ボストン出張記 2月11日(金)
   ニューイングランド水族館、
   チャールズタウンへの船旅、
   そしてプルデンシャルスカイウオークへ。
   最後の居酒屋はチャイナタウンの銀座!
 
 朝起きてみると、やっぱり外は雪化粧。今日は、仕事も無く、のんびり
できる日、最後のボストンを楽しむ予定。まあ、移動に支障があるほどの
大雪ではないからよかった。
   
 ホテルの窓から見た
  新雪のボストン
  シンフォニーホール
  の緑の屋根が真っ白!
 
 
 
 朝食はもちろんホテルのレストランで、あの甘い甘いメープルシロップ
たっぷりのパンケーキを食べた。実は、今日が最後の朝食になるんだ。
明日は早朝の出発で、ホテルの朝食、食べられないんだ・・・
 さて、とにかくボストンでの最後の一日、何をしようか・・・
とにかく、一度、船に乗りたかったので、まずはウオーターフロントに
行くことに。そして、水族館にも入ってみることにした。
 で、地下鉄のHaynes駅からAquarium駅まで行った。ところが、やっぱり
冷えてるのか、お手洗いに行きたくなって・・・で、仕方が無いから
いつもお世話になってるQuincy Marketの隣のNorth Marketのビルの
お手洗いに寄る事に。いや、Aquarium駅からQuincy Marketへは歩いても
そう、5分程度なんだ。
 
 いつもの時計のあるビル
  手前がSouth Market
 
 これがSouth Market
 
 これがNorth Market
  この建物の2階のお手洗い
  何度も使わせていただいた
 
 Quincy Marketは、このSouth MarketとNorth Marketの間に並んで
建っている建物なんだ。
 で、お手洗いを済ませ、ほっとしてウオーターフロントへ向かった。
 
 海辺の近くから、
  高層ビル街を
  例の時計のあるビルで
  位置関係がわかるよね?
  雪が積もってて、真っ白
 
 手前の建物の
  裏側の風景
  例の時計のビルの
  頭だけが見えてる
 
 あ、船が来た!
 
 ヨットハーバーかな
  遠くに橋が見える
 
 白銀の海岸辺りの散策を終え、水族館、ニューイングランド水族館に
入ることに。
 水族館の入場料は、$15だった。
 
 建物へ入る前に
  アザラシがいた
 
 建物に入るときに、チケットが確認されると同時に、手にスタンプを
押してくれた。このスタンプを見せれば再入場できるんだろうね。
 水族館の建物に入ると、まずは最上階まで上がって、降りながら
見ることに。
 
 最上階には大きな丸い水槽
  いろんな魚が泳いでた
 
 
 子供たちの団体が多かったよ
 
 水槽の側面もガラス張りで
  泳いでいる魚を観察できた
 
 ちっちゃい子が騒いでた
 
 そうそう、アメリカのお母さんはちゃんと教育してるね。
ポチが見ているところに、子供たちがわっと寄ってきて、ポチを押しのける
ようなことをやると、お母さんがその子供をちゃんとしかってた。
 
 1階の岩場にいた
  African Pengin
 
 
 その隣にいた
  Little Blue Pengin
 
 
 あ、いろんなくらげが
  地階の水槽にいたよ
  Jelly Fishって言うんだね
 
 これが、水族館の入り口
 
 さて、何とか船に乗りたいと思って、船着場をうろうろしていたら、
チャールズタウンへの渡し舟が30分に1本、運行されているようだったので
冷たい風の吹く中、船着場で待っていたよ。
 
 あ、来た来た
 
 で、この船から数人の客が降りてきた後、船員がいたので、
切符はどこで買うのか聞いたら、自分だって。いや、お金を払えば
いいだけだった。しかし、その料金が$1.5、安いねえ。まあ、この渡し舟、
通勤とか生活に使うから安く設定されているのか、あるいは軍の施設、
あるいは軍の施設で生活している人たちの足だから、安いのか・・・?
 
 船内
  乗ってるのポチ一人
  あ、出発する頃には
  5〜6人に増えたよ
 
 船着場を船が離れた・・・
 
 船着場を後にして・・・
 
 かなり離れたね
  あ、右手前の白い広場が
  水族館に入る前に散策した
  海岸・・・
 
 遠くに橋が見える
 
 駆逐艦の
  カシン・ヤングDD-793号
  を海側から見れた!
 
 で、チャールズタウンの
  港に到着・・・
  リゾートマンション?
  ボートが沢山あった
 
 ここで、もちろん乗ってる人はみんな降りた。でも、降りても真っ白の
雪の世界、どこに行くにも寒そうだし、ここには来た事があるので、
ポチは降りるのはやめた。で、船員に、また戻りたい、料金を払う、と
言ったら、いや、料金はいらない、このまま乗ってなさい、と・・・
なんか、ポチが間違った船に乗ったと思って、気を利かせてくれたのかなあ?
$1.5で、船の旅を楽しむことができたよ。
  
