ハワイ出張記
   6月23日(日) タクシーによるハワイ島北部の観光

  朝すこしゆっくり起きてのんびりしたよ。
 荷物をいろいろ整理をし、インターネットアクセスの確認をして・・・
  で、今日はどうしようかなあ、と考えたけど、いいアイデアも浮かばず、
 悩んでパンフレットを見ていたら、小林タクシーの宣伝を発見!
  ま、ちょっと高いだろうけど、せっかく来たのに、ここでケチっても
 もったいない、ということで、思い切って電話を・・・
  すると、奥様が出てくれて、いろいろ説明してくれた。気さくな人のようで
 その人が付き合ってくれるということで、お願いした。13時にポチの
 部屋に迎えに来てくれることになった。

  今日の午後の予定が決まってホッとして・・・ それじゃあ、
 朝と昼を兼ねた食事をしようと、近くのレストランへ・・・
 また、管理事務所に電話でシャトルをお願いした。
 The Galleryというレストランへ行ったよ。11時ごろだったかな。
 
  ギャラリー・レストラン
 
  ホントに南国の
    レストランの雰囲気
 
 
  さて、レストランに入ると、未だお昼には早いのか、お客さんは
 まばらだった。
  ここで、ステーキサンドと、シーフードチャウダーとコーヒーを
 お願いした。
  まずは、シーフードチャウダー・・・ これ、おいしかったなあ
 大きなボールにたっぷり入ってて、もうこれだけでお腹一杯って
 感じだった。
  で、ステーキサンドの大きいこと! ただ、ステーキといっても
 薄切りに牛肉で、ちょっとイメージが違ったなあ。それに、ちょっと
 脂っこく、全部は食べられなかった。ポテトチップもたくさんついてて
 ケチャップをつけながら食べたよ。
  あ、そうそう、ここにもたくさんの鳥がいて、外からテーブルの
 近くまで飛んできて、落ちてるものを拾うんだ。
  ポチが料理を食べてる時も、一羽の小鳥がポチのテーブルに降りてきて
 きょろきょろポチを見てるんだ。で、少し、寄ってきては、すぐまた
 テーブルの端に戻って、それを繰り返しながら少しずつ近づいてきて・・・
  で、ポチがポテトをちぎって、手を差し出してみたら・・・
 きっと逃げるだろうなと思ったら、つかつかと走り寄ってきて
 くちばしでさっとつかんですぐ飛んでいった・・・ひゃあ、慣れてる・・・
  
  レストラン内の雰囲気
     ポチのテーブルのあたり
  
  レストランから
     ゴルフコースを望む
 
  さて、ゆっくり食事をとって、そこでまた管理事務所へ連絡して
 シャトルを呼んで、自分の部屋へ戻った。12時過ぎに戻ってきて
 出かける準備をして、一休み・・・
  すると、13時少し前に、小林さんがポチの部屋に到着、早速
 タクシーに乗って、いざ、ハワイ島視察へ! 景色のいいところ、
 写真を撮りたい、ということで、コースはおまかせした。時間は
 約4時間ということで。
  車中では、ガイド役の奥さん、ドライバーのご主人と、小林さん
 ご夫婦がいろいろな話をしてくれた。
  しばらくは海岸線をドライブ。あ、冬にはくじらが海岸の近くに
 現われるらしい。それと、水着姿で自転車に乗ってるような人が
 結構多く、なんだろうなあ、と思ったら、ここはトライアスロンの
 国際大会のコースで、出場者がバカンスをかねて練習にきている、
 ということだった。
  で、まずはハプナ・ビーチへ。ハプナというのは、命の泉、という
 意味らしい。これも小林さん情報。ちなみに、ワイキキというのは
 水が湧き出る、という意味らしい。
 ここハプナ・ビーチは、パブリックのビーチだけど管理が行き届いて
 いて、ごみも無くとっても綺麗な海岸だった。なお、ここの浜は
 白い砂だったけど、ここはもともとは火山岩で、白い砂は全部
 米国本土からもってきているとのこと。

 
  ハプナ・ビーチ  
 
  海の水が綺麗!  
  
  レストハウスかな?
 
