ハワイ旅行記 4月25日(日)
     まずは、ホノルル美術館、現代美術館
   それから、ワイキキの海と、動物園へ
   居酒屋、イマナス亭はうーん×、呑兵衛は◎
 
 朝はゆっくり起きて、シャワーを浴びて・・・えーっと、朝食は
フライトの中で残しておいたパン、お昼の食事で残しておいた
サンドイッチを食べた。コーヒーも部屋で飲んで、ホノルルの朝を
楽しんだよ。
 で、今日は美術館デーとすることに。ホノルルには何度も来てるけど
美術館に行ったことはないからねえ。ホテルを出て、あ、その前に
ドル現金が少なかったので、500ドルのトラベラーズチェックをホテルの
フロントで現金に換えてもらおうとしたら、ダメだった。100ドルまで
だって。まあ、ホテルによっては制限があるから仕方が無い。銀行を
見つけたら換金することにして、でかけることに。ホテルが面する
クヒオ通りの、ホテルと反対側のバス停で、13番のバスに乗って、
まずはホノルル美術館(the Honolulu Academy of Arts)を目指した。
 バスに乗って座ったら、近くの席のおばさんが話しかけてきた。
もちろん日本語で。昔、ハワイに住んでて、今は本国に住んでるようで
久しぶりのハワイを楽しんでるみたいだった。バスでどこでも行けるから
便利だよって話してくれた。でも、なんでポチはよくおばさんに声をかけ
られるんだろう・・・おばさんだけに。
 で、観光案内書を見ながら、降りるバス停を調べていたら、今度は
後ろの席のアメリカ人の男性がどこに行くんだと英語で話しかけてきた。
で、ホノルル美術館だと言うと、私は教会に行く、同じ駅だって言って
くれた。で、観光案内書の地図によると、そろそろ降りる駅かなと
思って後を振り向くと、首をふって未だだって・・・これを何度か
繰り返して、3度目に当たった。そこで、一緒に降りて、美術館の前で
別れた。
 美術館の入り口の周りに何人かの人が座って待ってたので、
どうしたのかなと思ったら、今日は日曜日で開館時間が遅かった。
いつもは10時開館だけど、今日は11時からで、着いたのは11時の10分前
だったよ。ホテルをのんびり出発してよかった。あ、でも、いつもの
日曜日の開館は午後1時かららしいよ。今日は特別な展示、日本&パリ、
印象派、ポスト印象派、現代美術の特別展示が行われていたから、
開館が早かったみたい。入場料も通常は7ドルだけど、今日は15ドル
だった。
 時間になったのでみんなぞろぞろと入っていった。みんなはすっと奥の
部屋へ行っていた。特別展示の部屋に急いでいるんだろうね。ポチ達は
ここは初めてなので、ゆっくり散策することに。
 あ、美術品そのものの写真は撮れないけど、庭の写真は撮っても
構わない、と表示があったので、庭の写真を撮ってきたよ。
 
 ここは多分、
  Central Courtだね
  ちょっと自信が無いけど
 
 ここは・・・
  Mediterannean Courtかな?
 
 
 ここが、日本&パリの
  特別展示をやっている
  Henry R. Luce Pavilion
 
 その前の広場
  その奥にKinau Court
  があった
  
 
 ここが、Asian Court
  でしょうね
  石畳と蓮の花の池・・・
 
 
 綺麗な蓮の花!  
 
 
 ホノルル美術館の外観  
 
 次は、現代美術館(The Contemporary Museum)へ行くことに。
ホノルル美術館から少し歩いて、別の路線のバス、15番のバスに
乗らなきゃいけなかった。歩いて、そう、10分くらいで、そのバス停が
見つかったよ。で、そこで待ってると、10分も経たない内に15番のバスが
来た。
 バスに乗ってる時間は20分くらいだったかな。でも今度もどこで
バスを降りるべきかが心配だった。観光案内書には概略の道路の地図が
書いてあるけど、バス停一つ一つ書いてるわけじゃないので自信が無い。
でも、そろそろかな、と思うところで、何人か降りたので、ポチ達も
降りた。うん、確かに、現代美術館だった。
 
 現代美術館の入り口  
 
 ここは、お庭が素敵だったね。写真はお庭ばかり・・・
 
 建物のそばに
  プールがあった
 
 大きな木
  これが名物の木、だね
  あ、木の枝で作られた小屋
  のようなもの、これも作品
 
 
 別の角度から建物を
  プール、わかるよね?
  
 庭にもいろんな作品が
 
 広い庭の横には
  渓谷のようなところも
  
 渓谷のようなところから
  名物の木を撮影
 
 綺麗な木の花?が
  咲いてた
 
 これも作品?
 
