大会の
会場までたどり着けるか不安だったけど、えいやっと。
 駅を降りてみると、確かに見覚えのある街並みだった。昔、地下鉄で来たこと
があったので。でも、どこがどこだかさっぱりわからなかった。この駅からテニス大会
の会場までの臨時バスが出ている、とのことだったので、探した。駅周辺の地図も
無く、駅前にはテニス大会に関する案内は何も無く、さあ、困った・・・
 
 Wimbledon駅の建物 DSCF5263.jpg DSCF5264.jpg
 
 とにかく、バスの停まっていそうなところに行こうと、通りに沿って歩き始めたら
すぐに、Wimbledonテニス大会の看板を持ったおじさんを発見。そこに、バスを
待つ人の列が出来てた。それが、テニス大会会場への臨時バス乗り場だった。
バスはすぐに来たので乗り込んだ。えーっと、料金は忘れたけど、往復だと
ずいぶん安かったので、往復の切符を買った。バスはすぐに出発し、そう、15分
ほどで会場に着いた。
 
 このバスで、
  Wimbledonテニス大会
  の会場へ
DSCF5265.jpg
 
 バスを降りて、テニス大会の会場の周りをずい分歩いたよ。チケットを持ってる
人はゲートから入場できたんだけど、ポチは持ってないから、購入窓口を探した。
 
 あ、会場の塀には
  センターコート、No1コート、
  No2コートの指定席の
  料金表が貼り出されていた
  日によって全然違うんだねえ
DSCF5266.jpg
 Wimbledonテニス大会の案内 DSCF5267.jpg
 あ、会場内は賑やかだね
  ホントに入れるのだろうか・・・
DSCF5268.jpg
 
 会場の周りを半周ぐらい歩かされたようなところに、やっとチケット購入者の列が
あった。道路の反対側に、まずはチケット購入者のセキュリティチェックのゲートが
あった。まずそこを通過しなければならず、そこに短い列ができてた。ポチもその列に
並んだ。と、待ってると、地元のおばさんがつかつかとポチに寄ってきて、チケットを
持ってますかって、聞いてきた。ポチは持ってないと答えると、私のチケットを買って
いただけませんかって。どうやら、彼女は帰るみたいだった。座席はって聞くと、
1番コートのいい席ですよって。ポチは少し迷った。会場に入った後でも、ひょっとしたら
チケットは買えるかもしれないし、その方が安いかな、と。あ、値段は£28のチケットを
£20で、ということだった。でも、会場内で指定席のチケットを購入できる保証は無いので
思い切って買うことにしたよ。
 で、セキュリティチェックを受けて、高架の橋で道路を渡り、会場の方へ向かった。
 
 高架の橋の上から
  賑やかな広場の方を
  あそこに大きな画面が
  有るらしく歓声が上がってた
DSCF5269.jpg DSCF5270.jpg
 高架の橋の上から
  会場内の建物あたりを
  それにしても沢山の人が
  散策してるねえ
  これも、ウインブルドン大会の
  楽しみ方、なのかな?
DSCF5271.jpg DSCF5272.jpg
 
 橋を降りると、すぐにチケット売り場と、ゲートがあった。ポチは購入したチケットを
提示し入ろうとしたら、ゲートの若い男性、アルバイトみたいで、うーん、と悩んで
専門の係りの人を探してきた。その人によると、指定席券を所持していても、
手に退出の印の無い人(その指定券を購入したりもらった人)は、入場券
(Ground Only Chicket)を購入してもらわないといけない、ということだった。
まあ、仕方が無い、£13出して、入場券を別途購入したよ。うーん、全体で£33、
少し高かったかな?ま、でも、いいか。
 そして、念願のウインブルドンテニス大会会場に入ったよ。
 
 早速、ポチの指定席のある
  1番コートに行ってみた
DSCF5273.jpg
 1番コートの建物の通路 DSCF5274.jpg
 
 で、チケットを係りの人に見せ、スタンドに出た。いやあ、感激したねえ。
パーッと目の前が広がって、沢山の観客が目に入ってきた。ウインブルドン
テニス大会のコートサイドに来たんだと、興奮気味だった。座席は、前の方から
4〜5列目で、目線は若干選手より高め、審判のほぼ真後ろの位置の席で
いい席だったよ。
 雨が降って中断しているんだろうね。コートはカバーで覆われていた。
 
 ポチの座席から
  コート、スタンドを
  中断中だから
  席を離れている人も多かった
DSCF5275.jpg DSCF5276.jpg
DSCF5278.jpg
 ポチの前は
  大柄のお姉さまが・・・
DSCF5277.jpg
 
