平泉・一関旅行記
 

8月24日(火) 一関

  朝食前に、近くの厳美渓を散策

  まずは、バス乗り継ぎで

             猊鼻渓の船下りへ

  次に、タクシーで幽玄動へ

  幽玄動から猊鼻渓へタクシーで戻り

    猊鼻渓からJR大船渡線で一関へ

  一関からバスで渓泉閣へ戻った

  夕食はもちろん渓泉閣、

    一関で入手した地酒を楽しんだ

 

朝6時前に目が覚め、ホテル内の温泉へ。誰もいなく、独り占め!

脱衣場には、マッサージチェアがあったので、それも楽しんだ。

そして、6時半ごろ、近くの厳美渓散策に出かけた。

もう結構日差しは強かったけど、風は爽やかだったね。

しかし、厳美渓観光案内図に従って歩いたんだけど、しばらくは

田舎の道、というだけで、渓谷のようなものが無かった。

あ、厳美渓のもう一つのホテル、いつくし園があった。

こちらの方が、渓泉閣より大きいね。
 いつくし園 DSCF0631.jpg

ここからもまたしばらく歩くと、やっとせせらぎの音が聞こえ、橋があった。

これが、長者滝橋ですね。あ、この川は、磐井川、ですね。
 長者滝橋 DSCF0632.jpg
 こちらがホテル側で
  厳美渓の中心がある所
  磐井川の下流側ですね
DSCF0633.jpg
 あ、この小さな滝が
  長者滝、らしい
DSCF0634.jpg

この橋を渡って、ホテルとは反対側の川沿いの通りを、磐井川の下流に

向かって歩いていった。

いやあ、こちらも、しばらくは単なる田舎道、川のそばには下りれなかった。

急斜面で危険みたいね。
 とことどころで
  川の流れが見えた
DSCF0635.jpg DSCF0636.jpg
 道端の花 DSCF0637.jpg DSCF0638.jpg 

DSCF0639.jpg

しばらく歩いて、やっと観光地みたいな雰囲気のところに着いた。

「かっこうだんご」のお店、空飛ぶだんご、で有名なお店に着いた。

もちろん、未だやってなかったけど。
 空飛ぶだんごのお店
  かっこうだんご
DSCF0640.jpg

このだんご屋の先に、天工橋があった。
 天工橋から
  上流の方を
DSCF0641.jpg DSCF0642.jpg
 天空橋から
  下流の方を
DSCF0643.jpg

天工橋を渡り、ホテル側に戻って、更に下流の方に向かった。

これまでの通り、舗装された自動車道とは違い、川沿いの山道、

散策路があるようだったので、そこを歩いてみることに。

その先には、御覧場橋があるようだ。
 散策路の入り口
  御覧場橋まで
  200mとのこと
DSCF0644.jpg
 散策路は、
  木々に囲まれていた
DSCF0645.jpg 
 散策路から、
  断崖絶壁の下の
  川を覗きこんだ
DSCF0646.jpg DSCF0647.jpg
 これが御覧場橋
  つり橋で渡る時
  ぐらぐらして怖かった!
DSCF0648.jpg DSCF0649.jpg
 御覧場橋から上流の方を
  見えるのが天工橋
DSCF0650.jpg

御覧場橋を渡って、再び磐井川のホテルとは反対側に行き、

川の上流に向かって歩いた。こちらは舗装された自動車道だった。

しばらく歩くと、川の近くに下りる階段を見つけた。
 早速、降りてみたよ DSCF0651.jpg DSCF0652.jpg

DSCF0655.jpg

 渓流が身近に見れた DSCF0654.jpg DSCF0653.jpg

また、階段を上って、自動車道へ出て、更に上流の方へ歩いていった。

そして、天工橋近くに来るとガラスのお店?展示場?があった。

もちろん、未だ開いてなかったけど。
 ガラス製品の展示場 DSCF0656.jpg

で、天工橋をホテル側に渡り、ホテルへ戻った。大体、1時間くらいの

早朝の散策だった。

ホテルに戻って、すぐにまたホテルの温泉へ。まだ誰もいない。

一人でのんびり入ったよ。マッサージチェアもね。

で、部屋に戻ると、朝食の準備ができていた。

朝からいろいろ食べたなあ。お腹一杯になったよ。

食後、少しゆっくりして、10時ごろだったかな、ホテルを出発した。

またバスで一関に戻るんだけど、今朝乗るバスは、別ルートのバス

ということで、バス停がある天工橋まで歩いた。
 途中にあった案内板 DSCF0657.jpg

やはり厳美渓の景色が気になり、途中でまた写真を撮った。
 厳美渓 DSCF0658.jpg DSCF0659.jpg

バス停は、天工橋を渡っただんご屋の前、とホテルの人に聞いていたので、

あ、「かっこうだんご」屋だとすっかり思い込んで、その近くを探したけど

バス停らしきものが無い・・・まあ、田舎だからそうかも、と思って待っていると

空飛ぶだんごが飛んでいた!対岸の川岸にプロのカメラマンらしき人たちがいたので、

撮影のための空飛ぶだんごだったのでしょう。

ちょっと気になって、地元のおばさんに、バス停を聞いたら、

バス停は天工橋の先の「月見だんご」屋の前、ということだった。

どうやら、この辺りにはだんご屋さんが多いらしい。ホテルの人も多分「月見だんご」屋

と言ったのでしょうけど、まあ、ポチがその場で「かっこうだんご」だと思ったのでしょうね。

とにかく急いでそちらに歩いていたら、バスが通り過ぎてしまった。慌てて手を挙げながら

走ったよ。運良く、バス停には1人、待っている人がいたので、バスは停車、ポチも

そのバスに乗れた。助かったあ!

