ヨハネスブルグ、フランクフルト出張記

 11月17日(金)ヨハネスブルグ
             ー>18日(土)フランクフルト
   激しいスコールのため、ホテルで終日・・・
   5時過ぎにシャトルに乗って空港へ
   で、約10時間のフライトで、フランクフルトへ
   フランクフルトのホテルには早朝の6時到着
   ホテルは、市内のはずがなんと郊外!
     交通機関はバスしかないところ・・・
   それにもめげず、早速フランクフルト市内散策へ
     フランクフルト中央駅、カイザー通り、
     マイン川、レーマー広場周辺、
     オペラ座
   そして、昼食は「ひげ松」でとんかつ定食!
   夕食は、近くの歴史あるレストランで
     ステーキのディナーを
  
 さあ、今日はヨハネスブルグを発つ日。でも、フライトは夜の8時20分発なので、
シャトルの会社には、夕方4時にホテルに迎えに来るよう、依頼していた。
 さて、それまでどうするか・・・観光ツアーに行くということも考えたけど、どうも
このホテルへ迎えに来てくれるツアーは無さそうだし、どうしようかと迷ってたら
激しい雨が降ってきたよ。そこで、もう観光は諦めた。でも、ホテルのチェックアウト
はお昼の12時。追い出されると、行く所がない・・・そこで、フロントに相談したら
シャトルが迎えに来る夕方4時まで、部屋を使っていい、ということだった。
よかったあ!
 
 ものすごいスコール! DSCF6714.jpg DSCF6715.jpg
 
 ホテルの部屋で、荷物のを整理したり、ネットに繋いで、仕事をしたり・・・
のんびりしたよ。そして、4時少し前にチェックアウトし、ホテルのフロント前の
ロビーでシャトルを待った。そのときは、雨も小降りで助かったよ。
 ところが、またシャトルがなかなか来ない・・・またいつものように遅れてるのかと
待ってたけど、30分過ぎても来ないので心配になって、シャトルの会社に連絡したら
今何処にいるんだ、どこでピックアップすればいいんだって言うから、宿泊している
Protea Hotel Samrandだって言ったら、10分くらいでそちらに行く、ということだった。
電話してよかったなあって思いながら待った。けど、10分経っても来ない・・・
心配だからまた電話したら渋滞で遅れてる、10分くらいで着く、ということだった。
で、結局来たのは、5時過ぎ・・・
 すぐに乗り込むと、会議会場のホテルGlenburn Lodgeから乗ってきた人、3人が
既に乗ってた。その中に日本人がいたので聞いたら、ポチが会議会場にいると思って
みんなで探したんだって。でも、シャトルの会社には、Protea Hotel Samrandで16時に
ピックアップをって依頼していたのに、どうもそれがシャトルの社長が忘れてたみたいで
運転手さんに伝わってなかった・・・まあ、みんなフライトには間に合ったからよかった。
 