 さあ、チャールズタウン
  の港を出発・・・
 
 バンカーヒル記念塔が
  遠くに見えるよね
 
 あのリゾートマンション(?)
  大きいんだねえ
 
 そうそう、船の上で写真を撮るときはデッキに出たけど、いやあ、
寒かった。ものすごく手が冷たかった。かなり気温が低かったと思うよ。
その低気温のせいだと思うけど、充電しているはずのデジカメの充電池が
1〜2枚撮っただけど、電池が無いって、すぐ止まってしまった・・・
充電した電池5個ぐらい持ってたけど、みんなばたばただめになったよ。
まあ、何とか騙し騙し、撮ったけど・・・。
 さて、船から降りると、お昼になっていたので、Quincy Marketで
昼食を取りに行った。今日は、最初に入ったBoston and Maine Fish Co.で
今度はクラムチャウダーとロブスターサラダロールを買って、
建物の中央にあるテーブル席に行って食べたよ。その日もそう混んでは
いなかった。暖かいクラムチャウダー美味しかった。もちろん、
ロブスターのサンドもね。$14ぐらいだったと思うけど。
 食後に、まずはお手洗いに行った。そして、最終日、ボストンの街並みを
しっかり目に焼き付けておきたく、地下鉄に乗らず、ずっと歩いてホテルへ
戻ることに。しかも、通ったことの無い通りを歩いたよ。まあ、多少、
間違ったけど、もう慣れていて、不安になることは無かった。
 で、しばらく歩くと、ボストンコモンが見えたので、そこに出てみた。
 
 マサチュウセッツ州会議事堂
  が遠くに見えたよ
 
 
 ボストンコモンに接するボイルストンどおりに沿って、ホテルの方へ
歩いて行った。そうすると、何度も来たパブリックガーデン、トリニティ教会
のところへ。
 
 パブリックガーデン
 
 トリニティ教会
 
 あ、いい写真だ
  屋根が一部
  日陰になってるのがねえ
 
 パブリックガーデンを過ぎて更にボイルストン通りを歩いていくと
プルデンシャルセンターへの入り口があったので入ってみた。この52階に
プルデンシャルセンター・スカイウオークというのがあって、そこからの
眺めがいい、と聞いていたので、昇ってみたくて。
 センター内は、広く、沢山のお店が入っていたし、周りのいろんなビル
への連絡通路があったけど、ちゃんとSkywalkの表示があったので、
迷うことなく、そこへ昇るエレベータを見つけることができた。
 Skywalkの入場料は$9.5だった。ちょっと高い感じだね。
ポチが入ったときは、お客さんは2〜3人だったけど、すぐに若者の
団体が入ってきた。高校生かな。
 
 ジョン・ハンコック・タワー
  何だか透き通ってるって
  感じで、面白いね
 
 あ、トリニティ教会!
 
 チャールズ側、完全に凍結  
 
 あ、ポチが泊まってる
  Hiltonホテル!
  その先の通りが
  マサチューセッツ通り
 
 教会もシンフォニーホールも
 
 島が結構多いんだね  
 
 で、また
  ジョン・ハンコック・タワー
 
 トリニティ教会をズームで
 
 足元の通りが
  ボイルストン通り
  その横がニューベリー通り
 
 ボストンコモン
 
 目が回りそうな写真だけど
  足元の通りがボイルストン
  隣がニューベリー
 
 Skywalkから降りるとホテルへ戻っり、ボストン散策は終了。
 ホテルで一服した後、荷物の整理など、帰る準備をした。
 そして、夕方になったので、さてどこに行こうかと考えたけど、
あのチャイナタウンにある銀座、もう一度行ってみたくなって・・・
 地下鉄で、Hynes駅からBoylston駅まで行って、後は歩いた。
銀座までの道は、前に行ったときは迷いつつたどり着いたので
なんとなく自信がなかったので、地図を参考に少し遠回りになるけど
大きな通りから銀座に近づくことにした。そうすると、ホントに
わかりやすかった。すぐ見つけることができたよ。
 銀座では、例によって、和服の若い子が迎えてくれた。あ、ポチが来て
すぐ、日本人二人組みが入ってきて、ポチの隣の仕切りのあるボックス4人席
に座った。日本語で、いろいろ聞きながら注文してたので、先輩として
アドバイスしてやりたくなったけど、やめた・・・
 今日はビールをやめ、最初から冷酒にした。男山を1/2carafe(約1合、
$7.75)注文した。すると、冷酒がガラスの徳利に入れられ、その徳利は
氷の入った桶に入れられ出てきた。料理は、秋刀魚の塩焼き($5.25)、
さしみ($7.65)を注文、それに冷酒、今度は美少年を1/2carafe($7.75)を
注文した。で、最後に、ここにお鍋があったので、それを注文したら、
それは多すぎますよって教えてくれた。そこで、鍋焼きうどん($14.55)を
注文した。いや、この鍋焼きうどんも多かった!大きな海老のてんぷらが2個、
それに大きなハマグリも入ってた。ハクサイも多く入ってた。何しろ、
大きなどんぶりにいっぱい入ってた。
 満腹感とほろ酔い気分で、ふらふらと暗い通りを歩いて、Boylston駅まで
行って地下鉄に乗ったよ。
 ホテルに戻って、最後の荷物の点検をして、早々と寝たよ。
明日は、少々早く起きなきゃいけないからね。
 
続き(2月12日)へ