九州旅行(?)記
   10月30日(木) 帆柱ケーブル、巌流島

 さて、今日はいい天気・・・うーん、会議場の中で1日を暮らすのは
健康によくないと思い、市内視察に急遽、切り替え・・・
 まずは、北九州が一望できる高いところ、ということで、帆柱ケーブル
に乗って見ることに。昔々、そう子供のころ、40年以上も前に、行った
ことがあるけど、全く記憶は無い・・・ということで、行ってみることに。
 JRで、小倉から八幡まで行って、そこからタクシーで帆柱ケーブルの
山麓駅まで行った。いやあ、結構急な坂道をタクシーは走っていったけど
お年寄りのグループがリュック背負って、歩いてて驚いた。元気だねえ。
 
 帆柱ケーブルの山麓駅
 
 山麓駅に停まっている
   帆柱ケーブル
 
  
 山麓駅から
  町を眺めると・・・
  ここも結構高地なんだね
  
 あ、山麓駅に
  綺麗な花が咲いていた
 
 で、ケーブルに乗って、5分くらいで帆柱ケーブル山上駅に到着。
すぐに、リフトに乗り継いで、3分くらいで、皿倉駅に着いたよ。
料金は往復、ケーブル・リフト通しで1100円だった。そうそう、
持っていた「北九州みどころクーポン」を使えば820円で済んだのに、
ケーブルに乗ってじっくりパンフレットを見て、気がついた・・・
いやあ、こういうのって、悔しいねえ。
  
 皿倉山山頂から
  ちょっと離れた
  展望台のほうを
 
 
 皿倉山山頂  
 
 山頂から下を見ると
  乗ってきたリフトが・・・
 
 山頂から北九州の町を・・・  
  
 山頂には
  りんどうが咲いていた
 
 で、リフトでまた降りた。
 
 リフト上で撮影
  ちょっと怖かったけどね
 
 帆柱ケーブル山上駅に到着。
 
 帆柱ケーブルの
   山上駅
 
 そうそう、冬桜がちょうど咲いてて綺麗、ということだった。
だけど、ぎっくり腰をやったばかりなので、山道の散策は断念した。
元気だったらなあ。
 
 近くの観光案内図
 
 さて、帆柱ケーブル山上駅から、タクシー会社に連絡し、山麓駅へ
来てくれるよう、お願いした。でも、お客さんの名前も聞かないし、
ちょっと心配だったけど、案の定、山麓駅についてもタクシーは
来ない・・・他に交通機関も無く、困ったなあって思ってたら、
空のタクシーが近くの駐車場へ入っていった。どうやら、タクシーの
運転手さん、そこの公衆トイレを利用するために来たらしい。
で、ポチは運転手さんがトイレから出るのを待って・・・でも、
出てきてすぐつかまえるのは何だか恥ずかしく、周りをうろうろ・・・
運転手さんも、トイレだけですぐ発つのは気になるのか、観光案内図
をみながら、下調べに来たんだぞってポーズを・・・ポチは遠くから
その様子を見ながら・・・で、運転手さんがいよいよ車に乗って
出発しようとしていたので、急いで近寄って、手を上げた・・・
無事、そのタクシーに乗れたよ。ちょっと時間がかかったけど。
 JR八幡駅に着いて、次は門司港へ行ってみることに、またJRに
乗って・・・
  
 どこの駅だったかなあ
  若戸大橋が身近に見えた
 
 小倉駅で、ずいぶん停車時間があったけど、無事門司港に到着。
門司港って、ポチは生まれて始めてだね、きっと。
 門司港の駅前は綺麗に整備されていたなあ。門司港レトロといって
歴史的建造物が再現された町、港だった。
 
 駅前広場に面して
  旧文字三井倶楽部
  重要文化財、とのこと
 
 まずは、海を見ようと・・・
 
 門司港レトロ展望室が
  遠くに見えた
 
 港があった。下関などへの連絡線が出ていた。巌流島にも行く船も
あった。でも、ちょっと時間があったので、散策を続けることに。
 
 連絡船がでる桟橋
 
 そこから、海沿いに歩いていって、ブルーウイングもじという跳ね橋
の方へ向かった。
 
 関門海峡と関門橋
 
 ブルーウイングもじ
  
 門司港レトロ展望室
 
 国際友好記念図書館
  大連市のドイツ風建築物
   (複製)
 