そのバスで、一関へ戻り、バスを乗り換えて猊鼻渓へ向かった。

このバスも結構長かった。40分位かかった。あ、厳美渓までのバスは

一関から20分位だった。

猊鼻渓へは、バス停から少し歩かねばならなかった。
 猊鼻渓の
  船の乗り場が見えてきた
DSCF0660.jpg

猊鼻渓は、砂鉄川沿いの渓谷、約90分の川下りが楽しめるんだ。

早速、乗船券を購入、ホテルで10%割引券を持っていたので、

1350円だった。
 川下りを終え
  下船するお客さんたち
DSCF0661.jpg
 ポチの乗る船は
  ちょうど12時の出発!
DSCF0662.jpg DSCF0663.jpg
 あ、大船渡線の列車! DSCF0664.jpg
 川下りから戻ってきた船 DSCF0665.jpg DSCF0666.jpg
 そそり立つ岩に
  木がまとわりついてる
  という感じかな
DSCF0667.jpg
 川岸に並んでいる船は
  雨天用で屋根がある
DSCF0668.jpg
 船が川岸に近づいたので
  山肌いや岩肌を撮った
  でも葉が茂って
  見えないね
DSCF0669.jpg
 いやあ、船が
  日陰に入ると涼しい!
DSCF0670.jpg
 あ、鯉がいた
  猊鼻渓は禁漁なので
  魚の天国らしい
DSCF0671.jpg
 鴨もいた DSCF0672.jpg DSCF0673.jpg

猊鼻渓の両側の岸壁にはさまざまの名前がつけられていた。

凌雲岩というのがあった。まあ、雲を凌ぐほどの高さを誇る岩、

というところでしょうか。
 凌雲岩 DSCF0674.jpg DSCF0675.jpg

岸壁の洞窟に毘沙門天があった。船からお賽銭を投げ込む人もいるのかな?

船頭さんが、投げるなら500円玉が入りやすいと、毘沙門天さんに代わって

営業をしてた。あ、投げるのが難しい方は、船頭さんの足元に500円玉を

置いてください、とも(笑)
 岸壁の洞窟の毘沙門天 DSCF0676.jpg DSCF0677.jpg

DSCF0678.jpg DSCF0679.jpg

 すごい岸壁が見えてきた DSCF0682.jpg DSCF0685.jpg
 上段の2枚の写真が男岩


 下段の写真が女岩
  女性の横顔のよう
  ということらしい

DSCF0683.jpg DSCF0684.jpg

DSCF0686.jpg

 川下りの船とすれ違った
  あ、この船の船頭さんは
  猊鼻渓でただ一人の
  女性船頭さん、とのこと
DSCF0687.jpg
 おお、メタボ気味の鯉が
  沢山いた
  同病相哀れむ・・・
DSCF0688.jpg
 川岸の絶壁 DSCF0689.jpg
 ここで、船を降り、
  歩いて猊鼻渓の奥へ
DSCF0691.jpg DSCF0692.jpg
 目の前にも岩の絶壁 DSCF0693.jpg
 藤棚、季節なら
  綺麗なんでしょうね
DSCF0694.jpg
 岩の壁のすごさ、
  わかりますよね
DSCF0695.jpg
 更に歩いていくと
  げいび橋が見えてきた
DSCF0696.jpg
 すごいねえ
  何かがいそうな
DSCF0697.jpg
 ここが猊鼻渓観光の
  最奥地ですね
DSCF0698.jpg

ここに、おじさんがお店を出してて、磁器製の小さな石を売ってた。1個20円。

石には、1文字が焼印されていて、”運”、その他になんだったかな、

全部で5種類ぐらいの文字が焼かれていて、自分の希望する願いの石を買い

それを対岸の岩壁にある「獅子ケ鼻」と呼ばれる穴へ入れると、

その願いがかなえられるそうだ。

ポチは、100円で5個、購入し、トライした。購入した石は、えーっと何だったか

”運”と”福”だったような記憶が。

はじめは、野球の投手のように、スピードボールで穴を狙ったが

いずれも穴の下にいってしまい、見た目以上に遠いことがわかったので

4投目には、遠投の感じで、山なりのボールを投げたら、入った!

入ったら、周りの人が驚いていた。

で、5投目、最後の石も更に遠くに投げる感じで投げたら、ど真ん中に入った!