  さて、ハプナ・ビーチから、今度は山の方に向かった。
 海岸線は、黒い火山岩がごろごろしていたし、雨が少なく植物は
 少なかったけど、山の方に向かうと、高度も高くなり、気温も下がって
 きて、雨も降るのか、緑の多い風景に変わってきた。いやあ、驚いた、
 地域によってこんなに景色が変わるとは・・・ハワイ島は90%以上が
 緑の多い地域で、ポチが泊まってるワイコロア地域は雨が少なく、
 緑が少ない地域らしい。逆に、ヒロは、めちゃくちゃ雨が多く、観光には
 向かないみたいだね。
  さて、緑が多くなると、すぐパーカー牧場の敷地に入った。
 このパーカー牧場は、個人所有の牧場としては世界一とのこと。
 オアフ島がすっぽり入る広さで、道路はパーカー牧場の敷地内を
 通っている。従業員は約4000人!すごい!約75000頭の牛馬が
 放し飼い、家屋無しの完全放し飼いで飼われているとのこと。
 正確な頭数はだれにもわからないらしい。カーボーイは今でも馬に乗って
 牛を追うとのこと。で、必要になれば、牛を捕まえ、ステーキに・・・
 でも、殺気を感じて逃げる牛もいるようで、カーボーイは逃げる牛は
 追わないみたい。ということで、天寿を全うする牛もいるらしい。
  パーカー牧場内の道路の脇には、従業員の家や、ショッピング
 センター、学校などがあった。あ、鶏を飼ってる家もあったけど、
 面白いのは、鶏は一戸建ての鶏小屋があること。始めてみたし、
 牛馬がホームレスなのに、鶏がマイホームを持ってるとは・・・
  紫陽花をお庭で植えている家もあった。紫陽花のある家は、
 日系の人の家が多いらしい。
  あ、ここが、ハワイのスイス、と呼ぶ人もいるような、緑豊かな
 地域らしい。降りてみたけど、気温もヒヤッと涼しく、暑い暑い
 海岸地域とは全く違うねえ。
 
  緑色の山肌が綺麗  
 
  しばらくは、ホントに高地の避暑地みたいな風景が続く・・・
 
  緑の山肌と
    赤白の建物、綺麗
 
  
  で、マウナケアという、ハワイ島で一番高い山がよく見えるところへ・・・
 マウナケアは、4205mの高さがあり、頂上には各国が観測所を作っていて
 日本もスバルという三菱が作った観測所を持っている、とのこと。今回は
 昇れなくて残念・・・ この地域、星が美しく見えるよう、オレンジ色の街路灯を
 使っているとのこと。
  山頂付近は、雲の流れが速く、頂上辺りが見えたり隠れたりだった。
  
  マウナケアが
    遠くに見える
 
  マウナケアをズームで・・・
    天文台らしきものが
   点々とあるのが見えるかなあ
 
 
  もう1枚、マウナケアを・・・
  
  近くの山肌も綺麗な緑で・・・  
 
  いやあ、コハラ山脈を越えて行く途中の車中で、小林さんご夫婦に
 いろいろ教えていただいた。

  ハワイ島には、マングースが多いみたい。しかも、丸々太ってるとのこと。
 果物がふんだんに食べられるからだろうね。
  マングースはもともとハワイ島には居なかったけど、野鼠退治のために
 入れたらしい・・・でも、大失敗!野鼠は夜活動し、マングースは昼間のみ
 活動、全く役にたっていないらしい。

  ハワイ島は、とっても住みやすいところで、長寿の方も多いとのこと。
 バスガイドの平均年齢が76歳! 90歳以上の人もいるとのこと。
 で、バスの中で居眠りすることもあるらしい・・・ 乗客は大爆笑だって。
  また、コナのコーヒーエリアの手前に、有名なテシマレストランがあり、
 そこの看板娘が95歳! うー、行きたかったけど、今回は行けなかった。
  で、日本からのハワイ移民には、コーヒー移民とさとうきび移民があり、
 コーヒー移民は収入がよくすぐに独立できたけど、さとうきび移民は
 苦労したみたい。そのテシマレストランの看板娘の方もコーヒー移民だった
 とのこと。

  さて、休憩のために、テックスドライブインへ。 ここで、マラサダスという
 餡の入っていないドーナツをご馳走になった。暖かくて、ほわほわ、やわらかくて
 美味しかった。有名なお店みたい。

