洞爺湖旅行記
 

7月11日(水) 洞爺湖

  まずは、有珠山と昭和新山の散策路を楽しんだ

  それから、有珠山の西山火口散策路、

  次に、金比羅と西山散策路を楽しんだ

  最後に、月浦ワインをお土産に自宅へ発送

  ショルダーバッグを忘れるという

  ハプニングはあったけど、充実した1日だったよ

 

今朝は早く目が覚めたので、洞爺湖の夜が明けるのを楽しんだ。

日が昇る前の
 
洞爺湖と羊蹄山
DSCF1809.jpg DSCF1810.jpg

 

お日様が出てくるまでには未だ時間が有りそうだったので

温泉に行った。もちろん三つの湯船を一通り楽しんだよ。

夜明けの洞爺湖と中島 DSCF1811.jpg
夜明けの船着場
 (遊覧船発着場ではない)
DSCF1812.jpg
雲がかかってきた DSCF1813.jpg DSCF1814.jpg
日が昇り
 かなり明るくなってきた
DSCF1816.jpg
DSCF1815.jpg
DSCF1817.jpg
ホテルの部屋から見えた
 山の上のウインザーホテル
 (洞爺湖サミットの主会場)
DSCF1818.jpg DSCF1819.jpg
出勤前の遊覧船 DSCF1820.jpg
ホテルの庭では
 宿泊中の小学生の団体が
 ラジオ体操をしてた
DSCF1821.jpg

 

バイキングの朝食後、有珠山散策に出かけた。

タクシーで昭和新山の前にある有珠山のロープウェイ乗り場まで行った。

有珠山のロープウェイ
 すれ違ったときに撮影
DSCF1822.jpg
ロープウェイを降りた所からの
 昭和新山
DSCF1823.jpg
有珠山の遊歩道の
 標識に従って散策
DSCF1825.jpg
ロープウェイ駅近くには
 黄色の小さな綺麗な花が
 沢山咲いていた
DSCF1824.jpg DSCF1830.jpg
有珠山を見上げると
 鋭い岩肌が
DSCF1826.jpg DSCF1827.jpg
有珠山からの洞爺湖 DSCF1831.jpg
昭和新山 DSCF1832.jpg DSCF1833.jpg DSCF1834.jpg
しばらく歩くとこんな遊歩道が
小高い山の上まで続いていた
DSCF1835.jpg DSCF1836.jpg
再び、有珠山の岩肌 DSCF1838.jpg
遊歩道脇には
 綺麗な花が咲いていた
DSCF1839.jpg DSCF1840.jpg
DSCF1841.jpg DSCF1842.jpg
小高い山の上は
 火口原展望台だった
DSCF1843.jpg
遠くに火口原が見えた
 煙が上がってた
DSCF1844.jpg DSCF1845.jpg
おっと、急な下りの階段!
 火口原近くへの
 散策路があった
DSCF1846.jpg
谷底へ落ちるような散策路
 でも、思い切って
 降りてみることに
DSCF1847.jpg DSCF1849.jpg
目を上げると岩肌の絶壁
 散策路を降りるときは
 足元に注意が必要で
 景色を見る余裕無し
DSCF1848.jpg
火口のあたり DSCF1850.jpg DSCF1851.jpg
散策路の脇には
 綺麗な花も咲いていた
DSCF1854.jpg DSCF1852.jpg
あ、散策路は尾根伝いに
 火口の近くへ伸びていた
 ちょっと遠いなあ
DSCF1855.jpgDSCF1856.jpg
散策路の途中に
 撮影ポイントがあり
 そこから火口のあたりを
DSCF1860.jpgDSCF1857.jpg
散策路を見上げると DSCF1859.jpg
もう一度、岸壁を
 この撮影ポイントの先は
 更に急勾配で下る散策路
 で、戻ることにしたよ
DSCF1861.jpg
いやあ、登りの散策路は
 辛かった!やっとの思いで
 入口にたどり着いたよ
DSCF1862.jpg
戻ってきた展望台で
 しばし周りを見渡した
DSCF1863.jpg DSCF1864.jpg DSCF1865.jpg
DSCF1866.jpg DSCF1867.jpg
そして、ロープウェイの駅への
 散策路を降りていった
DSCF1869.jpg
降りる途中で
 有珠山の岩肌を再び
DSCF1870.jpg DSCF1871.jpg
ロープウェイを降りた所から
 昭和新山をじっくり観察
DSCF1872.jpg DSCF1873.jpg
DSCF1874.jpg
DSCF1875.jpg
DSCF1876.jpg DSCF1877.jpg
ロープウェイを降りた所から
 有珠山の方を
 ロープウェイが見えるね
DSCF1878.jpg
ロープウェイを降りた所
 ここには様々のお店があった あ、熊牧場もあったよ
DSCF1880.jpg DSCF1881.jpg

 

ここで、ホテルからここまでのせてくれたタクシーの運転手さんの

携帯へ連絡し、迎えに来てもらい、次の散策の目的地、

西山火口散策路入口まで移動した。

タクシーに乗って、約25分ぐらいだったかな。やっと着いた、と思ったら

大変なことに気が着いた!

