ワシントン、ラスベガス出張記 
   7月12日(木) 市内視察とラスベガスへの移動

  さて、今日はラスベガスへの移動の日。 フライトは午後なので、午前中は
 最後のワシントン市内視察へ。
  行き先は、Rock Creek Park。 昨日と動物園と同じ地下鉄の駅まで行き
 降りて反対側に歩いていくと、すぐにその公園の入り口へ。
 
  急な坂を降りて公園へ
    こんもりと茂った道が続く
 
  近くに道路があり、時々合流
    都会の中の散歩道、だね
  午前中だったから良かったけど
  夜中にこんなところに来ると・・・
  小さな川のそばを通り・・・
  前回来た時に散策した
    Cheaspeake and Ohio Canal
    に沿った散歩道の入り口
  そして、ポトマック河畔へ
    そして、ワシントンハーバーへ
 

  で、これで、ワシントン市内視察は終了とし、ホテルへタクシーで戻り、
 ホテルをチェックアウト、タクシーでナショナル空港へ向かった。
  空港について、少し時間が有るので、ナショナル空港内を歩いていると
 なんとお寿司屋さんが!Matsutake Sushiという名前のお店だった。
 前回来た時、8ヶ月前だけど、その時は無かったのに・・・
  こりゃあもう食べてみないとと思い、昼食を・・・
 
  Matsutake Sushi

  まずはアサヒ・スーパードライを飲みながら、すしのアペタイザを。まあそう
  美味しいとは思わなかった。アペタイザだから仕方が無いか。サラダは
 たっぷりあった。アメリカサイズだったね。味もそうだった。で、最後に、
 隣のアメリカ人が美味しそうに食べてた焼きそばを。うん、これが一番
 美味しかった。
  板前さん、「いらっしゃいませ」とは言うけど、お互いの話は韓国語みたい。
 日本人は、板前一人(経営者?)と、店員一人と思われた。
  味はそういいというわけではないけど、おそばもあるようで、軽い和食の
 お昼をとるにはいいかもね。
 
  さて、フライトは、シカゴで乗り換えでラスベガスへ。飛んでるのは
 合計6時間程度、シカゴでの乗り換えのための待ち時間が1時間、
 合計7時間の移動だった。でも時差が3時間あるので、時刻上は4時間
 だった。
  ラスベガスの空港は、正式にはマッカラン国際空港という名前。
 
  マッカラン空港の
     Baggage Claim
 
  空港のいたるところに
     スロットマシンが・・・

  空港からは、タクシーで、予約していたラスベガス・ヒルトンへ。
 10分くらいで着いたね。 近かった。
 
  世界一大きい、といわれている
    ラスベガス・ヒルトンの
    ネオンサイン
  夕空に映える
    ラスベガス・ヒルトン
  ホテルに入ると、そこは賭博場
    チェックインの前に一勝負?

  時刻はもう、現地時間で19時半くらい。 ワシントン時間では22時半、
 お腹が空いた・・・ ということで、早速ラスベガスの和食のお店へ。
  まずは、「本物の寿司と和食ならこの店」というラスベガス紹介本に載って
 いたキャッチフレーズに魅せられて、彩膳というお店へ。彩膳は、
 ホテル・サンレモ(日本人が経営者らしい)のカジノフロアにる寿司バー。
 タクシーでサンレモへ。
  板前は、日本人のおじさん。店の中で注文を聞いたり、お料理を運ぶのは
 現地の人だった。まあ、板前さんが日本人だったので、特別の注文もできた。
 
  彩膳

  まずは、ビールの小ビン、それから冷酒。冷酒は、カリフォルニアの地酒の
 松竹梅。刺身は特別に美味しいものをみつくろってもらった。うにが大きく
 新鮮で実に美味しく、中トロも美味しかった。イカの他、ひらめのえんがわ
 もあり、ホントに美味しい刺身の盛り合わせだった。毎日カリフォルニアから
 空輸しているだけのことはある。
  それから、いつもの冷奴、たこの酢の物を食べ、そうそう、アサリの酒蒸し
 も結構美味しかったよ。
  で、これで$50弱だったから、安かった、ここは。

  これでお腹も満足し、ほろ酔い気分になって、タクシーで
 ラスベガス・ヒルトンへ。

続き(7月13日)へ