 ここが、現代美術館内の
  庭にあるカフェ
 
 このカフェで、昼食をとったよ。もう、午後1時を過ぎていたので。
テーブルについて、早速ビールを頼もうとしたら、無いって・・・
仕方なくアイスコーヒーを頼んだ。でも、後で周りを見ると、ワインは
あったみたい。飲んでる人がいたので・・・残念。でも、ワインがあって
ビールが無いとは不思議。
 ここではポチは、普通のメニューのものでは無い、黒板に書いてあった
本日のスペシャルの一つを注文した。名前は Chirashi Rice with
Blackend Ahi with Wasabi Mayo という料理だった。これを注文したら、
店員さんが喜んで、親指を突き出して”グー!"って言ってくれた。
あ、値段は$10.25だったよ。
 いやあ、美味しいチラシ寿司だったよ。ご飯も美味しいし。
それに、チラシ寿司の上に、アヒ(ハワイの鮪)が、かつおのたたき
のように軽く火にあぶられて、周りが黒いアヒのスライスが5〜6枚、
チラシの上に載ってて、わさびが混ぜられているマヨネーズがお皿の
隅の方にあった。アヒにわさび和えマヨネーズをつけて食べるの、
なかなかいけるねえ。美味しかったよ。
 お腹が一杯になって現代美術館を出た。帰りのバス停はすぐに
見つかったので、バス停にある椅子に座って待ってた・・・でも、
なかなか来ない・・・タクシーが1台通った時、奥さんが止めようと
言ったけど、ここまで待ったんだから、バスをと拒否・・・でも、
それからもずいぶん待って・・・結局、40分待って、やっとバスが来た。
こんなことなら、はじめから歩いた方が早かったかも・・・でも、ま、
これも旅の思い出。
 
 バス停の近くにあった木
  サボテンみたいなものが
  木と共生?
 
 
 この、15番のバスに乗って、朝乗り換えた駅まで行って、同じように
13番のバスでワイキキの方へ戻った。あ、すぐにホテルに戻るのではなく
海岸へ出ようと、ホテルの前を通過し、クヒオビーチパークと、
カピオラニビーチパークの接するところまで行った。
 
 カラカウア通り
  左手がクヒオビーチパーク
  
 クヒオビーチパーク  
 
 二つのビーチパークの
  間にある海の中道?から
  クヒオビーチパークと
  およびホテル街を望む
 
 クヒオビーチパークの沖には防波堤があって、砂浜には大きな波は
こないようになってた。安全に海水浴が楽しめるようになってた。
 でも、防波堤にはすごく大きな波が押し寄せてたよ。その防波堤に
平然と座って、大きな波が襲ってきても、動じず・・・大きな波に
のまれて見えなくなっても、波が過ぎすると、姿を現す、太目の人魚?
見たいな女性がいた・・・かなり太目の、曙みたいな・・・
 
 大きな波と彼女の我慢比べ
  しばらく目が離せなかった
 
 
 防波堤の外は
  波が荒く
  サーフィンを
  楽しんでる人が多かった
 
 
 次に、せっかく近くに動物園、ホノルル動物園があったので、入って
みることに。4時は過ぎてたけど、閉園は5時半って書いてあったので。
 
 フラミンゴ
 
 7色の綺麗な木だった
  うーん、名前は見えない
 
 あ、ハワイに多い木
  名前は何だったかなあ
 
 いろんな猿がいた   
 
 綺麗な花も
 
 あ、綺麗な小鳥も・・・  
  
 綺麗な花の木
 
 ワニもいた  
 
 孔雀が沢山いたよ  
 
 
 ん? サイ?
 