ショルダーバッグが無い!あれれ、と考えると・・・

そうだ、タクシーを待ってるとき、広場にあった椅子に座ってて

タクシーを見つけて慌てて乗り込んだので、ショルダーバッグは

どうやらその椅子の上に置き忘れたらしい!

すぐにタクシーの運転手さんに戻ってもらうと同時に、車中から

ロープウェイ広場のお店に電話、ショルダーバッグが届いていないか、

とか、広場の椅子にショルダーバッグが無いか、問い合わせたけど、

ありません、ということだった。

いやあ、これはもう無いかな、と思いつつも、タクシーで戻ると、

ショルダーバッグが椅子の上にあったよ!いやあ、奇跡!助かったあ!

まあ、お金はそう多くは入ってなかったけど、仕事のスケジュールを

記録した手帳が入っていたので、それが一番の心配だったんだ。

電話をかけたお店の人は、ちゃんと探してくれなかったんだな、と思いつつも

まあ、とにかく見つかったんだから、いいかと、またそのタクシーで

西山火口散策路の入口まで行ったよ。ちょっとしたドライブだった。

散策路の左右は緑で
 こんな花も咲いていた
DSCF1883.jpg DSCF1884.jpg
しばらく歩くと
 散策路が砂利道から
 こんな木の通路になった
DSCF1885.jpg
途中に、水蒸気を
 上げているところもあった
DSCF1886.jpg DSCF1887.jpg
DSCF1888.jpg
小高い山の上に
 展望所みたいな所があった
DSCF1889.jpg
山肌にはこんな花も DSCF1890.jpg
そして、この展望所に到着 DSCF1891.jpg
散策路はまだまだ続いていた DSCF1892.jpg
散策路を降り始めたところ
 左手に大きなくぼみがあった
 一つは池、もう一つからは
 水蒸気が上がってた
DSCF1893.jpg DSCF1894.jpg
前方には
 壊れたような家も見えた
DSCF1895.jpg
右手の斜面からは
 水蒸気があがっていた
DSCF1896.jpg DSCF1897.jpg
DSCF1898.jpg
やっぱり壊れた家だった
 噴火で潰されたんだね
DSCF1899.jpg
前方には散策路が続いていた DSCF1900.jpg

 

しばらく歩くと、散策路の出口に到達。

出口には、例のタクシーが待っててくれた。お願いしていたので。

で、そこから金比羅と西山散策路の入口へ移動した。

 
すぐ下は
 洞爺湖ビジターセンター
 屋根には太陽光発電の
 パネルがびっしり
DSCF1901.jpg
あ、このあたりの地図 DSCF1902.jpg
早速、緑の中へ続く散策路へ DSCF1903.jpg
こんな花が咲いていた DSCF1904.jpg DSCF1906.jpg
山道から洞爺湖や街が見えた DSCF1907.jpg DSCF1908.jpg
こんな山道をずいぶん歩いた DSCF1909.jpg
ここが”有くん火口”みたいね DSCF1918.jpg DSCF1911.jpg
このあたりの地図があった
 この地図にある
 ”珠くん火口”を目指した
DSCF1912.jpg
おっと、急な斜面
 砂と小石で
 靴がすべり怖かった
DSCF1913.jpg
足元が不安定で怖かったけど
 ”珠くん火口”が見えた
 綺麗な青色だったよ
DSCF1914.jpg DSCF1915.jpg
DSCF1916.jpg DSCF1917.jpg
”珠くん火口”を見て下山した
 あ、途中にこんな花も
DSCF1919.jpg

結構降りるまで時間がかかった。ずいぶん歩いたんだね。

洞爺湖ビジターセンターでお手洗い休憩をとり、それから洞爺湖温泉街

をホテルの方へ歩いて帰った。あ、途中に、月浦ワインの直売所が

あったので、そこで6本ほど、自宅へ送るよう依頼した。

ホテルに着いたら、もちろん、温泉!早速入ったよ。

そして、夕食は昨夜と同じくバイキング。

学習効果も無く、沢山取り過ぎ、お腹一杯に・・・

部屋に戻って、うつらうつらしていると、花火が始まった。

綺麗な花火をまた楽しめたよ。

で、花火が終ると、力尽き、眠ってしまった。
 

続き(7月12日)へ