洞爺湖旅行記
 

7月10日(火) 東京−>洞爺湖

  千歳へ飛び、列車、タクシーで洞爺湖温泉へ

  洞爺湖万世閣「ホテルレイクサイド」へチェックイン

  早速、洞爺湖遊覧船へ乗船、中島も散策

  夕食はホテルのバイキング

    洞爺湖サミットご用達の月浦ワインも楽しんだ

 

今回は、JALのマイルによる特典航空券を利用したため、

若干早いフライトになった。自宅を出発したのは6時半過ぎ。

フライトはほぼ定刻どおり8時半に出発、千歳に10時過ぎに到着。

ここからJRのスーパー北斗9号で洞爺駅へ向かう予定だが、

都合の良い時刻の特急が無く、3時間以上、千歳空港で時間があった。

そこで、帰りの買い物の下見のため、空港内のショップを見て周った。

いやあ、千歳空港内は沢山のお店があるねえ。

それから、居酒屋に入り、お昼から北海道の美味しいものとお酒を楽しんだ。

一品物のほか、うに・いくら・かにのどんぶり、またビールに日本酒、

よく食べよく飲んだよ。

で、特急に乗って、JR洞爺駅へ。

JR洞爺駅DSCF1764.jpg

 

洞爺駅前ですぐにタクシーに乗り、洞爺湖温泉街にある洞爺湖万世閣へ。

すぐにチェックインし、部屋へ入った。

洞爺湖に面した部屋だった
 洞爺湖の中島が見える
DSCF1765.jpg
洞爺湖の遊覧船
 後で乗ることになったが
DSCF1766.jpg
洞爺湖の向こうに
 羊蹄山が見えた
DSCF1767.jpg
観光船の乗船場
 かと思ってたら、違った
DSCF1768.jpg

 

部屋で一服し、早速、洞爺湖周辺散策へ出発。

ますは、あの遊覧船に乗ることに。

遊覧船乗り場は、部屋から見えたところよりも、少し先にあった。

遊覧船乗り場で待ってると
 船が戻ってきた
DSCF1770.jpg DSCF1771.jpg
船に乗り込んで湖岸を
 奥の茶色っぽい建物が
 洞爺湖万世閣
DSCF1772.jpg
さあ、遊覧船が出航 DSCF1773.jpg
後方には
 湖岸のホテル群が見えた
DSCF1774.jpg DSCF1775.jpg
あ、ホテル群の上方には
 有珠山が見えた
DSCF1776.jpg DSCF1777.jpg
中島に近づいてきた DSCF1778.jpg DSCF1779.jpg
中島の近くから
 湖岸のホテル街を
DSCF1780.jpg
中島は複数の小島から
 構成されていた
DSCF1781.jpg DSCF1782.jpg
DSCF1783.jpg DSCF1784.jpg
あ、サギ、かな? DSCF1785.jpg DSCF1786.jpg
DSCF1787.jpg
有珠山の左手に
 昭和新山が見えた
DSCF1788.jpg
中島の一つに
 遊覧船は寄った
DSCF1789.jpg
おっと、白鳥が
 優雅に泳いでいた
DSCF1790.jpg
中島に上陸して
 停泊中の遊覧船を
DSCF1791.jpg DSCF1792.jpg
ここには鹿がいた
 もちろん柵で囲まれた中に
DSCF1793.jpg DSCF1794.jpg
DSCF1795.jpg
うっそうと茂った林の中から
 遊覧船乗り場を
DSCF1796.jpg
菅原道真公が奉られていた DSCF1798.jpg DSCF1797.jpg DSCF1799.jpg
DSCF1800.jpg DSCF1801.jpg
中島から昭和新山 DSCF1802.jpg DSCF1803.jpg
中島に有った洞爺湖案内図 DSCF1804.jpg
白鳥が遊んでた DSCF1805.jpg DSCF1807.jpg

 

下船した遊覧船の次の便が中島に到着、その遊覧船に乗って

洞爺湖温泉街へ戻った。

 
日が沈んだ後の洞爺湖 DSCF1808.jpg

遊覧船から降りると、街中をちょっと歩いて、ホテルの部屋へ戻った。

そして、すぐ温泉へ。湯船は三つあり、一つは露天風呂だった。残念ながら洞爺湖を

望みながらの温泉ではなかったけど。

温泉を楽しんだ後、夕食会場へ。ホテルの夕食はバイキング形式。

いやあ、バイキング形式は身体に悪い、ついついとり過ぎてしまって・・・

飲み物は別料金だったが、まずはビールを飲み、それから洞爺湖サミット

で採用された月浦ワインの白のボトル(500ml)を飲んだ。

いい気持ちになって部屋に戻って眠たいのを我慢して起きてると

洞爺湖上で花火が始まった。

花火は、打ち上げ専用の船から打ち上げられており、

複数の湖畔のホテル街へのサービスか、4箇所に移動し、同じような

花火を多数打ち上げていた。

ホテルの部屋のまん前での花火、空一面に広がる綺麗な花火、

とどろく大音響、久しぶりに花火の醍醐味、綺麗な花火を楽しめたよ。
 

続き(7月11日)へ