 ヨハネスブルグ空港の
  ルフトハンザ航空の
  チェックインカウンター
DSCF6716.jpg
 
 さて、チェックインが終わった後、身軽になったので、免税品のお店へ。
そこにも、Mainstay Caneがあった!ClearWaterショッピングセンターより安かった!
悔しいなあ。ま、でも、空港免税店にあるかどうかわからなかったので、仕方が無いけど。
 あ、ポルトがあったので、買おうと思ったけど、ずいぶん迷った・・・
というのも、ヨーロッパの国では、テロ対策で液体のものは機内持ち込み禁止、と
聞いていたので・・・で、考えてもわからないので、お店の人に聞いたよ。そうしたら
行き先はフランクフルトだと言う事で、問題無いって。それで、ポルトを1本、購入
したよ、南ア産のポルトをね。あ、ポルトは、甘いワイン、濃いワイン、なんだ。
アルコール度は40度くらいある。これが結構美味しいんだ。ポルトガルのポルトが
もちろん有名だけど、南アにあるとは知らなかったので、買ってみたんだ。
 で、出発ゲートに歩き始めたら、途中のゲートに長い列・・・どうやら、手荷物検査
らしい。液体のものを並べチェックを受けていた。行き先はパリだった。どうも
フランスは厳しいチェックを要求してるみたいね。EUでも、国によって厳しさが
違うらしい。
 搭乗ゲートは混雑してたよ。みんなちゃんとした列を作らないんだねえ。
何だか割り込み割り込みで・・・ゲートの待合室は沢山の人で混乱してたよ。
やっとゲートを通過し、バスで駐機場へ。そして、搭乗。で、そこで、しまったあ、
って思ったよ。座席が通路側じゃない!そう、通路側をお願いすることを忘れてた!
両側に人が座ると辛いなあ・・・バスが着くたびに沢山の人が乗り込んできた・・・
ポチの横の通路側の席が空いていますように、と祈りながら、みんなの搭乗を待った。
で、係りの人が座席の調整を始めたので、隣の通路側の空席に移っていいかと
聞いたら、OKだった。ラッキー!で、ポチの横の続く3席には、ドイツ人のお母さんと
子供2人が移ってきた。ごっつい、席からはみ出すようなおっさんじゃなくてよかった!
 ところが、ポチの横に座った幼稚園程度の子が、椅子に横になって寝てたけど
やはり狭くて、ポチの方に足を伸ばそうとするんだ・・・お母さんは隣で、その足を
押さえ、ポチに迷惑をかけないようにと、おさえてくれているんだけど、それでも
キックを受けたよ。ポチが寝てるときに、時々その子のキックを喰らった・・・
ちょっと睡眠不足・・・その子は良く眠れたんだろうけど・・・
 フランクフルトまでは10時間とちょっと、完全な夜行便で、朝5時ごろ、到着した。
で、入国手続き、税関検査を終え入国後、ユーロの現金が少ないので換金しようと
Foreign Exchangeを探した。ポチが着いたのはAターミナル、そのターミナルにも
奥の方にForeign Exchangeの窓口が見えたので行ってみたら、朝早くだからか
閉まってた。で、張り紙があって、Bターミナルの窓口へ、と書いてあったので
荷物を手押し車に載せ、Bターミナルへ行ってみた。ところが、そこも閉まってた。
で、仕方なく、Aターミナルに戻ってきた。でも、ユーロ、どうしても購入したく
もう一度、窓口の張り紙を見ると、Cターミナルにもあるみたいだったので、
Bターミナルを通り過ぎ、Cターミナルへ行ってみた。ところがそこも閉まってた!
どこか開いてるだろうと思ってたのに・・・もう、諦めて、タクシー乗り場へ。いや、
少しだけユーロの現金は持っていたので、良かったよ。
 未だ薄暗い中、タクシーでホテルへ向かった。フランクフルトの観光地の
近くのホテルのはずだったけど、早朝なので、その賑やかさは感じなかった。
で、ホテルに到着。そのホテルの周りは緑が多く、街中なのに静かな所だった。
 で、ホテルのフロントへ。早朝だから、チェックインは無理かな、と思ったけど
チェックインでき、部屋に入ることができた。あ、禁煙の部屋を依頼していたので
まずは禁煙の部屋で手続きをしてくれてたけど、ふと気になったのか、バスタブが
必要なら、喫煙の部屋になります、でもこのホテルは新しいから、タバコの匂いは
気にならないと思いますよって言ってくれたので、喫煙の、バスタブのある部屋に
変えてもらった。部屋に入ったのは朝の6時ごろだったよ。
 で、ホテルの窓からの景色を見ながら、ここがどの辺りになるのか、手持ちの
地図で確認しようとしたんだけどわからず・・・そこで、フロントに行って、現地の
地図をもらってこのホテルの位置を記してもらってびっくり!市内ではなく、郊外!
なんでって、思ったけど、ホテルの人に聞いても仕方が無いので、部屋に戻って、
JALラウンジで入手した観光書の地図で位置を確認したけど、ホントに街のはずれ
だった・・・
 うーん、参った・・・もう一度、フロントに行って、交通機関を聞いてみたら、
バスしかないらしい。とりあえず、ホテルの近くを走ってる二つのバス路線の
停車駅一覧と時刻表をもらってきた。あ、フロントでもらった地図にはバス路線も
表示されてたので、じっくり、調べたよ。両方ともフランクフルトの地下鉄の駅に
行くようだった。いやあ、参った。
 まあでも、今さらホテルを変わるなんて面倒だから、このホテルに泊まるしかない。
覚悟を決めて、まずは市内へ出てみる事に。ホテルを出たのは8時ごろだったかな。
フロントで聞いた、バス停へ向かった。
 
