香港旅行記 12月21日(火)
   セントラル・ミッドレベル・エスカレータ、
   香港動物公園、ビクトリアピーク、それに
   100万ドルの夜景を楽しんだ
   今夜の居酒屋はTsim Sha Tsuiの大吉

 今朝の朝食も、ホテルからのプレゼントの果物の残り、洋ナシで済ませた。
いつも夜、沢山食べてるから、朝はそんなにお腹がすいてないんだ。
 で、部屋でゆっくりして、ホテルを出発。9時過ぎだったかな。今日は、
セントラル・ミッドレベル・エスカレータに乗って、香港動物公園の方を散策し、
ビクトリアピークへ行く予定なんだ。
 いつものように、MTRに乗ってセントラルへ。、セントラルの駅から歩いて
一番下のエスカレータの乗り場のところへ行った。ところが、エスカレータ
でみんな降りてきてた・・・上りは階段!あれ、どうなってるの?
 で、エスカレータの案内板をじっくり読んだら、10時までは下り、だって!
今は9時半、早すぎた・・・
  
 あれ、エスカレータは下りだ!
 
 さて、どうしようかと考えてると、マンモー寺院(Man Mo Temple)が
この方向にある、という標識を見つけたので、行ってみよう、ということに。
標識は多く立ってて、迷うことはなかったけど、この前のお手洗いじゃないけど、
ずいぶん歩いたよ。今回も途中で、お手洗いに行きたくなったけど、街中にも
公衆トイレはあった。あ、でも発見しても行こうかどうしようか、ちょっと躊躇。
だって、かなりの段数の階段の下の通りに標識があったので、下りるのはいいけど
上るのは大変だなあ、と思って・・・でも、覚悟を決めてトイレへ行ったよ。
トイレは綺麗に掃除されていた。
 しかし、それにしてもずいぶん歩いた。どうやってエスカレータのところに
戻るのか、不安になるくらいだった。で、やっと発見!
 
 マンモー寺院
  Man Mo Temple
 
 
 入り口から撮影
  室内には沢山のお線香、
  ぐるぐるの、渦巻き
  のようなものが、
  ぶら下がっていた
 
 さて、どの方向に行けばエスカレータのところに戻れるか考えてると
Ladder Street(梯子街?)と言う標識があり、階段が長く続いている通りが
あったので、まずは上ってみることに。
 
 Ladder Street  
 
 かなり急な坂で、結構大変だった。足が疲れた。でも、地元の人は
軽やかに上り下りをしていた。うーん、こういう街で生活していると、足腰も
鍛えられてるんだろうなあ。あ、香港は坂の街、毎日の生活の中で、ずいぶん
坂道を歩くだろうから、香港にはスリムな人が多いんだろうね。なるほど。
 ポチたちは階段を一つ上がって、もういいや、ということになり、
左手へ歩いて行った。しばらくは静かな住宅街で、学校もあった。ずーっと
歩いていくと商店街になり、ちょっと坂道を上がっていくと、エスカレータ
が見えた。よかった。
 でも、未だ下り・・・もう10時なのに、未だエスカレータは下りだった。
 
 エスカレータ沿いの通り
  未だ降りる人が一杯いた
 
 さて、どうしようかと、思ってたら、そばにスターバックスを発見、一服
しようということに。
 
 スターバックス
 
 ここで、暖かいコーヒーを飲んだ。値段は$14、1杯250円弱、日本と
あまり変わらなかった。
 スターバックスは結構混んでたよ。地元の人が新聞を読んでくつろいでたり、
朝食を取る勤務者らしき人もいたし、朝食を取っている欧米の観光客もいた。
いろんな人がいたなあ。
 そうそう、お買い物帰りなのか、荷物を沢山持っていたおじさん、おばさん、
のんびり新聞を読んでたけど、すくっと立ち上がり、店を出て行った。
どうしたんだろうと思うと、いつの間にか、エスカレータが上りになってた。
そう、このおじさん、おばさんは、くだりのエスカレータに乗って下りてきて
買い物をし、このスターバックスで、エスカレータが上りになるのを待って
たんだね。なるほど。そういう生活なんだ。
 もちろん、ポチたちも、スターバックスを出て、上に上がるエスカレータに
乗ったよ。下の方のエスカレータは未だ下りだった。でも、もう乗れないように
係員の方が立っていた。下りのエスカレータも、下りてる人がいなくなれば
上りに変えるんだろうね。
 
 やったあ!
  上りのエスカレータだ!
 