  さて、コハラ山脈を超え、ホノカアという町を通り、ワイピオ・バレーへ
 向かった。ワイピオ・バレーは、ハワイアンのルーツ、ハワイアンの王様の
 土地、らしい。
 
  ワイピオ・バレーの
      展望所からの海
 
 
  なかなか景色のいい所   
  
  ここが、ワイピオ・バレー  
 
  海岸は、黒い砂みたいだね  
 
  ワイピオ・バレーの展望所を過ぎたところで。マウナケア、マウナロア、
 フワラライの三つの山が見えた。車を止めていただき、景色を楽しみ、写真も
 撮ったけど、遠景はデジカメは無理だねえ・・・ うまく撮れなかった、残念。
 
  緑の裾野の上のほうに

      マウナケア
      マウナロア
      フワラライ

  の三つの山が・・・
   
   見えるかなあ



  
  それから、カメハメハ大王像のところへ・・・
 あ、ここでもエピソードを教えていただいた。
  カメハメハ大王は、この像のモデルに自分ではなく、宮殿で一番ハンサムな
 男性を選んだとのこと。一体何の意味が?後世の人を騙す?
  あ、カメハメハ大王は、もともとハワイ島出身とのこと。このカメハメハ大王像
 は、ハワイ島で作られ、オアフ島に設置される予定で、船で移送されてる時に
 遭難し、海に沈んだとのこと。そこで、別の像を急遽作り、オアフ島に。
 それが、今、オアフ島にあるカメハメハ大王の像とのこと。
  ところが、後になって、漁師の網に、もとのカメハメハ大王の像がひっかって
 回収された。きっと、ハワイ島を離れたくなかったのだろうと、その回収された
 像はハワイ島へ。それが、このカメハメハ大王の像、とのこと。
 
  木立の中にそびえる
     カメハメハ大王像
 
 
  カメハメハ大王像を
            正面から
 
  
  カメハメハ大王の記念館
 
  ここから、帰途へ・・・
 海岸線を走ったけど、ここには冬には鯨がくるみたい。3月までとのこと。
  鯨は、3分に1回、息継ぎのために浮上するらしい。それは、子供を
 背中に乗せ、その子供に息継ぎを教えるため、とのこと。なるほどねえ。
 
  で、帰りはポチのホテルではなく、明日からの仕事の会場であるヒルトンへ
 連れて行ってもらった。会場確認と、夕食をヒルトン内の和食レストランで
 取る為に・・・
 
  いやあ、よかった、今日は。小林さんのおかげで、いろいろ観光が出来、
 また面白い話も聞けた。 感謝感謝!
  あ、小林さんのホームページは次のところだよ。

     http://www.aloha.net/~kleap/

  
  ヒルトン内は敷地が広く
      トラムが走っていた
 
 
  ヒルトン内には
      運河も作られていて
      敷地内を船でも移動・・・

 
 
  で、いよいよ、夕食・・・ ヒルトン内の伊万里というレストランへ。
 
  伊万里
 
  メニューを見ると、あ、アメリカの地酒があった! 桃川・・・ はじめての
 アメリカのお酒だ! MOMOKAWA DIAMOND JUNMAI GINJYO と
 書いてあった。純米吟醸酒なんだ。300mlの瓶が$7.50と安かったので
 もちろん飲んだ。まあ、味は日本の地酒に比べ、美味しいとは思わないけど
 ちょっとワイン風の味ではあるけど、まずまず飲める日本酒だった。
  桃川のホームページ、あったあった!

     http://www.sakeone.com/
     http://www.winepressnw.com/wineries/portland/momokawa.html
 

  あ、その前に、ビールも飲んだよ。ビールも地ビールにした。 KONA
 Pacific Golden Ale という、コナの地ビールだった。ちょっとコクのある
 ビールだったね。
  あ、食事は、本日のスペシャルの弁当をお願いした。$48だったよ。
 ほうれん草のおひたし、寿司(一個)、かに(+レモン)、ペースト、
 お造り3品(マグロ(AHIかな?)、タコ、白身(?))、ざるそば、焼き物、
 一口ステーキ、ごはん、味噌汁、漬物、アイスクリームが、少しずつ・・・
 いろんなものが入っていて、面白かったよ。
  でも、店員の外人さんが、日本語で、「お食事はいかがですか」と
 聞かれても、ちょっと戸惑うねえ・・・ 一瞬間があいて、美味しいですよと
 答えたけど・・・
 
  食後にホテル内を歩いていると
    綺麗な夕焼けが
   急いで撮ったけど、どうかな?
 
 

続き(6月24日)へ