 これがポチが泊まった
  Hotel Friedberger Warte
DSCF6717.jpg
 道路の交差点の中央にあった
  お城のような建物
DSCF6718.jpg
 バス停へ向かって
  このような晩秋の通りを
  歩いて行ったよ
DSCF6719.jpg DSCF6720.jpg
 これが34系統のバス停 DSCF6721.jpg
 
 バスに乗ったら、10分足らずでBornheim Mitteという街に着いたよ。
ここで地下鉄に乗り換えた。あ、バス、地下鉄も、1回の乗車券が1.9ユーロ
だったので、乗り換えで往復だけで7.6ユーロ、ということで、1日券を購入したよ、
4.9ユーロと、割安だったので。
 
 Bornheim Mitteの朝市
  土曜日だからかな?
DSCF6722.jpg
 
 で、地下鉄で、フランクフルト中央駅まで行った。この中央駅まで、ホテルから
そう、約40分くらいかかった。いや、最終日、ここから近郊電車に乗ってDarmstadt
へ行かなきゃならなかったので、時間を確認したかったんだ。まあ、1時間前に
ホテルを出れば、多少の遅れがあっても大丈夫、ということがわかったよ。
 
 フランクフルト中央駅構内 DSCF6723.jpg
 フランクフルト中央駅の
  プラットフォーム
DSCF6724.jpg
 フランクフルト中央駅構内に
  こんなミニチュアの町が
  置いてあって、電車の走行を
  制御できるようになってた
  子供が遊んでたよ
DSCF6725.jpg
 
 で、この構内にある両替所、以前も使ったことがある両替所で、換金したよ。
これで、ユーロをたっぷり入手でき、一安心。
 
 フランクフルト中央駅の建物 DSCF6726.jpg
 中央駅の前から伸びる
  カイザー通り
DSCF6727.jpg
 中央駅の前を横に走る
  路面電車の駅
DSCF6728.jpg
 路面電車が走る通りを
  渡ったところから
  フランクフルト中央駅
DSCF6729.jpg
 カイザー通りの
  両側にある木も
  葉の色が黄色に
DSCF6730.jpg
 カイザー通りを進み
  ゲーテ像のある
  公園のところへ
DSCF6731.jpg
 ゲーテ像のあるところで
  右に曲がり
  ユーロタワーのところへ
  そこで左に曲がり・・・
  1本奥の通りへ出て
  更に右へ曲がって
  マイン川の方へ向かった
DSCF6732.jpg DSCF6733.jpg
 シャウシュピールハウス
  オペラ、バレーなどが
  催されるホールらしい
DSCF6734.jpg
 
 そして、マイン川に出たので川べりへ降りた・・・
 
 ウンターマイン橋の
  橋の下越しに
  向こう側の通りを
DSCF6735.jpg
 橋のこちら側の
  川べりの通り
  晩秋の感じが良く出てる
DSCF6736.jpg
 青空の下の
  綺麗な黄色の葉
DSCF6737.jpg
 マイン川
  遠くに見えるのは
  アイゼルナー小橋
DSCF6738.jpg
 マイン川沿いの通り
  いい天気で、日向ぼっこ、
  ランニングを楽しんでる人も
DSCF6739.jpg
 アイゼルナー小橋へ
  向かって歩いていくと
  レオンハルト教会があった
DSCF6740.jpg
 アイゼルナー小橋
  この橋は人道のみ
DSCF6741.jpg
 