 セントラル・ミッドレベル・エスカレータ、途中から乗ったけど、
それでも一番上までは沢山のエスカレータを乗り継いだ。で、やっと
エスカレータの終点に到着。
 
 エスカレータの終点にある
  方向標識と
  近隣の地図
 
 
 ここから香港動物公園を目標に歩くんだけど、ポチは前回一人で歩いたので
地図を見る必要は無かった。ちゃんと覚えてた。
 エスカレータの終点にある通りを左手にずっと歩いて行った。
しばらくすると、その道が三つに別れ、左端に下に下りる歩道、中央に
下に下りていく車道、そして、右端に上に上る、人も車も通れる道。
前回は、一人旅の欧米人の観光客、地図を調べながら歩いていたので、
その人の後について行くことにしたら、下に下りる歩道を選んだ。
なかなか面白い歩道だった。で、今回はその経験を生かし、その道を
また行こうと思ってたんだけど、その分岐点の前で、地元の人、リュックを
背負った一人旅の青年に追い抜かれ、彼は右端の、上に上がる道を歩き始めた。
なぜか、彼もまた香港動物公園に向かっていると思い込み、あっ、違う道が
あるんだ、高いところを通る道、きっと見晴らしがいいんだろうな、
新たな発見があるかも、と彼の後をついていくことに・・・
 しばらく、上りの坂道が続き、山の頂上に。驚いたことに、その頂上にも
高層ビル、マンション等が建ってた。で、その高層ビルの前を通り過ぎ、
歩き続けると、今度は山を下る、かなり急な坂道に。この辺りで、青年を
見失った・・・
 急な坂道をどんどん降りていくと、歩道の無いようなところもあり、
どうも人が歩くことを想定していないような道だった。途中に病院もあった。
で、かなり歩いても、見覚えのあるところに出ない・・・結局、元に戻ることに。
急な坂道を下りてきたので、今度は急な坂を上らなきゃいけないことに。
奥さんの、白い目の視線を背に感じながら、その坂を上った。いやあ、疲れた。
そして、山の頂上の高層ビルの前に・・・ほっと一息、ここからは下り
だからね。
 
 山の頂上に会った高層ビル
 
 そして、先ほどの分岐点へ戻ってきた。いやあ、20分近くの遠回りだった。
で、分岐点の標識を見ると、確かに香港動物公園は下に下りる歩道の方を
示していた・・・がっくり。
 で、その歩道を歩いた。ここは車が通らないから、安心して歩ける。
そして、香港動物公園の入り口の近くに来たら、何だかさっき来たところに
近いような場所に出たので、ちょっと確認のため寄り道したら、さっき
戻る決心をしたところと、10mしか離れていなかった・・・なんだ、もう少し
そのまま進んでいたら、香港動物公園への道を発見できたんだ。またまた、
悔しい思いを。
 紆余曲折があったけど、何とか香港動物公園の入り口に到達。
 
 香港動物公園の入り口
 
 Ring-tailed Lemur
  尻尾に輪のような
  縞が入ってるから
  この名前?
 
 
 香港動物公園の噴水  
 
 奥の建物はお店だったかな?
  クリスマスの飾りつけが。
  道の両側にも綺麗な花
 
 公園内の綺麗な花   
 
 そうそう、食虫植物もあった  
 
 竹園もあった
  竹林の中にベンチが
  あるだけだけどね
 
 これで香港動物公園を出て、ビクトリアピークのピークトラムの駅へ
向かった。道路が複雑に交差していて、いつも迷うんだけど、無事、花園道
に出られた。そして、教会を通り過ぎて、ピークトラムの駅へ。お客さんは
そう多くなかったね。
 
 ピークトラムの車内
 
 ビクトリアピークからの眺め
  遠くはもやで
  かすんでるけど


 
 ピークトラムが上がってきた
 
 そうそう、ピークタワーは、学生の団体が来ていて、若い子が多かった。
 しかし、いつもなんだけど、ピークタワーの建物から外に出る出口が
わからない・・・今回も上に行ったり下に行ったり・・・あれ?結局、
何階から外に出たんだろう・・・?
 
 ピークタワー
 
 ピークタワーの近くを少し散策し、お腹がすいてきたので、下りて
昼食を取ることに。
 
 ピークトラムの
  山頂駅のホーム
 
 ピークトラムを下りたら、MTRのセントラル駅行きのバスが停まっていたので
それに乗り込んでセントラルまで行った。いや、セントラルのフェリー乗り場
まで行ってしまった。食事目的だから、にぎやかなところで降りれば
よかったんだけど。
 バスを降りて、街の方へ歩いて行った。夜にぎやかな、蘭桂坊(Lan Kwai Fong)
の方へ。
 途中に、銅像広場(Statue Square)を通ったけど、サンタ・タウンになっていた。
この時期、サンタクロースが銅像広場に移り住み、銅像広場がサンタ・タウンに
変身する、というキャッチフレーズで、カラフルな飾りがなされていて、
巨大なクリスマスツリーもあった。
 