 これもハワイで良くみる花  
 
 象もいた
 
 いやあ、広いねえ。結局、全部は周れなかった。それに閉園間近で
人は少なく、ジャングルの中に二人だけって感じもして、ホントに
出られるのかなあって心配になったよ。そうそう、係りの人がサファリ
地区は5時でクローズって、自転車でみんなに伝えていた。で、ポチ達も
早めに出ようとしたけど、出口がわからず・・・でも、ぐるぐる周って
いたら、見覚えのあるところに出て、ホッとした。もし、閉園までに
出られなかったら、この動物園の中で一夜をと思うと、ちょっと怖かった。
 動物園を出て、バスに乗ってホテルへ戻った。あ、バス停からホテルへ
向かう途中に、サンジェルマンという日本のパン屋さんがあったので、
朝食用に、メロンパン、アンパン、それにクリームパンの3つを買った。
3.85ドル、まあ、変らない値段だね。それから、部屋に戻って一服したよ。
 で、夕食、というか、そろそろ居酒屋へと・・・昨日、閉まってた
浪花屋へ行こうと電話した。ところが、浪花屋はもう営業して無い
んだって!どうやらつぶれたらしい。ごく最近まで営業をやってた
と思うんだけど・・・あ、そうそう、ポチのホテルの近くに、富士屋
レストランという和食のレストランがあって、前回も食べたんだけど、
そこも営業をやってなかった。ワイキキの中心街での居酒屋、和食の
レストランの経営も大変なんだねえ。
 じゃあ、どこにしようかと思ったとき、そう、友達から、いまなす亭
という和食のお店、いいよって聞いてたので、そこへ行こうと電話したら
そこのおばさんが横柄なこと・・・何時ごろ行きたいけどって言ったら、
そう言われても困る、混んでて30分、1時間、待ってもらうことに
なるかもって・・・もっと他に言い方があると思うけど・・・
まあ、お客さんの質も料理もその程度のお店かなあと思うと、行く気も
無くなったよ。
 で、いくつかの観光案内書を見て、美味しい魚、日本酒の居酒屋で
ポチが行ったことが無いところ、ということで、居酒屋・呑兵衛という
お店を見つけた。電話をしたら、ここはホントにお客への対応、会話を
心得ていて、気持ちよく食べられそうだったので、すぐ行くことにした。
 ホテルの前の通りを通るバス、13番のバスで行けるはずと思って
乗り込んだ。バスはクヒオ通りを走り、カパフル通りに入った。
そう、居酒屋・呑兵衛はこのカパフル通りにあるんだ。これで後は
降りるところだなと思って注意深く外を見ていると、急にバスが
他の通りへ曲がって入って行っちゃった。しまったと思い、すぐ
バスの降車ボタンを押し、次の駅で降りたよ。幸い、そう遠くは
無かったので、歩いてカパフル通りに戻った。で、14番のバスに乗れば
良さそうだとはわかったけど、歩いてもたいした距離じゃなかったので
夕暮れ、少し薄暗くなったカパフル通りを歩いた。カパフル通りは
グルメストリートと言われるだけあって、いろんなお店が並んでた。
元気寿司があったよ。お客さんがお店の外で沢山待ってた。
安いんだろうね、人気があったなあ。ホントにお店も元気そうだった。
それに、居酒屋も有った。でも、今日は呑兵衛・・・そこは素通り。
で、そう、5〜6分程度で呑兵衛に着いたよ。
 お店は、お座敷、囲炉裏端の席、それにカウンターの席があって
結構沢山のお客さんが入れるお店だった。囲炉裏端の席は、お客さん
がいて、食事を楽しんでた。ポチ達は、カウンターの方へ行った。
で、あ、電話の方ですねって言われて、席を用意してくれた。
 お店の人はみんな日本人だね。あ、料理人は、奥の部屋だから
わからないけど。おかみさんと、3人位の女性が、お客さんへの
サービスを担当していた。女性の一人は、若く、真っ黒だった。
きっと昼間はサーファーなんだろうね。
 まずは、生ビールをぐいっと飲んだ。美味しかったなあ。
はまちの刺身、厚くて大きい刺身、美味しかったよ。それに、ヒラメ
の薄造りも美味しかった。そうそう、日本酒、おかみさんに聞いたら
ハワイの地酒、あ、今は米国本国で作られてるようだけど、もともとは
ホノルルで作られていた日本酒、宝正宗というのがあるということ
だったので、それを飲むことに。うん、これは美味しい。結構辛口。
アメリカの地酒、白山、桃川など飲んだことあるけど、これが一番
辛口で、日本の地酒に近い味だった。このお酒、日本人の二瓶さん
という方がホノルルで作ったお酒だと、おかみさんが教えてくれた。
後で調べると、うん、宝正宗、歴史があるお酒なんだねえ。リンク先に
詳しい話が書いてあるよ。あ、このお酒はハウス酒で、1合くらいが
4.25ドルと安かった。日本からの地酒の半額程度で飲めたよ。
 それから、おかみさんに、何かオススメの料理はと聞いたら、
モイ(MOI)というお魚がある、これは昔は王子様しか食べられなかった
お魚です、ということだったので、あ、これはポチが食べないと誰が
食べるんだと思って、注文したよ。ん?ポチは王子様じゃなく、
おじい様?誰だ、そんなことを考えてるのは!
 あ、モイの話だった。で、調理方法は、から揚げにしてもらった。
美味しかったよ。結構大きかったけど、パクパク食べて・・・よく
揚がってたので、ホントに残したものが少なかった。綺麗に食べ
ましたねえって感心されちゃった。
 その他、マウイオニオンが甘くて美味しい、ということだったので
オニオンスライスを食べた。もう一つ、親父じまんのイカの一夜干し
というのを食べた。あ、それに奥の松という福島の地酒も飲んだよ。
1合が9ドルだった。それに、浮気丼を食べた。うに・いくら丼をなぜか
浮気丼と呼んでた。美味しかったよ、これも。それに最後に、ぜんざい
まで食べた。いやあ、ホントにお腹一杯になった。
 
 居酒屋・呑兵衛  
 
 で、帰るときに、もう酔っ払っていたので、おかみさんにお願いし
タクシーを呼んでもらった。あ、料金はチップ込みで、134ドル、
まあまあの値段かな。ずいぶん飲んで食べたからね。
 タクシーでホテルへ戻ったら、バタンキュー!
 
続き(4月26日)へ