 ブルーウイングもじを渡って、門司港レトロ展望室のあるビルの前を
通って、運河(?)沿いに歩いていった・・・
 
 少しとおくから
  門司港レトロ展望室を
 
 
 ブルーウイングもじ
 
 で、海峡プラザというところに出て、その建物の中に和食のお店が
あったので、そこで昼食を取った。ランチが1000円程度、それに、
あと1000円で3種のお刺身がつくということなので、お刺身付きの
ランチを取った。
 いやあ、美味しかった。特に驚いたのは、サバの刺身!サバって
あまりお刺身では食べられないよね。ホントに新鮮で美味しくて
これってホントにサバかなあって思うほどだったけど、でも、紛れも無く
サバの刺身だった。
 お腹一杯になって、散策を続行・・・
 
 船だまりのところには
  船のレストランがあった
 
 で、ブルーウイングもじ、に戻ってくると、ちょうど橋が
上がってるところだったので、慌てて駆け寄って・・・
 
 ブルーウイングもじが
  徐々に上がってた
 
 
 
 あ、船が通ってた
 
 次に、橋の近くに有る、周遊船、ボイジャーに乗ることに。
お客さんが少ないから、閑散としてるのかなと思ったら、ポチが
乗船券を買った後、すぐに売り切れに・・・いったい、どういうこと?
 
 あ、ボイジャーが来た!  
 
 あれ、ボイジャーには沢山の人が乗ってる・・・そうかあ、下関にも
寄るって書いてあったけど、下関から乗る人もいるんだ・・・
で、乗船してみると、混んでる混んでる、かろうじて窓際に席を見つけた。
乗ってる人は、ほとんどおばさんの団体ばかり・・・賑やかだったなあ
 あ、動き始めたら、デッキに出て写真を撮ったよ。そんなに寒くなかった
からね。
 
 船上から門司港側を・・・
 
 船上から関門橋を・・・
 
 船の起す波しぶき
  遠くに関門橋が・・・
  
 うわ〜 素敵な雲!
  でしょ?
 
 
 巌流島が見えてきた!  
 
 いよいよ
  巌流島に上陸
 
 大きな船が・・・
  
 巌流島の碑
  その向こうに大きな船と
  関門橋
 
 ん? この建物はなんだろう
 
 さっきのフェリーが・・・
  
 宮本武蔵と佐々木小次郎の
   決闘の像
 
 
 で、海のそばに降りて、写真を撮ろうとしたら、海辺に何かいた・・・
あ、タヌキだ!
 
 タヌキが3頭
  親子かな?
 
 すぐに逃げ出すかな、と思いながら、そっと近づいていったけど
むしろ、海辺から上がってきて、コンクリの上で日向ぼっこし始めたよ。
人間になれてるんだねえ まあ、ポチのほかにタヌキに気がついている
人がいなかったからかもね。
 
 タヌキがのんびり
   日向ぼっこしてた

 
 
 さあ、そろそろ船に戻る時間・・・あ、途中に・・・
 
 佐々木巌流の碑?
 
 ボイジャーは、巌流島を離れ、今度は下関へ向かった。
 
 船上から下関の方を・・・  
 
 さあ、下関の港に到着
 
 おっと、ここでは、下関で降りる人だけが下船できて、門司港から
乗ったポチは船上で待ってるだけだった。
 
 下関に停泊中の船上から
   関門海峡と関門橋を
 
 さあ、下関を出発  
  
 綺麗な海、綺麗な空だね   
 
 さあ、戻ってきたぞ・・・
 
 ボイジャーを降りて、これで、本日の、ちょっと長い市内視察は
終わりにして、まずはホテルへ戻った。
 ホテルで、書類をもって、会議場へ・・・
そして、3時間ほど、会議に出席して、ホテルへ戻った。
結構疲れたなあ・・・長い一日だった・・・
 で、どこか、小倉の居酒屋へ行こうかと思ったけど、疲れてたので
ジェネラス小倉に入っている、下関のふぐの専門店である春帆楼
行った。
 ジェネラス小倉の宿泊者向けの特別セットがあって、割安で
ふぐのコース料理を食べられたよ。あ、お酒は、生ビールの後は
無法松の一生という地酒を飲んだ。疲れもあって、お酒がよく効いたなあ。
 すぐにベッドに入って寝ちゃったよ。

続き(10月31日)へ