 銅像広場  
 
 蘭桂坊の方に更に歩いていくと、人通りが非常に多くなり、道の両側に
レストランも増えてきた。この辺りは、事務所も多いのか、安いランチの
セットを用意しているところが多かった。お腹がすいていたので、一つ一つ
見ながら歩いたよ。
 で、Wellington Streetに入ったところで、こぎれいなおかゆのお店を
発見、ここに入った。黄枝記粥麺店と言うお店で、若者向けのお店だった。
お粥のお店って、古くって、ちょっと汚くて、歴史を感じるようなお店が
美味しいけど、ここは街中の若者を相手にした、こぎれいな、明るく清潔な
お店だった。味の方をちょっと心配したけど、いや、美味しかった!
ここでは魚片粥($26)と鮮蝦水餃子($36)を食べたよ。ラーメンも美味しそう
だったなあ。
 
 黄枝記粥麺店
 
 お腹が一杯になって、しかも結構疲れたので、一旦ホテルに戻ることに。
あ、裕華(Yue Hwa)という中国系のデパートがあったので、入ってみた。
裕華は、九龍半島のMTRのTsim Sha Tsui駅の近く、ネイザンロードに面して
大きなお店があるけど、ここはこじんまりとした構えだった。このお店で、
お土産の一部、しいたけと干しえびを買ったよ。
 それから、MTRのセントラル駅へ行って、MTRでホテルに戻った。
ホテルの部屋で一服、というか一眠りして、夕方、また活動開始・・・
 今夜は、九龍半島側から、香港島の100万ドルの夜景を楽しもうと、
また、九龍半島側のクリスマスイルミネーションを間近で見ようと思って
いたので、夕食も九龍半島側で、と。そこで、JALのガイドブックに載っている、
ハーバーのよく見える席のある居酒屋、Kamadoにしようと思い、予約の電話を
かけたけど、出ない。何度かけてもダメ。電話番号が変わったのかなとも思い、
ホテルのコンセルジェに聞いたけど、電話番号は変わっていなかった。
何度かけても出なかったので諦め、現地で適当に居酒屋を探すことに。
 まずは、MTRでTsim Sha Tsui駅へ。で、まず、奥さんの希望でペニンシュラ・
ショッピング・アーケードへ行った。でも、ここでは、いつもの薬局で
タイガーバームを買っただけだった。セーターなどのお店は結構早く閉める
みたいね、ペニンシュラホテルの地下のお店は。確か、18時ごろ閉めてたなあ。
 
 ペニンシュラホテルの
  入り口前の広場
  綺麗なクリスマスの飾り
  空中に星が多数浮かんでたよ
 
 ペニンシュラホテルの前を通り、インターコンチネンタルホテルをぐるっと周って、
海沿いの遊歩道(Avenue of Stars) へ出た。沢山の人が散策してたよ。
なかなか、いいムードの通りだね。100万ドルの夜景を楽しみながら歩いた。
 
 あー、ちょっと無理だねえ
  100万ドルの夜景が台無し
  でも、雰囲気だけでも
 
 
 その遊歩道を、ずーっと歩いていくと、ホテルから見えるクリスマス
イルミネーションがあるところへ行けた。多くの人がここまで来て
間近でイルミネーションを楽しんでたよ。
 
 遊歩道から、
  クリスマス
  イルミネーション
  の建物を
 
 一つ目のイルミネーション
 二つ目のイルミネーション
  
 三つ目のイルミネーション
 
 さあ、ここで夜景とイルミネーションは終わりにして、居酒屋へ。
海沿いの通りは風も強く寒かったので、内陸の方に入った通りを歩いて
Tsim Sha Tsui駅の方へ向かった。九広鉄道(KCR)のTsim Sha Tsui駅の
ところを通った。KCRは、ここまで来てたんだ。知らなかった。
 しばらく歩くと、居酒屋らしきお店を発見。大吉、というお店だった。
未だ8時前で、ハッピーアワーで、ビールの大生が、$38が$20だったので
それにつられて入ってしまった。
 でも、ホントに日本の居酒屋みたいで、お客さんもほとんど日本人だった。
九龍半島側の方が日本人は多いのかな?
 まずは、もちろん大生を飲んだ。それから、やはりハッピーアワーでお得な
日本酒の冷($20)を飲んだ。で、次に、辛丹波(300ml,$80)という日本酒が
あったので、それを2本飲んだよ。結構飲んだなあ。
 料理もずいぶん食べた・・・イカ姿焼き($60)、酢の物盛り合わせ(60)、
ハマグリ焼き($50、5ピース)、豚キムチ($60)、焼き餃子($45)、
焼きスルメ($30)、それに最後にとんこつラーメン($55)。よく食べた!
全体で、$647の夕食だった。
 
 大吉  
 
 いやあ、千鳥足で、Tsim Sha Tsui駅からMTRに乗って帰ったよ。
でも、香港の電車の中で、酔っ払いは見ないねえ。香港の人って
お酒、そんなに飲まないのかなあ。千鳥足なのはポチぐらいだった。
 で、ホテルに着いたら、即お休みに・・・
 
続き(12月22日)へ