石を売ってたおじさんが、今日入った人が16人目とか言ってたよ。
 「獅子ケ鼻」を狙う石投げ
   女性にはちょっと
   無理かもね
DSCF0702.jpg DSCF0699.jpg
 ホントに岩の絶壁だね DSCF0701.jpg
 更に奥の方にも
  沢が続いていたが
  入れないんだろうね
DSCF0703.jpg
 水辺に鳥が
  わかるかな?
DSCF0704.jpg DSCF0708.jpg
 これが「獅子ヶ鼻」かな? DSCF0709.jpg
 もう一度、岩壁を撮影 DSCF0710.jpg DSCF0711.jpg
 これで散策は終わり
  船へ戻った
DSCF0713.jpg
 砂鉄川を泳ぎ回る魚たち
  保護されてるし
  えさももらえるから
  船に近づいてくるね
DSCF0712.jpg DSCF0714.jpg

DSCF0717.jpg

帰りは船頭さんの歌、「げいび追分」ともう1曲はなんだったかな、それを

聞きながらの川下りだった。で、出発したところに戻り、川下りは終了。

約90分だった。

もう1時半ごろだったので、近くのレストハウスで食事をとった。

鮎の塩焼きが付いているセットを食べた。ん?泳いでいたあの魚は、あゆ?
 あ、レストハウスの窓に
  怖そうな蜘蛛が!
DSCF0721.jpg

昼食後、幽玄洞へ。歩いて25分から30分と渓泉閣の人が言っていたので

この暑さの中では歩くのは大変だから、タクシーで向かった。

1000円もかからない近さだったよ。
 幽玄洞へ向かう道 DSCF0722.jpg
 あ、建物が見えてきた DSCF0723.jpg

ここの入場料は1000円だったけど、ホテルで2割引券をもらっていたので

800円で済んだ。手荷物を預けて、出発!
 いよいよ洞穴入り口へ DSCF0724.jpg
 更に奥にまたドアがあった
  いやあ、ひんやりとしたよ
  猛暑の外とは別世界!
DSCF0725.jpg
 鍾乳石に囲まれた
  階段を下りていった
DSCF0727.jpg
 あ、女性の神様?
  いのち観音
DSCF0728.jpg
 更に下へ下へと DSCF0729.jpg
 今度は、男性の神様?
  水月観音
DSCF0730.jpg
 自然のなせる業か
  複雑な形状の壁や穴
DSCF0731.jpg DSCF0732.jpg

DSCF0735.jpg

 石筍こま犬
  右手前の茶色のもの
  うーん、似ているかどうか
  ちょっとわからないね
 あ、メインは幽玄観音
  中央の方です
DSCF0733.jpg
 洞窟の中は
  こんな感じの
  階段も多かった
DSCF0736.jpg
 地底湖
  浄魂の泉、というらしい
DSCF0737.jpg DSCF0738.jpg
 岩の割れ目に
  何かいそうな・・・
DSCF0743.jpg
 これは、石柱観音? DSCF0744.jpg DSCF0745.jpg
 行き止まりだった
  これは観音窟?
DSCF0746.jpg

これで洞窟散策は終わり、出口へ。いやあ、猛暑の外に出るのは

躊躇したけど、まあ、仕方が無い。覚悟を決めて出たよ。
 あ、これが洞窟の
  入り口への階段
DSCF0747.jpg
 これが洞窟のチケット売場
  および土産・食事のお店
DSCF0748.jpg

タクシーは、乗ってきたタクシーが待っててくれた。いや、降りるときに、

1時間後位に迎えに来てくれるよう予約しておいたら、待っててくれた。

そのタクシーで、また猊鼻渓へ戻った。猊鼻渓でお土産を買って

バスに乗ろうとしたら、40分以上の待ち!バスなら無料で帰れるけど

40分の待ちはきついので、大船渡線で帰ることに。ということで、

駅まで歩いた。少し離れていたよ。
 大船渡線の橋 DSCF0749.jpg
 猊鼻渓駅が見えてきた DSCF0750.jpg
 猊鼻渓駅
  単線だね
DSCF0751.jpg

電車は20分ほどで来るようだったので、暑い中を待ってたら、

10分の遅れのアナウンス、がっくり。でも、また戻ってバスに乗る、

というわけにもいかず、我慢してじっと待ったよ。と、思わぬ珍客が

顔を出した・・・
 やぶから鹿が出てきて
  何か葉っぱを食べてたよ
DSCF0752.jpg DSCF0753.jpg

で、やっと電車が来て、乗り込んだ。30分ぐらいで一関に着いた。

そこで、少し買い物をして、渓泉閣に戻る、厳美渓行のバスに乗った。

あ、一関では、渓泉閣には無い地酒の300mlの日本酒を2種類、

購入した。夕食時に味見しようと思って。

渓泉閣に着いたのは、5時半ごろだったかな。すぐに温泉に入ったよ。

このときも、誰も居なく、ポチ一人での温泉だったよ。もちろん、マッサージ

も楽しんで、部屋に戻ったら、夕食の準備がすぐに始まった。

まあ、特別な夕食を頼んだわけじゃないけど、いろいろでるねえ。

お酒のつまみには困らないね。良く食べ、良く飲んだよ。

おかげで、また、バタンキューで寝ちゃったよ。
 

続き(8月25日)へ