 ポチもこの小橋に上がって、歩いてみたよ。
 
 歴史博物館
  アイゼルナー小橋の上から
DSCF6742.jpg
 ポチが歩いてきた方向
  川べりの公園を
  アイゼルナー小橋の上から
DSCF6743.jpg
 あ、マイン川の観光船
  今回は乗らなかったけど
DSCF6744.jpg
 
 で、アイゼルナー小橋を降り、歴史博物館のところからレーマー広場の方へ
歩いて行った。
 レーマー広場は、中央に噴水のある広場だったけど、クリスマスシーズンのためか
広場に臨時の店舗が多数設営中で、広場はお土産物や食べ物のお店が並ぶ街、
クリスマスマーケットに変身中だった。
 
 レーマー広場の周りの建物
  ニコライ教会も見えるね
DSCF6745.jpg DSCF6749.jpg
DSCF6746.jpg DSCF6748.jpg
 これはレストラン DSCF6747.jpg
 
 レーマー広場から、大聖堂(ドーム)へ向かった。
 
 あ、途中で
  レーマー広場の方を撮影
DSCF6751.jpg
 ドームの塔が見えてきた
  あ、前回は修復作業中で
  建物が見れなかったけど
  終わったみたいね、よかった
DSCF6750.jpg DSCF6752.jpg
 ドームには無料で入れるんだ
  今回も入ってみたよ
DSCF6753.jpg DSCF6754.jpg
 壁にこんなものが・・・
  何だろう・・・
DSCF6755.jpg
 中央の祭壇の両側 DSCF6756.jpg DSCF6757.jpg
 で、中央の祭壇には
  高い所にキリストが・・・
DSCF6758.jpg
 側面の祭壇の一つ DSCF6759.jpg
 
 ドームを出て、ドームの周りをぐるっと大回りしてみた。
 
 まずは、ドームの塔を
  正面から見上げて
DSCF6760.jpg
 少し離れた所から
  ドームの塔の全体を
DSCF6761.jpg
 ドームを別の角度から DSCF6762.jpg DSCF6763.jpg
 Braubach str.側からの
  レーマー広場への入り口
DSCF6764.jpg
 奥の左手が市庁舎
  右手がパウルス教会
DSCF6765.jpg
 パウルス教会 DSCF6766.jpg
 レーマー広場と反対側
  リーブフラウ教会の塔
  が見えた
DSCF6767.jpg
 何の花だろう?
  桃?桜?
DSCF6768.jpg DSCF6769.jpg
 リーブフラウ教会が
  見えてきた
DSCF6770.jpg
 リーブフラウ教会の入り口 DSCF6772.jpg DSCF6771.jpg
 ここで、来た道のほうへ戻り
  再びレーマー広場の方へ
DSCF6773.jpg
 Braubach str.から
  レーマー広場の方を
DSCF6774.jpg
 再びレーマー広場
  クリスマスマーケットへ
  向けての作業中だった
  その中でも、観光客が
  沢山散策してた
DSCF6775.jpg
DSCF6776.jpg DSCF6777.jpg
DSCF6778.jpg DSCF6779.jpg
 
 これでレーマー広場周りの散策は終わりにし、オペラ座へ向かうことに。
レーマー駅から地下鉄に乗り、Alte Oper駅まで行った。駅を出ると、オペラ座は
すぐだった。
 
 オペラ座 DSCF6780.jpg
 
 オペラ座1階のチケット売り場に入り、滞在中にいいコンサートが無いか調べたけど
残念ながら予定されてなかったよ。
 
 オペラ座前の公園
  うーん、晩秋の景色だねえ
DSCF6781.jpg
 オペラ座前の賑やかな通り
  グローセ・ボッケンハイマー
  に入った
DSCF6782.jpg
 
 で、途中から、小道に入り、和食のお店「ひげ松」を探した。ちょっと迷ったけど
見つけることができた。前にも来た事があったから、大体はわかってたからね。
そう、もうお昼の時間だったから、「ひげ松」で食事を取るのも、オペラ座へ来た
目的の一つだったんだ。
 
