平泉・一関旅行記
 

8月25日(水) 一関ー>東京

  朝食前に、また厳美渓を散策

  近くでお土産も購入し、渓泉閣を出発

  一関では、お土産の日本酒1升瓶を手配

  そして、ビールとお弁当を買って新幹線へ

  ビールを飲んで、お弁当を食べて、

         いい気持ちで東京へ戻ったよ

 

今朝も早く目が覚めた。そして、6時ごろ、温泉へ。ところが、この日は

誰か一人入ってた。ポチが上がって、マッサージを楽しんでると

親子の2人が入ってきた。今日は、ポチを含め4人!大盛況?だった。

部屋に戻って、また早朝の散策、厳美渓の散策にでかけた。

 
 渓泉閣のそばの
  厳美渓の河原
DSCF0754.jpg DSCF0755.jpg
 厳美渓の上流の方向 DSCF0757.jpg
 対岸のかっこうだんごの
  お店が見えた
  ロープを確認
  そして木槌も発見
  これで呼ぶんだね
DSCF0756.jpg

DSCF0759.jpg DSCF0761.jpg

今朝は昨日とは違ったルートを歩くことに。天工橋を渡り、磐井川の上流へ

向かって川沿いに自動車道を歩いた。かっこうだんごのお店の前を通った。

かっこうだんごのお店を過ぎたところで、川の近くに行ける藪の中の道があり

そこへ入って行った。
 磐井川が下の方に見えた
  この撮影は
  ちょっと怖かった
DSCF0762.jpg DSCF0765.jpg

草薮の道、草をかき分けながら歩いてると、河原へ降りれるところがあった!

ちょっと降りてみた。
 対岸に渓泉閣が見えた DSCF0767.jpg DSCF0769.jpg
 こんな感じの流れだった DSCF0768.jpg

すぐに河原から上がって、草薮の道へ戻った。しばらく歩くと行き止まりになり

やむなく自動車道へ出て、磐井川の上流方向へ歩き続けた。
 そして、長者滝橋へ到着 DSCF0770.jpg
 長者滝橋から
  磐井川上流の長者滝を
DSCF0771.jpg DSCF0772.jpg
 長者滝橋から
  磐井川下流の方向を
DSCF0773.jpg

長者滝橋を過ぎると、渓流からは遠ざかり、田んぼの中の自動車道を

ずーっと歩いて、渓泉閣へ戻った。あ、今日から小学校が始まるらしく

小学生が眠そうな顔で学校へ行ってた。すれ違うとき、お早うございます、

とちゃんと挨拶するんだ。感心したよ。

渓泉閣に着いたのは7時半ごろ、食事が8時からだったので、

温泉はその後に入ることにし、まずは朝食を楽しんだ。やはり、かなりの

ボリュームだった。で、一服して、9時過ぎに温泉に行ったら

清掃中だった。すぐ終わるだろうと思ってしばらくして行ったら

未だ清掃中・・・そこでフロントに確認したら、9時から13時まで

清掃の時間だった!あらら、11時には渓泉閣を出発しなければ

ならないので、もう温泉には入れない・・・がっくり。

仕方なく、また天工橋の先にあるガラス製品の展示場へ行ってみた。

8時開店だったので、もう結構お客さんがいた。観光バスも停まってた。

そこでガラス製品のお土産を買い、それから近くのお土産屋さんで、

酒のつまみになりそうなお土産を買った。そして、渓泉閣へ戻った。

あ、途中、朝一番に行った厳美渓の河原を通ったら、朝一番には

誰も居なかったけど、このときはたくさんの人が居た。

臨時郵便局もオープンしてたよ。
 厳美渓の河原 DSCF0775.jpg

渓泉閣に戻ったら、部屋で荷物を整理したり、のんびりしたり。

バス停は渓泉閣のすぐそばだから、7〜8分前にチェックアウトし

バス停へ。そうすると、もうバスは停まってて、運転手さんが乗ってて

いいよ、ということだから乗り込んだ。そう、渓泉閣前という駅が始発なんだ。

このバスで一関へ。一関でも40分ほど時間があったので、駅近くの酒屋に行き

昨夜、渓泉閣で飲んで味を確認していた日本酒、1升瓶2本を購入、

自宅への配送をお願いしてきた。

そして、お弁当とビールを買って、新幹線へ乗り込んだ。

で、乗ったらすぐにビールを飲み始め、お弁当を食べた。

いい気持ちで東京へ戻ったよ。
 

平泉・一関旅行記へ