ヨハネスブルグ、フランクフルト出張記

 11月12日(日)ヨハネスブルグ
   ホテルにチェックイン後
     すぐに激しいスコールが
     ものすごい雷も・・・
     おかげでホテルに缶詰
   昼食はJALラウンジで調達した
     おにぎりとパン
   夕食はホテルのレストランで
     お肉中心の料理
     南ア産のラガービールに
     白ワインを楽しんだよ
 
 ヨハネスブルグ空港に着いたのは朝7時ごろ。すぐに入国手続き、荷物を取って
空港ビルへの出口へ行くと、沢山の出迎えの人が・・・あ、ポチの名前の書いて
ある札を持った女性を見つけた!よかったあ。
 そう、日本を発つ前に、シャトルの会社に、空港からホテルまでの送迎を
予約しておいたんだ。着いたら探さないといけないなあと思ってたら、入国と同時に
見つかってよかった。
 
 ヨハネスブルグ空港 DSCF6575.jpg
  
 その女性にまず両替をしたいんだというと、両替の窓口へ連れていってくれた。
そして、彼女は未だ他に2人、迎えなきゃいけない、ということで、先ほどのところへ
戻り、ポチは両替の後、そこへ戻ってくるように言われた。
 両替の後、Information Centerがあったので、いろんなパンフレットを取ってると
英語の地図がいるかって聞かれたので、Yesと応えると、カウンターの中にあった
地図をくれたよ。そして、先ほどのところへ戻った。
 しばらくすると、全員そろったようで、シャトルのところへ連れて行ってくれた。
残る2人の客は欧米人1人とアジア人1人だった。出迎えてくれた女性が運転手
だったよ。ポチは、助手席に乗ることになった。あ、ポチと残る2人のホテルは
異なってて、ポチのホテルに先に寄る、ということだった。シャトルで40分くらい
だったかな。道路は整備されてたね。
 この女性の運転手が、南アフリカのこと、いろいろ話をしてくれたよ。
それにしても外国の人っておしゃべりな人が多いねえ。2人の同乗者もホントに
おしゃべり。3人でずーっとしゃべってた。女性の話から、ここ、ヨハネスブルグが
1000m以上の高地だということ、南アは金の輸出で有名だったけど、最近は
プラチナの方が多いこと、2010年にワールドカップが開催されるため、地下鉄
の建設が予定されてることなどがわかったよ。
 ポチが泊まるのは、Protea Hotel Samrand。このホテルの宿泊予約確認の
メールがGlenburn Lodgeから届いたのは、出発の朝だった。あ、Glenburn Lodge
に宿泊予定だったけど、満室のため、Glenburn Lodgeがかわりに確保してくれた
ホテルだったんだ、Protea Hotel Samrandは。
 ポチのホテルに着いたのは朝9時ごろ。チェックインはできないだろうから、
荷物を預けて、どこかで時間を潰さなきゃいけないのかなあ、一人でふらふらは
危ないって聞いてるから、ツアーにでも参加しなきゃダメかなあ、と思ってたら
すぐ部屋に入れたよ。よかったあ。
 
 Protea Hotel Samrand
  アメリカの郊外の
  安いモーテル見たいな感じ
DSCF6577.jpg
 ホテルの周りは
  厳重に警備?
  守られてるのか
  幽閉されてるのか・・・
DSCF6578.jpg
 Protea Hotel Samrandの
  フロント、レストランがある
  管理棟
DSCF6579.jpg
 ホテルの敷地内の
  花壇の花
DSCF6580.jpg DSCF6581.jpg
 ホテルの2階の通路
  ポチの部屋は2階だった
DSCF6582.jpg
 
 で、まずは部屋で一休みしていると、凄い雨が降ってきた。そのうち、雷も・・・
凄いスコールで雷も凄く、わけのわからない土地に来てすぐだったから、怖かった。
洪水になったり、雷が落ちたとき、どうなるんだろうとか、どうやって逃げれば
いいんだろうかとか・・・
 この雨で、ツアーに参加するとかの気持ちは無くなって、部屋でゆっくりすることに
したよ。お昼ごはんには、JALラウンジで調達したおにぎりとパンが役にたった。
 で、パソコンでネット接続を試みた。LANも無線LANも無いので、電話回線で
AOL経由のインターネット接続だった。ただ、メールの送信ができなかった。
受信は問題無いのに、どうしてって、何度もやるけど、サーバが見つからないって。
受信サーバと送信サーバは同じなのに・・・まあ、メール受信はできるし、ネット検索
もできるので、何とか最低のネット環境は確認できたよ。ただ、電話代がどれくらい
かかるかは不安だったけど。この日だけで、6時間ぐらい使ったから・・・
 
 雨が小降りになったよ
  ポチの部屋の入り口から
  高速道路の方を
DSCF6583.jpg
 ホテルの管理棟の辺り
  薄暗かったので
  明かりがついてるね
DSCF6584.jpg
 やっと雨があがり
  少し空が明るくなってきた
DSCF6585.jpg DSCF6586.jpg
 
 で、ちょっとホテルの外へ出てみた・・・
 
 ホテル敷地への入り口
  今は居ないけど
  係りの人がいつも
  椅子に座ってたよ
DSCF6587.jpg
 入り口のそばには
  花壇があった
  こんな花が咲いてたよ
DSCF6588.jpg
DSCF6589.jpg DSCF6590.jpg
 あ、公衆電話 DSCF6591.jpg
 もう一つの花壇には
  こんな花が咲いてた
DSCF6592.jpg
DSCF6593.jpg
DSCF6594.jpg DSCF6595.jpg
 ホテルの前は
  荒れ野原で、
  販売中の土地だったけど
  値段は書いてなかった
  安いんだろうね
  ここなら豪邸が
  建てられるかも
DSCF6596.jpg
 ホテルを囲む策は
  頑丈なものだったよ
  日本の形式的なもの
  とは違うねえ
DSCF6597.jpg
 
 結局、今日はほとんど、このホテルの部屋で過ごしたよ。
で、夕食は、このホテルの管理棟にあるレストランでとった。バイキング形式の
ディナーで、90RAND、1RAND約17円だから、安かった。でも、夕食では南アの料理、
他には無い料理って、無かったなあ。お肉が多いね。豚肉、牛肉、鶏肉のソテー
みたいなものがあったので、牛肉と豚肉を取り、サラダに玉子料理にパンを食べたよ。
あ、ビールを飲んだ。アフリカの地ビール、ラガービールを飲んだよ。それから、
次に白ワインを飲んだよ。南ア産の。美味しかった。ワインの方が安いんだね、
ビールより。
 いやあ、どこにも行かない一日だったけど、疲れた。早々と寝ました。
 
続き(11月13日)へ