 「ひげ松」
  ここでとんかつ定食を
  食べたよ。美味しかった!
DSCF6783.jpg
 
 食事の後、別の通りを通って、地下鉄のAlte Oper駅へ向かった。途中、公園が
あった。綺麗に紅葉していたので、ちょっと寄り道・・・
 
 ホッホ通りの公園 DSCF6784.jpg
DSCF6785.jpg DSCF6786.jpg
 
 もう、かなり疲れてたので、Alte Oper駅から地下鉄に乗り、朝、地下鉄に乗った
Bornhaim Mitte駅へ。
 
 あ、Bornheim Mitteの
  通りでは朝市のお店
  まだ開いてた
  一日中、やってるんだ
DSCF6787.jpg
 
 帰りのバス停もすぐに見つかったよ。10分ほどでバスが来たので乗り込んだ。
路線図、一つ一つの駅の名前もわかってるし、バス内に次の駅の名前が表示
されるの心配することも無く、ホテル近くの駅で降りられた。
 
 バスを降りたところからの
  ホテルの前の
  お城のような建物
DSCF6788.jpg
 で、ホテルが見えてきた
  ホッとしたよ
DSCF6789.jpg
 ホッとして
  お城のような建物を
  再び撮影
DSCF6790.jpg DSCF6791.jpg
 
 あ、この建物のそばへ行けそうだったので行ってみた。
 
 壁にこんなものが
  うーん、何だろう・・・
  家紋のようなもの?
DSCF6792.jpg DSCF6793.jpg
 あ、ここはレストランだった DSCF6794.jpg
 外壁は綺麗な
  赤い実を沢山付けた
  草で覆われてた
DSCF6795.jpg
DSCF6796.jpg DSCF6797.jpg
 ホテルの前からもう1枚 DSCF6798.jpg
 ポチの部屋からもう1枚 DSCF6799.jpg
 
 部屋に戻ったのは、午後2時半ごろ、だったかな。ホテルを出発して6時間ほど
経ってた。疲れるはずだ・・・ベッドで一眠りしたよ。
 夕方、夕食も市内の和食のお店へ行こうと思ってたけど、お店が開くのは
6時半、早すぎても寒い中を待つのは嫌だなと、ぎりぎりまでホテルに居ることに
したんだ。それが裏目に・・・5時半過ぎに、そろそろいいかなと思って、もう一つの
路線のバスに乗れば乗り換え無しで目的の和食のお店に行けるようだったので
そのバス停を探した。ところが、もう真っ暗で、歩いても歩いても見つからない・・・
道路の反対側かなと思って探したけど、それでも見つからない・・・仕方なく、
さっき乗ったバスを使って、地下鉄乗り継ぎで行くしかないかと、ホテルの方へ
戻って行ってたら、雨が降り出してきた・・・あらら、困った。雨の中、遠くへでかける
のは面倒だなあって気持ちになって、あのお城のような建物のレストランに行ってみる
ことにしたよ。
 ここは歴史的なレストランみたいね。入り口に書いてあった。予約無しで大丈夫かな
と思ったけど、接客のおじさんが7時からの予約席へ座らせてくれた。1時間以上
あったので、まあ、大丈夫だと判断したのでしょう。
 で、早速ビールを注文した。大小あるみたいだったけど、もちろん大きい方を。
そして、ステーキのディナーを注文した。他の料理は、どんなものかさっぱり想像が
つかなかったので・・・いや、美味しかったよ、ここのステーキ、厚くて、ボリュームも
あって。ビールをお代わりして、食事は終了。料金はチップ込みで22ユーロ、
安上がりの夕食だった。
 
 レストラン
  名前はホテルと同じ
  Friedberger Warte
DSCF6800.jpg DSCF6801.jpg
 
 ホテルは目の前、帰りは楽だったね。
 部屋に戻って、ゆっくりお風呂に入り、メールの処理をして、寝たよ。
 
続き(11月19日)へ