 さて、しばらく席で会場の雰囲気に浸ってると、場内放送が・・・そうすると、
大歓声と拍手が沸きあがった。どうやら、再開するらしい・・・
 
 場内放送から10分ほどして
  若い男性中心の
  カバーを除く作業担当者が
  カバーを片付け始めた
  
  
DSCF5279.jpg DSCF5280.jpg
DSCF5281.jpg
 そして、選手用の椅子が
  運び込まれた
DSCF5282.jpg
 あ、この主審席に登ってる
  若い人が主審らしい
DSCF5283.jpg
 そして、ボールボーイ、
  ボールガールが登場
DSCF5284.jpg
 次に、線審団が登場 DSCF5285.jpg
 ボールボーイ、ボールガールと
  線審が位置に着いた
DSCF5286.jpg
 そして、選手が登場
  あ、男子ダブルスだ
  後でわかったんだけど、
  この試合は
  男子ダブルスの準決勝だった
DSCF5287.jpg
 選手たちは
  試合の準備を
DSCF5288.jpg
 ポイントの表示板が
  2箇所あった
DSCF5289.jpg DSCF5290.jpg
 試合開始前の
  主審の注意と
  サービスを決める
  トスを行ってた
  それにしても4人とも
  背が高い!
DSCF5291.jpg
 試合前の練習が始まった
  左側が双子のBryan兄弟で
  この試合(準決勝)にも勝って
  結局、男子ダブルスで
  優勝したよ
  これで4大大会全てを制覇
  グランドスラマーになった
DSCF5292.jpg DSCF5293.jpg
DSCF5294.jpg
 試合中は、コートに近いので
  プレーの邪魔をしないように
  撮影は自粛、このサーブの
  写真だけ
DSCF5295.jpg
 
 試合は面白かった!長身からのサーブ、速くて切れがあるねえ。レシーブも
ミスを恐れずしっかり打ってた。試合は拮抗していて、実力の差って、そんなに
無いんだね。ただ、4セット目は、明らかにBryan兄弟がペースに乗り、相手は
ミスが多く出て、一方的だった。まあ、ちょっと可愛そうなにもなったね。
Bryan兄弟のペアは今大会の第1シードだったみたいね。応援している人も
Bryan兄弟の方が圧倒的に多かったよ。相手のチームはそれにもいらいら
していたみたい。審判と何度か話をしていた。クレームではなさそうだったけど。
 
 試合結果の表示 DSCF5296.jpg
 
 試合時間は2時間半程度、雨の中断による待ち時間が30分くらいあったから
ポチがスタンドに居たのは3時間くらいだった。この試合が終わったのが5時半過ぎ、
でもみんなは席に着いたままだったから、次の試合もあるのでしょう。でも、ポチは
そんなに遅くまでは居られないので、スタンドを出た。
 
 あ、あの広場が一杯だった
  センターコートの
  男子シングルスの試合
  優勝者Nadalの準決勝の試合
  を見てたよ
DSCF5297.jpg
 このコートは何番コートかな?
  整備していたから
  これからまた試合が
  あるのでしょう
DSCF5298.jpg
 こちらのコートも整備中 DSCF5299.jpg
 ポチは、バス乗り場の
  出口の方に向かった
  帰る人も多かったよ
DSCF5300.jpg
 あ、女子ダブルスの
  試合をやってた
  いやあ、見てるとポチも
  やりたくなる・・・
DSCF5301.jpg
 ここがセンターコート
  歓声が聞こえていたよ
DSCF5302.jpg
 試合結果の
  電光掲示板があった
DSCF5303.jpg
 
 さて、会場を出ると、バス乗り場はすぐだった。バスはすぐ到着し、乗り込んだ。
で、10分もしないうちに出発、Wimbledon駅に向かった。
 
 さあ、Wimbledon駅に戻った DSCF5304.jpg
 
 このWimbledon駅から地下鉄でロンドンの市中央へ戻った。夕食を取ってホテルに
戻る予定なので、Piccadilly Circus駅で降りた。そして、Shaftesbury Ave.から
Wardour St.に入った。今日の目的のお店は、「Satsuma」という和食のお店なんだ。
Wardour St.を歩いてるとすぐわかったよ。
 お店は、何だか現地の若者向けのスポーツバーみたいな店内だった。まあ、
落ち着いてじっくり飲む、というお店じゃないね。でも、とりあえず、アサヒビール
(330mlで£2.8)を頼んだ。それから、酢の物(£3.9)を注文、これには黒、赤のトビコ?、
タコ、貝、エビ、それに魚の切り身が入ってた。それから、餃子(£3.9)を注文、
5ピースあって、まあまあの味だったよ。あ、ビールを追加注文し、食事用として
海鮮焼きそば(£6.4)を注文した。甘いタレだったけど、美味しかった。
 
 「Satsuma(さつま) DSCF5305.jpg

 今日もおなか一杯になり、地下鉄でホテルに戻った。そして、荷物を整理し
早々に寝た。
 
続き(7月8日)へ